【 更新情報 】

スポンサード リンク

キッチンの収納術 その3

前回のキッチンの収納術 その1
キッチンの収納術 その2 に引き続きキッチンの収納術についてお伝えします。


今回は、場所別に減らすことに焦点を当てて書きます。

キッチンの収納スペースは、
キャビネット、引き出し、吊り戸棚、ワゴンやラック、食器棚など分かれており、
収納スペースごとに片付けると良いでしょう!

引き出しや吊り戸棚など、手をつけやすい所から少しずつ処分していきましょう!
また、必要なモノだけを残すことですが重要で、場所別にどんなモノが不必要か?
下記に示します目安をご利用ください!

1.キッチンのワークトップ 
  古いタワシ、使っていないスパイス、使いかけのふりかけや調味料、三角コーナー等

2.引き出しの中 
  片方になった菜箸、いくつもある缶切り・栓抜き、プラスチックのスプーン等

3.シンク下とレンジ下、レンジ脇のキャビネット 
  使いにくい鍋、お菓子の型、切れ味の悪い包丁等

4.吊り戸棚
  古い水筒・弁当箱、大きなサイズの密閉容器等

5.収納ラックやワゴンなどを使っている場合
  レジ袋、期限切れの保存食品、ホットプレート、保温プレート等

6.食器棚
  欠けてしまった食器、使用頻度の低いお重や客用食器等

7.冷蔵庫の上、食器棚の上
  箱ごと残していた引き出物、使わないお盆等

キッチンの収納術 その2

キッチンの収納術 その1に引き続きまして、キッチンの収納術についてお伝えしていと思います。

前回、特に意識した所は、

・場所別に減らす
・モノ別に減らす

と書くました。
どちらもモノを減らすことです。

今回は、キッチンのモノを場所別に減らしていく方法についてお伝えして行きます。
時間のあるときに少しずつ片付けていきたい人は、場所別に進めていくのも良いですよ!

キッチンは、下のキャビネット、引き出し、吊り戸棚、ワゴンやラック、
食器棚など収納スペースごとに片付けます。

ここで、目標とするのは、スペースに占める物の量を
半分に減らすこと!思いきって処分しましょう!
これをためらうと、収納術が身につけられません!

モノを処分すると、目に見えてスペースに空きができていくので、
充実感が出ると思います!

それでも作業にとりかかってみると、
モノを処分するなんて勿体ないと思うもの。

そんな思いがよぎったら、
モノにスペースをとられることが勿体ない!と考えていきましょう!

収納スペースにゆとりが生まれたら、
収納や使い勝手の問題を解決しやすくなりますから!

キッチンの収納術 その1

収納術で、もっともスキルがいるのが、キッチンです。
なぜか?

1.収納するモノが多い。
2.収納しているモノの出し入れの回数が多い。

等々、理想通り収納術が発揮できない場所の代表です。

また、キッチンには、案外不要なモノがあるものです。
そんな要らないモノまでしまっておくので、収納するスペースに無駄が発生してしまいます。

まずは、
これまで後回しにしていた不用品の処分からはじめるのがべたでしょうね!


いつも使うからこそ、
キッチンは身軽な状態にしておきたい場所です。
特に意識した所は、

・場所別に減らす
・モノ別に減らす

ここ重要です!
どちらもモノを減らしていくことです。

押入れの収納術

押入れの収納術は、皆さんマスターされているでしょうか?
押入れの収納術は、基本的に以下のように考えられます。
まず、押入れを上段、下段を分けて考えます。

上段には、軽いもの、よく出し入れするもの、よく使うものを収納。
例えば、布団や洋服などの衣類、などを収納するのも良いですね。

下段には重いもの、年に一回使うかどうかの使用頻度の低い
滅多に出さないモノを収納。

下段の重いものにはキャスターをつけると出し入れだけでなく、
押入れの中のお掃除のときにもラクですよ!

まずが、押入れの収納術の基本的な考えですね。

さらに、良く使用する上段の押入れをどのように仕切って使うかも重要ですよね?

すのこを組み合わせて使う方法もあるようですが、
サイズ的になかなかうまくいきません。
可能なら小物もうまく収納できたら良いですよね!

メタルラックなら、自由に組み合わせが出来て便利です。

プラスチックの引き出しも良いですね。
無印良品やHomeセンターに色々なサイズの引き出しがありますし、
細かい物を仕切る収納とかあればスッキリします。
中身が見えるケースは、便利ですよね!

リビングの収納術はしっかりでも。。。

リビングの収納術は、しっかり身についているが、
自分の部屋だけが片付けられません!ってな人がたまにいますWWW
会社での収納術もばっちりで、整理整頓をきっちりしていたり。。。。
本来は片付けが好きなのですが、自分の部屋だけは歩く場所もありません。
近藤典子さんのような収納術があれば!ってそんな方に向けての心構えを考えたいと思います。
まず、いる・いらないではなく、
最近これを、使ったか・使っていないか、で分けます。
これ、結構大事な収納術の極意だったりします。
使っていないものはいつから使っていないのか。
普通のものなら今月使ったか、季節ものならこの1年で使ったものは残します。
それ以外のモノは、親の敵と思って捨てましょう。
そして、普段自分の部屋ですることの一部をリビングなどでしましょう。
本を読むとか、何かを書くとか。
他の人が使うところでならば、片付けなきゃという気が起こります。
これも、収納術のポイントです。
現に、リビングなどの共有部分は綺麗にしているのですから。
そして、最後に頻繁に友達を部屋に呼びましょう。
誰も見ていないと思うから片付けないのです。
適度な刺激を部屋にいる時に自分自身に与えること良いですよね!