手話初心者がみるみる上達する効果の秘密

December 26 [Fri], 2014, 22:37


福祉施設や医療関係に勤めているとさまざまな患者さんと接するわけですが、その場その場で臨機応変に対応しなくてはならないと思います。



特に聴覚障害者(ろう者)の患者さんとのコミュニケーションはしっかりと言ってる意味を感じ取ってあげなくてはいけません。


付き添いの家族の方に話を聞けばいいやなんて思ってないですか?


やはり医療・福祉施設で働いている以上は自らも手話に対して理解を得なくてはなりませ。



ですが、手話を習得しようと思っても教室に通わなければいけませんが、働いていますので平日の教室通いは無理ですしお休みの日は体を休めたり自分の時間を有意義に過ごしたい。 またマスターするのにある程度は教室へ通わなければならないので学費もバカになりません。


プライベートな時間とお金を節約して効率よく手話を学べる学習法があります。


・NPO法人手話技能検定協会 副理事長

・日本社会事業大学非常勤講師

・国際手話通訳士

上記の経歴をお持ちのNHKの手話講座や本を執筆されてる谷千春先生が考案された手話講座です。そんな谷先生は手話歴が33年の大ベテランで教え方がわかりやすいと好評で、これまでに教えてきた生徒さんは10000人を超えます。



手話教室などのサークルも相手と対面しながらの勉強方法でいいと思いがちですが、身に付かないケースもあります。


一つ目はサークル内で手話が飛び交うわけですが、初心者にとってみて手話のスピードが速すぎるため、難しいと感じてしまいます。



もう一つに他の人々に遠慮してしまい、分からない事を聞けずに理解しないまま授業が進んでしまうことです。


これではせっかく習得しようと頑張った気持ちがもったいないです。



谷先生が考える手話が上達する人には共通点があることに気づて考案したのが、自宅で緊張せずリラックスした状態で楽しく継続する学習方法です。



月に数回のみの教室より毎日のコツコツしながらの方が習得が早いです。



谷先生の主な学習方法はDVDを見ながら学んでいくのですが、ただの映像ではなく初心者がいかに脱線せずに、手話を学んでいけるかといった部分に焦点を当てて作られています。



@最初に手話の単語を覚えていきます


Aその単語の語源、成り立ちを理解して知識をえます


B最後の応用編で学んだ単語を用いた文を実践形式で体に慣れさていきます。


この三つのステップで確実に体にインプットされて、知らぬ間に手話って楽しいと気づくはずです。



手話を身につけて職場でろう者と笑顔の手話コミュニケーションで明るい気持ちになっていただきたいですね。



手話初心者に嬉しい特典が五つありますので、確実な手話を学びたい方は下記の画像をクリックすればご覧頂けます。