11-人間失格-

March 22 [Mon], 2010, 15:21
太宰の作品。映画化されて時の本ですね。

私は中学生の頃に初めて読んだのですが、その頃はこういう文がダメで…。
なんかこう、淡々と救い様のない感じが受け入れられなかったんですよね。
ちゃんと筋のある(序、盛り上がり、エンドみたいな)ものしか読んでいなかったので、ちょっと苦手意識があったんです。 


まぁ読みおわって泣きたくなりますね。
感動とはちがう感情。

映画のほうで、「墜ちるほどに美しい」?みたいなフレーズが使われてましたけど、あれはあんまり合致しなかったなー。


言うなれば人の営みに置ける永遠のテーマだと思います。
自分もいつか…なんて読み手がみんな考えてしまう物語。

みなさん、読みましょう。
そして病んでみましょう。
それも経験だと知りました。


蔵本
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愁夏
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1992年7月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/shy-ka/index1_0.rdf