しかし、2014年通期の全世界シェアでは。サムスン電子の24%に

March 08 [Sun], 2015, 15:57
スマートフォンOSの市場シェアで、Appleの「iOS」が2015年1月までの過去3カ月間に中国都市部で25.4%を獲得し、前年同期の17.4%から増加した。調査会社のKantar Worldpanel ComTechが米国

時間3月4日に明らかにした。同社によると、新たな数字は、Appleの中国の都市部における市場シェアとして過去最大を記録したという。

 Kantar Worldpanel ComTech Asiaのストラテジックインサイト担当ディレクターのTamsin Timpson氏は声明で、「中国の都市部で1月までの3カ月間に最もよく売れたスマートフォンはAppleの

『iPhone 6』で、シェアは9.5%だった」と述べた。「Xiaomi(シャオミ)のスマートフォンは上位10位以内に複数ランクインしており、中でも最も売れた端末『RedMi Note』は、iPhone 6に続いて

2番目に人気が高く、シェアは8.9%だった。過去3カ月間で、Appleは引き続きXiaomiとの差を詰めている。Xiaomiは、中国の都市部においてトップブランドの地位を維持したが、その差はわずかに

2.2%ポイントとなっている」(Timpson氏)
手帳型 iphone5ケース
 モバイルプラットフォームでは、Googleの「Android」が72.8%のシェアを占め、依然として中国市場のトップを占めたが、前年同期の80.8%から減少した。Androidは、米国や欧州でも同じ時期

にシェアを減らしており、一方、Appleの「iOS」はシェアをいくらか伸ばした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。エム?フロンティアは、3月3日、エレクトロニクスブランド「amadana(アマダナ)」のカジュアル

ライン「SAL by amadana(サル バイ アマダナ)」と公式にコラボレーションしたiPhone 6用ケース「SAL by amadana PU LEATHER CASE for iPhone6」を、スマートフォンアクセサリー専門店

「UNiCASE(ユニケース)」で数量限定で発売した。カラーは、ホワイト、ブルー、ピンク、ブラックの4色。価格は5400円。

【写真入りの記事】
最新シャネルiphone6 ケース
 ベーシックながら存在感のあるデザインを採用したiPhone 6用の手帳型ケース。PUレザーに、さりげなくブランドロゴを刻印している。「SAL by amadana」は、「世界中のみんなを笑顔に!

(Smile And Laugh)」がコンセプトのカジュアルライン。
坂本ラヂヲ、iPhone 6/iPhone 6 Plus用ケースに新色追加&クロコダイル革ケースを発売

画像:ITmedia

 坂本ラヂヲは、3月5日に「GRAMAS Meister」(グラマス?マイスター)ブランドと革小物ブランド「T?MBH」(タクヤ?エムビーエイチ)がコラボレーションしたiPhone 6/iPhone 6 Plus用ケース

に新色を追加。またiPhone 6用ケース「MI8044」シリーズも発売する。

【他の画像】

 今回新色が追加されたのは、アカエイの革を使ったiPhone 6用「MI8004」とiPhone 6 Plus用「MI8024」シリーズ、さらにワニ革を使ったiPhone 6用「MI8014」とiPhone 6 Plus用「MI8034」シリ

ーズ。

 MI8004とMI8024にはBlueとLime Greenの2色が、MI8014とMI8034にはAsh Grayが追加された。価格はそれぞれiPhone 6用が5万円、iPhone 6 Plus用が6万円となっている。

 また、新たに発売されるMI8044には、クロコダイルの中でも最高峰と言われる「ポロサスクロコ」の希少な後ろ足部分(クロコレッグ)を使用。加工の難しい部分を高い技術をもつ職人が一つ一

つ丁寧に仕上げている。カラーはAsh Gray、Burgundy、Gray、Redの4色で、価格は6万円。表示価格は全て税込み。

ハローキティのリボンモチーフが可愛いiPhone 6/6 Plus用ケースが発売
ディオール携帯ケース
SoftBank SELECTION Hello Kitty キルティングケース

 ソフトバンク コマース&サービスは3月6日、「SoftBank SELECTION」ブランドからiPhone 6/6 Plus用ケース「Hello Kitty キルティングケース」を発売する。SoftBank SELECTIONオンラインシ

ョップの販売価格はiPhone 6用が4200円(税込)、iPhone 6 Plus用が4440円(税込)。

 本製品はサンリオのキャラクター「ハローキティ」のトレードマークであるリボンモチーフを、キルティング生地にステッチで施したフリップケースだ。フリップの内側はマイクロファイバー製

。カードを入れても凹凸が気にならず、ハローキティとリボンをデザインした「フラットポケット」採用のカード収納ポケットが装備されている。カラーはそれぞれ3色を用意した。
シャネルiphone6 ケース
 取り扱いは一部店舗を除いたSoftBank SELECTION SPKが販売するトヨタ自動車「86」専用オリジナルパーツブランド「FT STYLE」は、トヨタ自動車「86」(ZN6)のピストン型エンブレムを模し

たアルミ削り出しの「スマートフォンフォルダー」を3月上旬に発売する。価格は1万8600円(税別)。

 既存のiPhone 4/iPhone 4S/iPhone 5/iPhone 5S/iPhone 5C用「iPhoneホルダー」のデザインを受け継ぎつつ、iPhone 6にも対応した製品。横幅の調整が可能で、対応可能幅は66mm〜70mm、厚みは

11mm以下となっている。
ここから本文です
アップルウオッチが苦戦する理由とは?

現代ビジネス 3月5日(木)6時2分配信
ルイヴィトンiphone6ケース
写真を拡大 写真を拡大
アップルウオッチが苦戦する理由とは?
〔PHOTO〕gettyimages

 アップルが来週9日(日本時間の10日)にアップルウオッチの詳細を発表すると見られている。これについて米国の主要2紙は比較的、辛口の事前予想を掲載している。

 ●"アップルウオッチとは? あいまいな位置づけが課題に" THE WALL STREET JOURNAL, 2015年2月17日

 ●"Apple's New Job: Selling a Smartwatch to an Uninterested Public" The New York Times, FEB. 27, 2015
健康関連の機能が外される見込み

 まずウォールストリート?ジャーナル(WSJ)の方は、「今回発売される(つまり初代の)アップルウオッチからは、当初主な用途と見られていた健康関連の諸機能(たとえば血圧やストレスの測定機能

など)がごっそり抜け落ちる」と予想し、「そうなると一体、何に使われるのか位置付けが曖昧になってくる」と見ている。
シャネルiphone6 ケース
 一方、ニューヨーク?タイムズ(NYT)の方は、これまでに米モトローラや韓国サムスンなど同業他社が発売したスマート?ウォッチの販売が振るわないこと、またグーグルが今年1月、一般消費者向

けのグーグルグラスから撤退したことなどを受けて、「こうしたウエアラブル?デバイスは、そもそも消費者がそれほど欲しがっているものではない。そこに敢えてアップルウオッチを売ろうとする

アップルは相当苦戦するだろう」との見方を示している。

 また、WSJと同じくNYTも「アップルウオッチから健康関連の諸機能が外される」とする関係者の見方を紹介している。このように両紙の予想が一致したことから見て、残念ながら実際にそうなる

公算が高い。WSJによれば、アップルがこうした機能を諦めざるを得なかったのは、ウエアラブル?デバイスならではの理由によるという。

 たとえばアップルウオッチのリスト?バンドをユーザーがどれだけ強く手首に締めるか、アップルのようなメーカー側には事前に予想できない。が、この締め方の強さによって血圧やストレスの測

定値は異なってくるので、これらを正確に測定することは不可能になる。いずれ何か上手いやり方が見つかるかもしれないが、少なくとも今回発売される初代アップルウオッチからは、こうした機

能を外さざるを得なかったというわけだ(ただし健康関連でも「脈拍」や「歩数計」のように簡単に測定できるものは、それらの測定機能が当然実装されると見られる)。

iPhoneが世界販売シェアでサムスンから首位奪回―15年の敵は他の中国勢か

iPhoneが世界販売シェアでサムスンから首位奪回―15年の敵は他の中国勢か(写真=Thinkstock/Getty Images)
ルイヴィトンiPhone6ケース
 3月3日、米USA Today紙は米アップル が14年第4四半期のスマートフォン世界販売でサムスン電子 <005930.KS> を抜いて首位に躍り出たと報じた。アップルがサムスン電子から首位を奪

還したのは2011年の第4四半期以来3年ぶり。同紙の報道によれば、状況は次の通りだ。

 今回の首位奪還の立役者となったのは昨年発売された新機種iPhone 6と6 Plusで、同四半期に過去最大の7480万台(前年同期比49%増)を世界で発売した。結果、アップルのシェアを20.4%に引上

げ、19.9%のサムスン電子を抜いたというものだ。従来、アップルは持ちやすさを優先して大画面の機種に力を入れてこなかったが、今回の2機種で市場トレンドにあった大画面化を図り主に米国と

中国でシェアを伸ばした。

 しかし、2014年通期の全世界シェアでは。サムスン電子の24%に対しアップルは15%であることからアップル首脳陣は現状に満足していない模様だ。だが、目先のライバルだけを見ていると足をす

くわれかねない。

 英調査会社ガートナーによると14年第四四半期の全世界スマートフォン販売数は3億6750万台(前年比29.9%増)だが、この市場規模の伸びはトップ争いをしている2社以外からのものだ。低価格と

商品ラインで成長を続ける中国勢(特にXiaomi, Lenovo)の成長が鈍化せず、13年同時期のアップル?サムスン以外のシェアは52.7%であったが、14年では59.7%と7ポイントも上昇している。
iPhone6ケース香水風
 14年通期の世界スマートフォン販売数は12億4000万台(前年比28.4%増)を記録し、15年度も14〜15億台規模の市場が あると予測される。アップルにとっては、低価格競争に巻き込まれそうなス

マートフォン販売だけでなく、販売開始間近のアップルウォッチや、噂が先行しているiCarでトータルな先進性。技術力、ブランド力でサムスン電子や中国勢を差別化した戦略が必要だ。 取扱店、

およびSoftBank SELECTION オンラインショップ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sweyt
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/shusehb/index1_0.rdf