最短で100切り アイアンのトップを防ぐ為には?

December 11 [Fri], 2015, 22:53





それでは、今回は最初の頃
誰もがやってしまう アイアンショットの
トップについてお話します。

難なショットならまだしも、
何でもないフェアウェイからのアイアンショットで
トップを出してしまったこと、
誰でも一度はあると思います。

平らでとても打ちやすい位置からなのに
なぜトップしてしまうのか?

今回は大きなミスとなりやすい、
アイアンショットでのトップについて、
その原因と対策を解説します。


トップとはボールの上の部分を打ってしまい、
その場でボールが跳ねてしまうか、
ゴロが出てしまうことです。

これは簡単にいえば、
アドレスで構えた時からインパクトするまでの間の
どこかでボールとの距離が離れてしまっていることから起きる現象です。

アイアンでトップが起きる原因のひとつが
「目標を意識するあまりヘッドアップしてしまうから」です。

ドライバーショットと違い、
アイアンでのショットはピンへ近づけることが目的のため、
インパクト後すぐにボールの行先やピンを見てしまいがちです。

それがまさにヘッドアップの原因です。


本来、普通にスイングしていたらフィニッシュに向かって
自然と顔が上がって飛球線方向に向くわけですから、
あえて自分から見ることはありません。


もちろんボールがどこへ飛んだか気になってしまいますが、
そこはあえて我慢しましょう。



「ちょっと早くボールの行き先を見たところで結果は変わらない」
くらいの気持ちで、とにかく正しくスイングすることに
集中することが大切です。





P R
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ