俳諧の本質的概論

July 30 [Tue], 2013, 10:38


古い昔から日本民族に固有な、五と七との音数律による詩形の一系統がある。アシックス スニーカー
これが記紀の時代に現われて以来今日に至るまで短歌俳句はもちろん各種の歌謡民謡にまでも瀰漫(びまん)している。アシックス シューズ
この大きな体系の中に古今を通じて画然と一つの大きな線を引いているものが三十一字の短歌である。アシックス ランニングシューズ
その線の途中から枝分かれをして連歌が生じ、それからまた枝が出て俳諧(はいかい)連句(れんく)が生じた。アシックス オニツカタイガー
発句すなわち今の俳句はやはり連歌時代からこれらの枝の節々を飾る花実のごときものであった。後に俳諧から分岐した雑俳の枝頭には川柳が芽を吹いた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shuig730
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/shuig730/index1_0.rdf