2010年11月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:koba
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
きっかけ / 2010年11月30日(火)
今日はヨーロッパサッカーの大一番、レアルマドリー対バルセロナの試合が行われる。サッカー好きとしては、かなり興奮してしまう。残念なのは、試合が地上波では放送されないので試合を見ることが出来ないことだ。もしかしたら土日あたりに録画放送やるのかもしれないけど、結果を知った上で見ることになってしまうから面白みに欠けるので、やっぱりライブで見たい!!

といっても誰かに自分がサッカー好きかと問われればイエスと言えるわけでもないんじゃないかと思ってしまう。実際身近にあるJリーグにはほとんど興味がないし観戦に行こうともあまり思わない。好きな選手のプレーが見てみたいというのはあるが、サッカーを観戦することそのものに重きをおいているわけではなくその人が対象である。

だが、クラブ単位でだけど、ヨーロッパの一部のクラブの試合を見るのはすごく面白い。特にチャンピオンンズリーグでの強豪対決の試合はすごく興奮するし、決勝戦になると感動してしまう。

典型的な日本人なのか、ヨーロッパという名のブランドが自分の興味の対象なのかといえば、そういうところもあると思う。ヨーロッパ人というだけでかっこいいものという先入観は確かにある。また、それが流行だったのも大きく、ステータスとしての部分も大きかったと思う。だが、実際にプレイ経験はかじった程度しかなく、ほとんどJリーグの試合しか見たことがなかった自分としては、同じスポーツなのかと思ってしまうほど彼らの動きひとつひとつが衝撃的だった。
実際そんな感じで最初は興味を持つようになった。

だが、興味の対象は、試合の中だけでなく外にも向けるようになった。
一流の選手や監督はどんな哲学をもっているのか、生い立ちは、それをとりまく環境は、時代背景は…、という風にどんどん興味は膨らんでいた。試合そのものだけでなく、そのなかでうごめいている人達のことを知るほうが楽しくなっていった。

もちろん同じ日本人の選手もひとなりを知るきっかけが多いので、好きな選手もいます。感情移入しやすいという意味でそういった人達が出場する日本代表の試合も感動してしまう。

こう書いてみると、自分にとってはサッカーじゃなくても他のなんでもいいのかもしれない。自分に馴染みがあってはいりやすい方法としてたまたまサッカーだったんだと思います。だが、みんながみんな同じようになんでもないきっかけから他の大きなものに気がつけるのかといったらそうではないのでしょう。大事なのは、きっかけよりもその後に自分がどう感じていくか。それが一番大事なことだと思います。彼氏彼女を作るのに、よく出会いかたやきっかけを気にする人もいると思うし、自分も例に漏れることなくそう思ってしまうけれども、そんなことはぜんぜん重要じゃないんだなと振り返ってみて、そう思いました。



 
   
Posted at 03:31/ この記事のURL
コメント(0)
休み / 2010年11月24日(水)
今日は祝日ということで仕事は休み。といっても特に何かやるとか何処かに出かけるわけではなくそんな予定も立てる気もおきない。

たまたま友達が遊びに来てくれたというのもあってか一応何もない一日ではなかったが、頭が働かないし気分は憂鬱。
といってもそれは今日に限らず、ほぼ毎日そんな気分で過ごす。

いま自分から義務感をとったらいったいどうなってしまうのか。全てを放り投げてあきらめてしまって適当にやってたほうがいいとさえ思ってしまう。自分を保てているとは自分では思っているが、それでもかなり危ない位置にいると思う。

だが、辛いことや悲しいこと、苦しいことが日々あるなかで、それでも考えることを止めてしまったら、そこで自分の人生の終わりだと思う。人生に疲れてそこから逃げ出してしまうことも多々あるけども、それでももっと良い人生にしたいと思う気持ちだけは忘れないようにしよう。
 
   
Posted at 02:51/ この記事のURL
コメント(0)
時間!! / 2005年11月10日(木)
最近寒くなってきた。朝晩もすごく冷えるようになって、もう冬になるんだな〜と実感させられる。
なんだか去年の今頃を思い出すと、なんだかそのときから一年たったっとは思えないくらい時間の流れが速い。歳を重ねるごとに一日一日の長さが短くなっているんじゃないかと錯覚してしまう。
高校を卒業してからくらいかな、時間が早く感じるようになったのは。
25歳くらいを過ぎたら10年20年はあっという間と誰かが言ってたけど、多分それは、職場の雰囲気にも慣れ生活的にも精神的にも安定していき、一定の規則的な毎日を重ねるごとに新しい刺激や感動がなくなってゆき、時間があっという間に過ぎると感じるという事だと思う。
楽しい事はあっという間で、つまらない事だとすごく時間が長く感じるという感覚もあるが、日常生活での上で新しい刺激が少ないと、そのぶん時間は速く感じるのだと思う。多分。
ただ、どう時間を感じようが一日一日を充実させた、生きた時間を過ごせたらやっぱりそれが一番だな。
もっと努力せねばいかんな。
 
   
Posted at 00:21/ この記事のURL
コメント(2)
今までの自分を考える / 2005年11月09日(水)
仕事を辞めてから早約3ヵ月が経つ。金意外に何も得られないと感じる仕事はしたくない、自分を見つめ直す時間が欲しいという理由で辞めたはいいが、未だに何も自分の意志にそった行動がとれていない。得られたものと言えば、自分のダメさを露呈する毎日と、無力さを感じることだけだ。

思えば今まで自分から何かを求め、それを最後まで成し遂げたことがなかった。全てが自発的ではなく、受け身で考えることがあたりまえのようになってしまっていて、本気で何かを成し遂げた喜びも知らなければ、楽しいこともつまらないこともどちらにせよ本気で楽しくもなければ本気でつまらなくないわけでもない。
今まで僕にとっての優しさとは、相手の言動や行動に合わせて行動してあげることだった。だが、相手に合わせる優しさというものを履き違えて考えていた。
本心でなくても自分に嘘をつき、事を荒立てないような言動であったりその時その時の自分の状態で出来る事しかしない保身の行動でしかなかった。
本当の意味での優しさとは、自分の事を考える以上に相手の事を考え、相手にとって一番最前な方法に対して時には厳しい言葉だったとしても自分が行動することなのだと思う。
僕は人の事や自分の事をすごく考えていたつもりでいたが、それは人の事を全く知ろうとしないとても自己中心的で人として最低な奴だった。今までの自分の行動や言動を恥ずかしく思う。そして全ての人に申し訳ないと思う。

今まで自分の生き方に迷う時には何度も自分の過去を振り返って考えた。
だが今は、振り返ってみると悪かった事も辛かった事も良かった事も楽しかった事も全てがマイナスな事にしか考えられず、そこから前に進む為に何かを生み出す事が出来ずにいる。
過去と現在、そしてこれからの自分自身を否定してしまい、存在の意義すら分からなくなってしまっている。
 
 続きを読む…  
Posted at 01:37/ この記事のURL
コメント(0)
今日の夢 / 2004年12月03日(金)
十二月に入って少しずつ寒くなってきたみたいで、寒いのはあまり得意ではない俺にはさすがに少しこたえる。とはいっても、例年に比べたらかなり温かい方なのでまだマシかな。
今日は、すごく嫌というか変な夢を見たので朝から気分が重い。たった一時間程しか寝てないのに…。

どんな夢なのか書くと長くなるが、朝起きて電車に乗って仕事に行くという一見何の変哲もない一日の始まりが、仕事先の駅から出るとそこには今まで見たこともない驚愕な世界が俺を待っていた。
うまく表現するのは難しいが、いつもと同じような町並みなのに、俺は富士山の六合目くらいの高さから街を見下ろしていた。そこからすごく下のほうに仕事先のビルが見えたのだが、あと十分でそこに着かなければ遅刻してしまうと焦っていた俺は、景色を疑問に思いながらも急いでそこへ向かった。一直線に下へ降りられる階段があったのでそれを使おうと思ったが、そこには手すりすらなく異常なほど急だった為、死を直感した俺はそこを使うのを断念。別の道を探すと、なんとか降りられそうな階段があったのでそれを使って降りる事にした。
時間を気にしながらも慎重に少しずつ下っていった俺に、またしても困難が襲い掛かる。
なんと途中で階段が途切れているのだ。
恐る恐る下を覗くと、一歩でも足を踏み外したら一直線で下へ転げ落ちてしまいそうだった。それでもめげずにまた降りていると、途中でマンホールのような小さな穴があった。そこの中を覗くと下へ降りられる階段があったので降りてみた。そこには、ディズニーランドのお化け屋敷?みたいな部屋があって、向いにはしゃがんで入れる程の大きさの小さなドアがひとつだけ付いているのが見えた。
 
 続きを読む…  
Posted at 23:32/ この記事のURL
コメント(1)
P R
最新コメント
アイコン画像shunsuke
時間!! (2005年11月12日)
アイコン画像船橋のタカシマ
時間!! (2005年11月12日)
アイコン画像Tomonari
今日の夢 (2004年12月04日)
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.