次女、初めての罪悪感

October 16 [Mon], 2017, 22:22
幼稚園にお迎えに行ったら、先生が
今日次女とお友達がトイレで遊んでいて、
見たらトイレにトイレットペーパーがつっこまれていて、
それが詰まって水があふれ、靴下が少し濡れた
という話をしてくれた

次女たちがペーパーを詰めたのか、
たまたまトイレに行ったらそうなっていたのかわからないけれど、
次女はそういうタイプではないので、たまたまそういう現場に出くわしたのかもしれない、
けれど何があったのかわからないので、もし次女が自分から話をしたらまた教えてくださいとのことだった(こういう時根ほり葉ほり聞くのはアカンことらしい)

先生とさよならしてからの次女は、なんか変
靴下が朝と変わっていたので、さらっとそのことを聞いてみると
「雨で濡れたのかもしれないし、トイレで水がじゃーってなったのかもしれないし、そしたら先生が手袋はめてなにかの道具を使ってなんたらかんたら、うんぬんかんぬん」
と聞いてもいないこと(先生がトイレの詰まりを直す様子)を延々しゃべり続ける
その中に、自分とお友達がトイレに紙を入れたという意味の一節を聞き取った為、
またしてもさらりと(なるべく責めるニュアンスにならないように)つっこんでみると、やはり自分たちが入れたような感じのことをかなりぼかして言う
「そんなら明日、先生に、次女が紙を入れちゃいました、ごめんなさいって言ってもいい?」と聞いたら、「うん」
よしわかった、じゃあ明日一緒に先生にごめんなさいって言おうね、と言ってこの話を終わると、なんだか様子が変だった次女が元に戻った

たぶん、お友達と何気なくしたことが、トイレの詰まりという大ごとになって動揺したのだろう、
親の欲目かもしれないけれどうちの娘ふたりは本当にそういうことをするタイプではないと思っていたのだけれど、
お友達と一緒にいて、なんだか気が大きくなったり、いつもしないようなことをしてみたりすることは大いにあること、それは自分もそうだった

トイレを詰まらせてから私に白状するまで、
たぶんかなりの『やっちまった感』に苛まれていたのだろう
今回は怒らないで、トイレに紙詰めたらえらいことになるのがわかったからもうしないということと、
明日先生に一緒に謝ることを約束した
たぶん次女が生まれて初めて感じた、大きな罪悪感を私も感じたのでひさしぶりの記事にしてみました

ところで先日結婚8周年を迎えました
とうとう交際期間より結婚してからの期間の方が長くなりました
あのころよりずっと短く感じるけど!

梅雨入り

June 07 [Wed], 2017, 9:53
長女、クラスの出席番号を暗記する(5月上旬の話)
次女、迫真の演技にて絵本や児童書を朗読する(字はまだ読めない)

なんというか二人の脳の使い方がずいぶん違って面白い

言葉が出るのがずいぶん遅かった長女は2歳になる前からひらがな、1から10までの数字、アルファベットが読めたし、
言葉は人並みか少し早かった次女はまもなく4歳の今でもまだ字が読めない、読むつもりもあまりない、
でも絵本のストーリーはとてもよく覚えていて、
寺村輝夫のわかったさんシリーズをよく朗読している。
それから別役実の『丘の上の人殺しの家』(スズキコージのサイン入り!!!)が、まだあまり読み聞かせたことはないのだけどなぜかとても気に入っていて、
人殺し3兄弟に『ミンキー ホラーミー』『ミンキー コラーミー』『ミンキー ストラーミー』という名前をつけてオリジナルストーリーを展開している。
何を言っているかはよくわからないけれど。
この命名はメッチャ素敵だと思う(おやばか)。

私はと言えば、次女が幼稚園に行くようになったので多少ひとりの時間ができたものの、
ひとりの間にやっておきたいことが多すぎて意外と忙しい。
それからご近所さんが時々編み物を注文してくれるので、
家にいるときは洗濯、掃除、編み物という感じ。
13時にお迎えに出なければならないので、あまりゆっくりできない。

小学校は昨日プール開きだったけど、天気が良くなく昨日も今日も中止。
と思ったら今日梅雨入り。

更新が1年ぶりになるまえに!

April 09 [Sun], 2017, 4:14
今夜は雨でものすごく暖かい。
私も子どもたちも薄着で寝たら、明け方体のあちこちがかゆくて目が覚める。
えっなに?じんましん?まさか暖かいと思ったら蚊?と思いながらかゆみ止めを塗りながら、
周囲の壁を見回したら、いた。
大きいのでまだ半信半疑で、しかし壁へ向かって大きく拍手をひとつしたら、血がほとばしった。
あいつが犯人だった。
そこら中かゆいけど、子どもたちが刺されていなくてよかったさ、、、ちきしょう。

さて娘たちはこの春幼稚園児と小学生になり、先日入園式と入学式に行ってきた。
どちらもとても評判のいい先生が担任になってくださり一安心しているところ。
はなは卒園前からえらく小学校を楽しみにしていたので、
評判の悪い先生の噂も聞いていたし、それを裏切ることになりませんようにと祈っていたのだけど、大丈夫のよう。
もうあと何年かで定年のおじいちゃん先生で、本人もクラスメイトたちもやや違和感があるらしいけれど、母はうれしい。よかった。

昨日は学級委員(親の)の選出があって、生まれて初めて立候補して、見事学級委員になった。
2020年の夫の繁忙期に役員が当たらないようになんとかしていきたいと思ってとりあえず立候補したのだけど、ドキドキ。
でも仲良しの人と一緒になれたし、いつかはやらないといけないし、1年生のうちにやれてありがたい、たぶん。

さて幼稚園に早く行きたいと2歳のときから言っていた次女は、3月あたりからなんだか情緒不安定に、
赤ちゃんのときから通っている子どもワークショップでも謎の原因で機嫌を損ねて大泣きしたり、
外食に行っても突然怒り出してテーブルを蹴っ飛ばしたりとここにきて入園ブルーがでてきているのかと心配していたのだけど、
金曜日の初登園(2時間だけ)は、楽しかったと言って帰ってきた。
毎日泣きながら行く子もいるわけで贅沢は言えないけど、機嫌よく行ってくれるに越したことはない。
長女も金曜日が初登校で、帰りは6年生の子にランドセルを持ってもらいながら帰ってきたらしい(家に着く頃には自分で持っていた)のだけど、
まぁなんというか、いろんな人に支えてもらって、できればそれを自覚しながら、だんだん慣れていってほしい。

やっぱり自分も同じようにいろんな大変な状況を通ってきたけど、
それこそいやな先生に当たって苦労した年もあったけど、
親の方が無駄に心配しちゃうわ!
とにかくまず元気に行って帰ってきてね!


ちいさなおおきな出来事

May 11 [Wed], 2016, 10:23
オイル交換に来た。た・い・く・つ!

イヤイヤ団に入団してそろそろ1年経つ雪が、
昨日と今日と、嫌!おかあちゃんなんかきらい!と言いながら言うことを聞いてくれた。
奇跡かもしれないと思った。
イヤイヤ団卒業が近づいたんだといいんだけれど。
そして人のおもちゃを横取り団も早く卒業してくれるといいのだけど。 


たまには夜更かしもいいもんです

May 11 [Wed], 2016, 1:43
スタジオジブリの映画は、というより宮崎駿さんの映画は大好きな方で、
特にトトロ、ラピュタ、魔女の宅急便そして古くは未来少年コナンあたりは何十回見たかわからないのだけど、
ラピュタのエンドロールに『寺田農』の名を見て、
へー寺田農出てんのねー誰の役だろ、と思ったまんま大人になってしまったある日(今日だけど)、たまたま見ていた深夜番組でムスカの役だと初めて知った!深夜に衝撃!
俳優としての寺田農さんは、ほとんど顔と名前を知っている程度なのだけど、
ムスカのあの冷徹さと最後の最高の情けない感じはさすがだなぁ、と人知れず思った深夜1時。
同じ番組でトトロとラピュタの歌を歌っている井上あずみさんも見られたし、
明日はきっと眠いけど後悔しないだろう、たぶん。

そういうわけで(?)先日、ずっとずっと、寺田農さんよりもずっと前から気になっていた未来少年コナンのオープニングに出てくる、『原作 アレクサンダー・ケイ「のこされた人々」』を読んだ。
なぜそんなに気になっていながら読まなかったのかと言えば、読む自信がなかったからでございます。
アマゾンのレビューだけは前に見たことがあって、未来少年コナンとは全然ちがう、暗い話である、といった投稿ばかりだったので、すぐに買ってみようとは思わなかったのだ。
しかし最近娘たちがコナンを見るようになって、やっぱりオープニングに出てくるアレクサンダー・ケイが気になったのと、
それにどんな本を見て、あのすばらしい未来少年コナンを思いついたのかということに興味があり、
いつも行く四日市の児童書専門店で少し立ち読みした後、ついに購入したのでした。
そしてゆっくりのんびり読み、何日か前にやっと読み終えたのでした。
ほんとうに全然ちがった。これ、原作って言わなければ作者にもわからなかったんじゃ・・・?くらいに。
私がゆっくりでも全部読めたから面白くないということもなかったと思うけれど、
登場人物の名前と、いくつかのキーワードが同じもしくは似ているくらいで、これを読んであれが出来るの・・・?!?!えー?!?!・・・みたいな。
ものすごく簡単に言えば、くらーい『エルマーのぼうけん』という印象を持った。

コナンが終わったので今度はなつかしいプロイスラーの『小さい魔女』である。
小学二年生の時に肺炎で1週間ほど入院したことがあるのだけど、その時に買ってもらった『大泥棒ホッツェンプロッツ』が大好きで、
二年生が読むには結構分厚い本なのだけど、シリーズ3冊全部読んでしまって以来、
他の本は読んでいないのだけど、プロイスラーと言えば私の中のとくべつな作家だ。
それで今度は『小さい魔女』か『クラバート』が読んでみたいと思っていたら、ブックオフに100円で売っていたので買ってきた。
カバーはついているもののボロボロの本。魔女らしくていいじゃんか!
子どもたちも読んでと言うので寝る前に音読したりしている。おもしろい児童書は大人が読んでもおもしろい。


そうそう子どもたちの近況もすこしだけお話しましょうか、
はなはオシャレに目覚めすぎてお気に入りの服しか着ない、髪が伸びないといって泣いたり怒ったりする、
しかし相変わらず基本的にはおっとりで、妹におもちゃを取られてガーンってなったり、それから幼稚園(年長さんになりました)ではおままごととかお部屋での遊びが好きだとの、本日家庭訪問にて先生からの報告。
朝、雪と園の周りを散歩をしているとブランコや縄跳びをしているのも見かけるのだけど。
でもいつも4、5人で遊んでいると聞き、意外ながらも嬉しい母。
千葉にいたときには人と関わることをしなかったもんね、、、、ごめんよ。でもよかった。

雪もやっぱり相変わらずで、姉のおもちゃを横取りしては私に怒られ、近頃の口癖は『〜(人物)なんかきらい』。
意味は読んだとおりの意味なのだけど、イントネーションが少し違っていて、『〜、なんか(なんだか、の意)きらい』のように聞こえる。
ファッションへのこだわりの強さははなと同じ。
朝が非常に面倒。



キキちゃんごっこ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:繍子
  • 性別:女性
  • 誕生日:1981年11月26日
  • 趣味:
    ・かぎ針編み-レース編みが中心。
読者になる
09年10月に結婚した主婦。好きなものはドリカムと奥田民生と編み物とチーズとグスタフ・クリムトと山奥。
最新コメント
繍子
» 雪、突然の卒乳 (2014年10月11日)
Mrs bluebird37
» 雪、突然の卒乳 (2014年09月23日)
繍子
»  (2014年07月28日)
青い鳥40
»  (2014年07月28日)
繍子
» 息抜き (2014年02月09日)
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31