クロマグロの完全養殖 

September 04 [Wed], 2013, 8:32
昨晩、TV東京のガイアの夜明けで、クロマグロの完全養殖の話をやっていた。
いわゆる近大マグロだ。

クロマグロは、乱獲によって、絶滅が危惧されている。
蓄養という養殖は盛んだが、蓄養はマグロの稚魚を漁獲してから育てる。うなぎの養殖と同様だ。
結果として、稚魚の乱獲につながっている。

完全養殖なら、卵の採取から成魚に育てるまでのサイクルが完成するので、天然のマグロを漁獲する必要がない。

採卵してから成魚にいたる歩留まりが悪いという。
この歩留まりを上げることができれば、いまよりももっと安価に、養殖マグロを販売することができるだろう。
さらに、飼料の開発も進んでいた。人工飼料で飼育できれば、餌代もかからなくなる。

養殖マグロは、天然のマグロと違い、全身中トロと言われるほど、脂のノリが良い。トロを好む現代人の味覚にも合っている。
そのうちに、メバチマグロな安価で、近大マグロの中トロを食べることができるようになるかもしれない。
今後がますます楽しみだ。