チューリッヒ 車両保険

November 29 [Fri], 2013, 3:10

こういったケースではリスクが非常に高くなると判断されるため、保険会社の立場から考えれば保険の料金を高額にしていくという手段で身を守るしかありません。

続いて、二つ目の理由として考えられる事は、若年世代の自動車離れにあると考えられます。

老齢の運転者は増えつつありますが、それとは裏腹に比較的若い年代は自動車に対するプライオリティが低くなりつつあるのが現状です。

その裏側には何があるかと言うと公共交通機関の発達とお金に関わることなのです。

収入に不安のない職業に身を落ち着けることが叶わない若者が数多くいるということから、車を入手する経済力がない人も存在します。

また、経済的に豊かな時期の考え方であれば、自動車を保有している事が社会的地位の証明だと考えられていましたが、近年ではそういったことがステータスなどとは言いづらくなってきたというのは皆さんも実感しているかもしれません。

こういった理由で、掛金が老年期よりもコスト的に割高な若者の保険申込者が少なくなっているのだと思われます。

そうした事が積み重なって自動車保険会社も保険料引き上げに踏み切らざるを得ないのだと考えられます。

チューリッヒ 車両保険



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:barabraman
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/shuru234/index1_0.rdf