別軸次世代設定

February 11 [Tue], 2014, 1:39


【レイエ子】
*イェーナ/10歳/♀
トキワジムジムリーダーのレッドとイエローの娘。いつも一生懸命な素直で明るい少女。金髪で黄色い目をしている。
人を疑うことを知らないお人よし。頑張り屋だが頑張りすぎて少々空回り気味。天然でのほほんとしている。
10年に一度生まれるというトキワのもりの能力者で、ポケモンと意思疎通ができたり、怪我を治せたりする。
普段ぼけっとしているため勘違いされやすいが、ポケモンバトルの腕はなかなかのもの。
弟であるアランが大好きなのだが好かれていないことを気にしている。しかし自分に非があるため強く出れない。
アランと同い年であるが双子でも年子でもなくきちんと年の差がある姉である。一人称は「私」。

*アラン/10歳/♂
黒髪に赤色の目をしたレッドとイエローの息子でイェーナの弟。自他ともに厳しい努力家な少年。
努力家であるためいわゆる「天才」と呼ばれるものが大嫌いであり、大人であろうとなかろうとつっかかっていく。
短気で口が悪く、生意気ですぐ人の癇に障るようなことばかり言う。
しかし正義感は強く、弱いものいじめなどは絶対に許さない。イェーナとは正反対な性格だがどちらもお人よし。
ポケモンバトルが大好きであるがその実力は今のところ発展途上であり未知数。
色恋沙汰には鈍感であり、またそういった話題も苦手としている。重度の照れ屋。一人称は「俺」。


【グリブル子】
*ロン/12歳/♂
グリーンとブルーの息子。黄緑がかった茶色の髪に緑色の目をしている。父親譲りの冷静な性格。
なんでも完璧にこなすいわゆる天才であり、アランの天敵でライバル。
知性的であり、理論上あり得ないことは認めないリアリスト。ポケモン育成が得意分野。
天才と呼ばれ周りにちやほやされるが本人にとってはどうでもいいことでありさほど興味はない。が、無意識に天才という立場に依存気味。
観察眼に長けており、他人の変化などには誰よりも早く気付く。一人称は「おれ」。

*ストラ/10歳/♀
グリーンとブルーの娘でロンの妹。濃い茶色の髪に青色の目をしている。母譲りのずる賢く気高い女の子。
姉御気質な性格から多くの人に慕われており、その人脈の広さから優れた情報収集力を持つ。
表舞台に立つよりは裏、つまりサポート役を買ってでる。いつでも的確なサポートをしてくれることから信頼性が強い。
人を騙したりするのが得意だが、本来は心優しい少女なためあまり好まない。
アランの幼馴染であり理解者的存在。彼から自分に向けられる想いに気づいてるが何も言わない。
軽度のブラコン。ロン大好きっ子。一人称は「あたし」。


【ゴークリ子】
*エコー/13歳/♂
ゴールドとクリスタルの一人息子。通称「ポケモン屋敷のお騒がせ坊主」。
重度の厨二病でありあまり日本語らしい日本語をしゃべってくれない。誰か翻訳機もってこい。
それを抜けば兄貴気質の頼れるポケモントレーナーであることから、近所の子供たちに大変慕われている。
悪戯好きでありよく近所の子供たちを連れ歩き、小さな悪戯を繰り返す。最年長な最年少。
子供だったりいい加減だったりする反面、決まり事や約束事は何があっても絶対守るという真面目な一面も。
両親譲りの強い正義感の持ち主で、曲がったことは誰であろうと許さない熱い男。アランとは波長が合うようで仲良し。一人称は「オレ」。


【シルミカ子】
*アラタ/8歳/♀
シルバーとアサギジムジムリーダー、ミカンの娘。薄い茶色い髪に銀色の瞳を持つ少女。
幼いながらもしっかりしており、一見表情変化が少ないがよく見てみると普通に笑ったり泣いたりする。感情表現豊か。
よくも悪くも正直者で、言いたいことはなんでもはっきり言ってしまう。正直者すぎて敵を創りやすい。
警戒心が強く、年不相応に冷血なところもあったり。しかし身内には大変優しく素直。家族大好き。
ストラを姉のように慕っており、それは周りが恋愛感情かと勘違いするほど猛烈。度々目の前に現れるロストの名を知っている唯一の人物。一人称は「わたし」。


【ワタル子】
*チドリ/11歳/♂
かつてカントーを脅かしたカントー四天王の将、ワタルの実の息子。鷲色の髪に同色の目。
何故かトキワの能力を狙っており、それにより何かとイェーナにつっかかる。父が関係あるらしいが詳細不明。
俺様気質で少々自己中であり、人を小馬鹿にするような言動が目立つ。自信家。
しかしその自信は自分の実力からくるものであり、さすがというべきか、バトルの腕はイェーナやロンといい勝負。
この性格のため人間関係を築くのはお世辞にも上手いとは言えないが、ポケモンに対しては普段の姿を疑うくらい優しい。
フスベ出身であるせいかドラゴンタイプの言いたいことは大体ならわかる。一人称は「俺様」。


【マツバ子】
*ツバキ/12歳/♀
エンジュジムジムリーダー、マツバの一人娘。薄い金の髪に紫色の目。霊感少女。
父と同じく千里先を見通す目、「千里眼」を持っており、時折父に代わって物探しの依頼を請け負う。
ホウオウに強い憧れを抱き、いつしか出会えたらと夢見ている。いつホウオウにあっても恥ずかしくないように毎日修行に励んでいる。
大人びていて穏やかな性格。メンバーのお姉さん的存在。しかし闘争心は強く、自分より強い相手を見ていると落ち着かないなどの少々子供っぽいところも。
中性的な口調で、一人称も「ぼく」であるためアランには最初男と間違われていた。


【その他】
*ロスト/10歳/♂
今巷を騒がせる怪盗少年。キザな性格で女性には優しく接する。男子はあしらう。
ある組織から逃げ出した裏切り者であり、重要書類などを奪って脱走したため、現在は組織と警察両方に追われる生活を送っている。
幼いころ組織に誘拐され、両親のことを曖昧に覚えているせいか中途半端に大人びている。
アラタを何かと気にかけ、彼女の前に度々現れては助言を残していく。
実はシルバーとミカンの息子でありアラタの兄なのだが、彼が誘拐されたときアラタは生まれていなかったためわからなかった。
しかし両親の雰囲気は覚えているためアラタに妙な既視感を覚える。一人称は「僕」。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しゅん
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる