勝手に決意表明。 

August 31 [Fri], 2007, 10:23

ただいま〜。
昨日まで、添乗で11名のお客様と共にカナダへ行ってきた。

前回の添乗のお客様アンケートでは
「添乗員に向いていない」、「今回の旅で、添乗員のみが不満」、
その他にも、これでもかというほど落ち込む内容が書かれており、
上司には怒られ、「次にこんな結果になったら、この仕事をやめたほうがいい。」
とまで言われる始末(苦笑)。

自分が改善すべき点は、アンケートを読んで振り返ってみると確かに沢山ある。
しかし。考えれば考えるほど、あの時あれ以上ベストが尽くせたかと思うと「?」が残り・・・
今回のカナダ添乗に行くのが、本当に本当に怖くって不安で憂鬱で泣きたくて・・・仕方がなかった。
毎日逃げだしたいと考えていました。


しかし、逃げ出さないで本当に良かった・・・。
今回の旅行で出会ったお客様と触れ合うことによって
心機一転しました。

やはり、添乗が私は大好きです。
向いてなかろうが、なんだろうが知ったこっちゃありません。
不器用でもいい。一生懸命に・・・
これからもひとつでも多くの笑顔をつくるべく、精進していこうと思います。




支えてくれた、同期の皆様、先輩、そして今回の旅行で
あたたかいお言葉と勇気を下さった11名の皆様に心からの感謝をこめて・・・。








ちょっと 

July 14 [Sat], 2007, 0:08
大学時代の友人と半年振りに会った。

私が知っている彼女達とはちょっと異なっていた。

彼女達から見たら、私もちょっと変わっていたんだろうな。

友人との間に感じるちょっとした「距離」。

寂しかったけれど、皆の頑張りを見ていると

「距離」が出来たのは、互いに成長したからかな(?)と感じてみたり(笑)。

久々にしんみりした気持ちになった夜でした。


ベトナム写真 

May 31 [Thu], 2007, 23:12



洗濯物を乾かしているのか?

それとも、雨で洗濯しようとしているのか・・・?


ある昼の、ベトナムの摩訶不思議な光景。







「             。」 

May 29 [Tue], 2007, 21:55




今でも好きだと思えるキモチ。

ありがとう、とこころから思える幸せ。

ふとした瞬間に感じる、あなたの面影。

そして、胸に突き刺さる、ちょっぴりの後悔―。


どれも大切な、素直な、私の気持ちたち。

ひとつ、ひとつ、うけとめてやろう。

少しずつ、受け入れていこう。














今はちょっと、ツライケレド・・・


逃げてしまえば、何もはじまらない。

ごちゃまぜ 

May 16 [Wed], 2007, 20:43
すべては離陸からはじまった――わけではなかった。









この一言からはじまる物語、『スパニッシュ・アパートメント』

フランス語では、“L’auberge espagnol”。

直訳すると“スペインの宿”という意味らしいが、

フランス語のスラングで“ごちゃまぜ”という意味も持つみたい。

<参考HP>
    http://www.foxjapan.com/movies/spanish/introduictionl.html


舞台は、スペイン・バルセロナ。

主人公のごくごく平凡なパリっ子が、ヨーロッパの交換留学制度「エラムス計画」を使ってスペインに留

学し、ヨーロッパ各国からやってきた6人の青年たちと部屋をシェアすることに―。






『スパニッシュ・アパートメント』は、カナダのルームメイトが一番のお気に入りといっていたが、

その理由が分かる気がする(笑)。

私たちが住んでいたのは大学内にある寮で、やはり6人でルームシェアをしていたから。

きっと、親近感を覚えたんだろうなぁ・・・


この物語に絶えず充満している、あの濃い空気が

私達の生活にも”確かに”存在していた。




他人と暮らすことって難しい。

日本人同士でも、ギクシャクすることはある。

ましてや、文化の違う6人が揃うとなると・・・(笑)。

本当に『スパニッシュ・アパートメント』みたいになっちゃうのよね。



なんだか、とっても懐かしい気分になりました。

少年の成長を綴った、非常にシンプルな内容だと思います。

物語の進むテンポも、中盤からどんどん早くなっていくので

つまらない思いをすることはないはず♪

留学仲間には、是非是非見ていただきたい!!!

海外大好きっ子の皆も是非、ご鑑賞あれ。



恋の門 

May 15 [Tue], 2007, 23:34



「恋の門」

やっと見ることができたこの映画。

先日、友人と鑑賞会を開きました☆

前々から、「とにかく、見ろっ!!」と、Kさんから言われていたので

どんな作品なのかとても気になっていたのですが・・・・


















ひたすら濃い!!!!















何なのでしょう?この世界は・・・。

オタクと芸術家の境

平凡と非凡の境

夢と現実の境

そして、友情と恋愛の境

この作品には多種多様なキワドイ「境」が存在する。



見る人が作品を選ぶのではなく、作品が見る人を選ぶといった感じで、

この雰囲気が苦手な人はとことん拒絶反応を示し、

大好きな人は、とことん虜になってしまうんだろうなぁ・・・。



ちなみに、私は非常に興味深く見せていただきました(笑)。


お友達と見ていただくと、互いの相性が分かるかもしれませんね〜。


この作品を「面白い!!」と思えた方、是非お友達になりませう♪


水にも滴るいい女。 

May 11 [Fri], 2007, 4:08


先日、添乗で訪れた大慶寺のボタンです。



一目惚れしてしまい、思わず撮った一枚。



ボタンという花は・・・なんか色っぽいですね。


この日はしとしとと雨が振っていたのですが

お天道様に照らされるときよりも

一段と艶やかで、ボタンの魅力が非常に引き立っていました。


水にも滴るいい女とは、まさにこの事。




I'm yours 

May 08 [Tue], 2007, 23:40
JASON MRAZ の『I'm yours』が
ずっと頭の中で流れている今日この頃。

題名の通り、とっ〜ても甘い曲なんだけれど(笑)
こころに響くんだななぁ・・・


So, i won't hesitate no more,

no more, it cannot wait i'm sure

there's no need to complicate our time is short

this is our fate, i'm yours ・・・


不器用にいこう。 

April 23 [Mon], 2007, 22:46
ふとした瞬間に、

胸がときめいたり

血の気が引いたり

無性に泣きたくなったり

大声で笑い出したくなったり

誰かに近くにいてほしくなったり

・・・。

人間って結構忙しいんだよね。


いつもいつも『感情』に振り回され

空回り。

ばかだなぁ・・・と自分で思うんだけれど

そんな不器用な自分が好きだったりする。


何故だろう?

なんだか、今日は胸騒ぎ。

きっと何かが私を待っている。

chiru chiru chiru 

April 18 [Wed], 2007, 23:21


さくらは日本人の「こころ」である。

本当に言い得て妙・・・。

何故か、桜を見ると胸が熱くなるんだよね(笑)。

不思議だぁ・・・。

この桜は、先日の添乗で行った長野県の「高遠桜」。

今が一番の見ごろ

あとはもう、散り行くのみ・・・。

ちょっと淋しいけれど、その姿もまたはかなげで美しい。

私にとって、さくらの薄桃色は、叶わなかった昔の思いを象徴する色。

ちょっとすっぱい青春の色(笑)。






P R
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像あお
» 勝手に決意表明。 (2009年07月27日)
アイコン画像さと
» ベトナム写真 (2007年06月10日)
アイコン画像ゆきこ
» ベトナム写真 (2007年06月06日)
アイコン画像きみ
» ベトナム写真 (2007年06月03日)
アイコン画像satomi
» ベトナム写真 (2007年06月02日)
アイコン画像さと
» 「             。」 (2007年06月02日)
アイコン画像あお
» 「             。」 (2007年06月01日)
アイコン画像あお
» ベトナム写真 (2007年06月01日)
アイコン画像ゆうか
» 「             。」 (2007年05月30日)
アイコン画像あお
» chiru chiru chiru (2007年05月16日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shushu444
読者になる
Yapme!一覧
読者になる