移転 

August 27 [Sun], 2006, 17:38
当ブログは移転致しました。

↓↓移転先はこちらです↓↓

「まるごと◎性同一性障害」

こちらのブログは以降更新されません。
新ブログを宜しくお願い申し上げます。

結婚 

August 26 [Sat], 2006, 21:47
国家試験後、雪乃と結婚式を行うことになりました。
約1年半後です。
先日の旅行先にて話し合い、決定しました。

事実婚としての証拠を残すこと、
生活にけじめをつけること等、理由は様々です。
結婚式後はどちらの部屋も引き払って、ファミリータイプの家に引越し、
正式に同居を開始する予定です。
(現在も同居中ですが契約上は別居となっています)

僕の家の両親は問題ないのですが、
雪乃の家の両親にお話をしなければならないので
まだ片付けなければならない問題はありますが、
とりあえず1年半後を予定して動くことになりました。

公正証書や養子縁組など、様々な法律を代用して夫婦関係に近づけることもできますが、
とりあえず僕らは事実婚という方法を取ることにしました。厳密には事実婚とは少々異なるのですが。

式中、ケーキ入刀など、あまりにこってりしたイベントは恥ずかしいので
軽く行える規模にしよう、というのがお互いに一致した意見です。
過去にホテルのスタッフをやっていた友人に相談したところ
「それじゃ時間の使い方が下手だ!」「1年半後に式を控えている人間とは思えん!」
などと散々叱られてしまいました。
色々と決めることが膨大なようです。


ご報告でした。
これからも宜しくお願い致します。

焼肉 

August 26 [Sat], 2006, 21:27
ネットの古い友人に焼肉をご馳走してもらいました。
5、6年も仕事をしていると、お金にも多少の余裕が出てくると。
いーなぁ、そんなこと言ってみたいよ。

レバ刺しや、ホルモンの一本焼き(腸を長めに残したホルモン)を見て
雪乃の目が興味深げに光っていたのが気になりましたが
(雪乃は消化器中心に実習を回っているので…)
それはそれとして、味は抜群に良かったです。

また行きたいなぁ。焼肉。





拍手をいただきました!
ありがとうございます。返信させていただきます。



「雪乃サンのご家族は瞬サンとの事ご存知なんですか? 」



「一時期一緒に住んでいた」と認識されているようです。
雪乃の病気が悪化していた時期に面倒を見ていた人、という感じです。

現在も一緒に住んでいることに関しては、
おそらく予想はすれど口には出さない…という感じみたいですね。
僕が性同一性障害であることもご存知なので、
付き合っていることに関しても何となく予想はされていることと思います。
ただ、娘が自分から話すことを待っているのか、聞きづらいのか、
ご両親の方からその話を出すことはありません。

雪乃が妹のバスケの試合を見に名古屋まで行った時も
僕が同行しても大して疑問に思っていなかったようですし、
名古屋でお母さんとご一緒しても特に問題は起こらなかったので
ある程度ご存知な上で雪乃の出方を待っている、という感じです。

雪乃は家庭内でご両親から信用があるので
多少不思議なことをしても問い詰められたりすることがないようです。

素敵なご両親ですよ。



そんなわけで、知っていると言えば知っているのですが、
知らないことになっております。

ディズニーシー 

August 25 [Fri], 2006, 14:32
ホテルで朝食を取り、ディズニーシーへ。
雪乃にとっては初のディズニーシーです。

前日のナイトクルージングがメインの旅行なのですが、
オプションのディズニーシーの方が楽しめたようです。
うーん。
いいですけどね、別に…。

開演の9時から21時30分くらいまでいました。
12時間以上遊んでたんですねー。
朝に一瞬雷雨の時間があったので客が少なかったのか、
ファストパスを使えば30分以上待つことはなく、アトラクションにもすいすい乗れて快適でした。

ほとんどのアトラクションに乗れて、ショーも堪能できたので、
比較的効率よく回れたように思います。

僕も雪乃も旅行先で写真を撮ったり土産を買ったりするタイプではないので
残るものはないのですが、思う存分遊びまわれたので良かったのではないかと思います。



今回、雪乃と将来のことを話しました。
そのうちこちらでもご報告致します。

都内での旅行 

August 24 [Thu], 2006, 14:16
今回、色々と真剣に話したいことがあったため、都内にて比較的豪華な旅行をして参りました。
都内在住で都内に宿泊というのもおかしな話だけれど、たまにはこういうのも悪くないですね。
交通費がかからない分、お小遣いにお金が使えます。

前日に雪乃が体調を崩したため、キャンセルも考えたのですが
「行きたい!行きたい行きたい!」とのことだったので行ってまいりました。



まず、天王洲アイルの「シェ松尾 天王洲倶楽部」というお店でフランス料理を食べました。
僕はフルコースに免疫がないため、テーブルマナーの知識は少ないです。
雪乃は比較的慣れているので、教わりながら食べました。

その後、宿泊予定の第一ホテル東京シーフォートにチェックイン。
高層階のダブルルームを予約しました。
眺めも良いしスタッフの対応も良くて満足です。

少し休んで、クリスタルヨットクラブに移動。
東京湾のナイトクルージングを楽しんで参りました。
レインボーブリッジがレインボーではなかったことに
雪乃はぶつぶつと文句を言っておりましたが。

ホテルに戻り、展望を堪能した後、その日は就寝。
雪乃の体力もある程度回復していたようで、良かったです。



ご機嫌は斜めでしたけどね。



薬の影響もあったらしいのですが。
楽しめたんでしょーかね、全く…。

危険! 

August 23 [Wed], 2006, 13:53
雪乃の呼吸が荒くなり、台所で倒れた。
病院に連れて行ったところ、過換気症候群であることが判明。
血液がアルカローシスを起こしていた。

治療のために注射を一本打った瞬間、みるみるうちに顔色が真っ白に。
唇の色も白くなり、目もトロンとしてきた。
話しかけても返答しない。

突然血圧が低下したのである。
診察室から別の部屋のベッドに運び、血圧を測定した。
70/40まで低下していた。

付き添っているこちらは気が気じゃない。
過去にも似たようなことがあったし、若い女性に稀に見られる現象なので
おそらくすぐに回復するであろうことは何となく予想はできるが、
それにしても目の前で急に血圧が下がって倒れられたらこちらまで頭が真っ白になってしまう。



元々の雪乃の病気が留学によって悪化し、結果、呼吸まで乱れるようになり、
その治療の中で血圧低下を起こす。
本当に、原疾患を何とかしてほしいものだ。
留学なんかしたら悪化するよ、悪化したら他人に迷惑がかかるんだよ、
と言っても聞かなかった雪乃。
今回ばかりは肝に銘じてほしいものである。

幸い、その日のうちに血圧は戻ったが、
肉体的な体力はなかなか回復しなかった。



あの体調管理能力の低さこそがもう病気だよ。全く。

憲法改正とパートナーシップ制度 

August 22 [Tue], 2006, 22:36
安倍氏が憲法改正をしたいぞー、と言い張ってくださっています。



同性での婚姻が認められない根本(口実?)に、憲法の問題があります。


憲法第24条
1 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、
夫婦が同等の権利を有することを基本として、
相互の協力により、維持されなければならない。


この「両性の合意のみに基づいて成立」がネックになっていると言われています。
つまり、ものすごく砕いて言うと、この部分が改正されれば
将来的に同性間の婚姻が日本でも認められる可能性が出てくるということです。

性同一性障害者は戸籍の変更ができれば異性との婚姻ができるようになりますが、
僕のように未治療であったり、手術を最後まで済ませる必要のないGIDの人には
同性愛者の方々と同じく「結婚できない」という問題が残っています。

僕にとって憲法改正は転機…なのですが。

僕は政治については無知に近いです。
そんなわけでただの推測でしかないのですが、

今からセクシャルマイノリティの団体が動いたところで
改正に間に合うとは到底思えないのですがいかがでしょうか。
またアメリカで同性婚が否定されたばかりのこの時期に
日本がわざわざこの問題に動きを見せるでしょうか。
大変疑問です。

何となく、現状は変わらないような気がしてなりません。
しかし憲法はそう簡単に変えられるものではないですから、
今回を逃したら日本はまた同性婚のチャンスを逃すことになり、
そしてそのチャンスはかなり先まで巡ってこないように思います。

前途多難ですねー。本当に。



憲法が改正されないと、パートナーシップ制度も作れない…ですよね。きっと。

あーぁ。




このあたりの問題に、特に政治や法律の分野でお詳しい方、いらっしゃいますか?
色々とご教示いただきたく思います。


教養のない僕に愛の手を…。

再び拍手っ 

August 22 [Tue], 2006, 17:20
またまた拍手をいただきました。
ありがとうございます!


「質問に答えてくださってありがとうございます。
 同棲素敵ですね><うらやましです。」



ありがとうございます!


同棲だけに、

喧嘩した時は どうせいっちゅーんじゃ!






東京?

冬ですよ。今は。

拍手ですどーもー 

August 22 [Tue], 2006, 0:31
拍手をいただきました!
ありがとうございます。

メッセージつきでしたのでご返信させていただきます。



「雪乃サンとは同棲してるんですか?」


初の質問拍手!
こういう使い方もあるんですね〜。拍手って便利だなぁ。
ありがとうございます!

雪乃「サン」が素敵です。
まるでsunです。太陽です。



あ、sonでした?



失礼しました。(日本人にしか通じないギャグですねー…きっと)

雪乃とは同棲しています。
一緒に住んでいるのは僕の部屋ですが、一応雪乃にも契約している部屋があります。
どちらも一緒に生活ができるように服等はどちらの部屋にも置いてあるため、
雪乃宅に帰ることもあれば僕の部屋に帰ることもありますね。
この間、雪乃宅のエアコンが壊れてしまったため、
夏の間はずっと僕の部屋で生活をしています。

そんなところでよろしーでしょーか?
また何か疑問等あればばしばしお送り下さい。

拍手ありがとうございました!

分泌 

August 21 [Mon], 2006, 17:48
雪乃は体液が豊富である。
分泌が盛ん、とでも言うのか。


特に睡眠時。
横を向いてしまうと、ものの数分でよだれの池ができる。
夜の睡眠時はそれほどでもないが、
昼寝の時はなぜかすぐに横を向いたりうつ伏せになったりするので、
我が家の布団には雪乃の作るよだれシミが耐えない。

たまに一人で新幹線に乗ったりすると、
降りる時には胸部から腹部にかけてよだれが垂れた跡があり、
実に恥ずかしい思いをするのだとか。



僕が布団にいないことをいいことに、
先程から布団の上の空間をめいっぱい使ってごろごろと熟睡しているものだから
よだれシミの位置も定位置ではなく、いたるところに池を作っている。

いいですけどね。別に。



よだれって人によって全然分泌量が違いますよね。
分泌が盛んな人は大変だと思います。
P R


TOTAL アクセスカウンター

↓ポチッとweb拍手っ!一言メッセージもぜひ♪
WEB拍手でいただいたメッセージは
ブログにて紹介させていただく場合がございます。
紹介不可の方はメッセージに
その旨の記載をお願い致します。

2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
サイト案内
管理人が一個人の生活を語ったブログです。
御大層な内容は
すっきりさっぱりはっきりご用意致しておりません。
セクシャルマイノリティの話、大学の話、
セクシャルマイノリティが集まってしまった演劇部の話、
オンラインゲームの話などがほとんどです。
と、言いながらも結局は
奥さんの話で終始している場合がほとんどですので。
あくまでも一個人の見解で語っていますので
性同一性障害一般を代弁するものではありません。
書いてる人。
HNは「瞬」。演劇上の名前も瞬。
○京○子○科○学に生息した性同一性障害。
未治療のTGです。現在埼玉医大に通院中。
趣味は演劇・ゲーム。勉強は…しません。
生い立ち等はこちら。まだ途中だけど。

よく書かれる被害者、奥様の名前は「雪乃」。
ぼんやりしてて面倒見の良い常識人。
家から一歩外に出ると恐ろしく淡白になる。切替が上手。
トラックバックポリシー
トラックバックをご検討下さっているサイト運営者様、
事前にかならずこちらをお読みいただきますよう
お願い申し上げます。
LINK
FTM WEBRING
[2つ前へ] [1つ前へ] [1つ次へ] [2つ次へ] [LIST] [登録]

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shun_miyamoto
読者になる
Yapme!一覧
読者になる