ニチアス、佐藤常務に代表権…代表取締役を2人体制に / 2010年04月09日(金)
ニチアスは15日、佐藤照夫常務執行役員が専務執行役員となって代表権を取得すると発表した。

経営環境の変化に迅速に対応するため、6月29日開催予定の定時株主総会での取締役の改選を機に、代表取締役を現在の1人から2人体制とする。

佐藤氏は1969年に入社、鶴見工場長や福島ニチアスの社長などを経て2004年に執行役員、2007年に取締役、常務執行役員。63歳。

《レスポンス 編集部》

【3月16日1時48分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100316-00000000-rps-peo
 
   
Posted at 10:27/ この記事のURL
マイクロソフト、IE 6とIE 7の脆弱性修正パッチをテスト中 / 2010年04月09日(金)
 米国Microsoftは3月12日、同社のブラウザ「Internet Explorer(IE)」に含まれる緊急性の高い脆弱性に対応する修正パッチのテストを行っていると表明した。しかし、次回の月例パッチ配布までに提供できるかどうかという点については明言を避けている。

【関連画像を含む詳細記事】

 Microsoft Security Response Center(MSRC)のシニア・マネジャーであるジェリー・ブライアント(Jerry Bryant)氏は、MSRCの公式ブログにおいて、「この問題に対処するためのセキュリティ・アップデートを、臨時にリリースすべきだという見方があることは承知している。しかし、今言えるのは、テスト中のアップデートを完成させるため懸命に作業をしているということだけだ」と説明している。

 MicrosoftがIE 6とIE 7に存在する同脆弱性が悪用されたと警告を発したのは、3月9日のことだった。その翌日には、イスラエルのセキュリティ専門家モシュ・ベン・アブ(Moshe Ben Abu)氏が同脆弱性を突くエクスプロイト・コードを公開した。

 すでにアブ氏がこのエクスプロイト・コードを公開する前から、セキュリティ専門家の間では、攻撃コードが公開された場合、Microsoftが臨時にセキュリティ・アップデートを行うのではないかという見方が広がっていた。

 しかしブライアント氏は12日に行ったMSRCのブログへのエントリで、「緊急アップデートの可能性を排除するものではない」と述べるにとどまった。

 Microsoftは12日、同脆弱性の原因となっている「Iepeers.dll」ファイルのコンポーネントを無効にするための自動修正ツール「Fix it」をリリースした。同ツールは、Windows XPとWindows Server 2003が稼働するマシンに対応する。

(Gregg Keizer/Computerworld米国版)

【3月15日15時51分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000002-cwj-secu
 
   
Posted at 10:26/ この記事のURL
月例セキュリティ情報を公開、IEでリモートコード実行の新たな脆弱性情報も(マイクロソフト) / 2010年04月09日(金)
マイクロソフト株式会社は3月10日、2010年3月のセキュリティ情報を公開した。公開されたセキュリティ情報は「MS10-016:Windows ムービー メーカーの脆弱性により、リモートでコードが実行される(975561)」および「MS10-017:Microsoft Office Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される(980150)」の2点で、ともに最大深刻度は「重要」となっている。

同社ではまた、新たなアドバイザリ「Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される(981374)」を公開した。これはInternet Explorer 6および7で使用されるポインタ参照が無効であることが原因で、リモートからコードを実行されるというもの。すでにこの脆弱性を悪用する標的型攻撃を確認しているという。なお、「MS09-033:Virtual PC および Virtual Server の脆弱性により、特権が昇格する(969856)」の更新も行っている。更新内容は、影響を受けるソフトウェアにMicrosoft Virtual Server 2005を追加した。


【関連リンク】
マイクロソフト 技術情報 TechNet : 2010年3月のセキュリティ情報 3月12日11時11分配信 Scan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100312-00000003-vgb-secu
 
   
Posted at 10:22/ この記事のURL
流出ビデオ、本人が認めた?人気カーモデル・獣獣が「元カレの仕業」と告白―中国 / 2010年04月09日(金)
2010年3月13日、ベッドシーンを撮影した動画の流出疑惑にさらされている中国の人気モデルが自身のブログを更新し、問題の動画は自身の元恋人が流出させたものであることを認めた。つまり、動画の被写体が本人であることを認めたことになる。華商報の報道。

先月下旬、ネット上に流出して大騒動となった性愛ビデオ。その顔立ちから、「彼女が被写体ではないか?」と話題沸騰しているのが「中国トップのカーモデル」の“獣獣(ショウショウ)”こと瞿凌(チュイ・リン)だ。

【その他の写真】

瞿凌は1987年生まれの22歳。06年に中国トップのモデル事務所「絲綢之路模特公司」主催のコンテストで準々グランプリに選ばれデビューした。08年の北京モーターショー(北京車展)では、ネット上で「最も美しいカーモデル」として人気が爆発。今年に入ってからはバラエティー番組にも進出、一気に知名度を上げている。

問題の動画はTV局のカメラマンである彼女の元恋人が撮影したと伝えられていた。所属事務所は当初、騒動との関わりを一切否定していたが、その後、獣獣本人が先月25日付のブログでコメントを発表する。「動画を流出させた人物は重罪を犯している。法的追及がされると信じている」とコメントし、自身を「最大の被害者」としたものの、動画の女性について“自分ではない”と否定する文言が一切見られず、現地メディアではこれを“事実黙認”とみなしいていた。

今月13日に再び更新された獣獣のブログでは、一転して動画の主人公が自分自身であることを認めるような記述をしている。ブログ記事では「信用すべきではない男性を信用したことが事件の原因」「過去の過ちを後悔している。愛する人のすべてを信用し、すべてを捧げてしまったこと。男性というものは、元恋人に対してあんなにも憎むべきことができるものか」と、動画流出の犯人が自身の元恋人であり、自身にも過失があったことを認めた。

「お目汚しをしてしまい責任を感じています。申し訳ございませんでした」と、ファンにも謝罪の言葉を見せた。記事によると現在、広告のイメージキャラクターの契約も打ち切られるなど仕事にも大きな支障が出ており、「外界と接触するのが怖い」と心情を吐露している。(翻訳・編集/愛玉)

【3月16日0時9分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100316-00000000-rcdc-ent
 
   
Posted at 10:18/ この記事のURL
永山絢斗主演『ソフトボーイ』の主題歌が倉木麻衣の人気曲に決定! / 2010年04月09日(金)
永山絢斗&賀来賢人という人気若手イケメンコンビを迎えて贈る青春映画『ソフトボーイ』の主題歌が倉木麻衣の「chance for you」に決定した。

【関連写真】この記事のほかの写真


実話に基づいて作られた本作。高校最後の夏を迎え、自らの進路に思い悩むオニツカ(永山さん)と幼なじみのノグチ(賀来さん)は、県内に男子ソフトボール部を持つ学校が一校もないことをいいことに、創部、すなわち全国大会出場、イコール“ヒーロー&モテモテ”という不純かつ安易な動機で男子ソフトボール部の部員をかき集める。当初はキャッチボールすらまともに出来ない素人集団だったヘナチョコ男子たち。だが、徐々に本気でソフトボールに打ち込むようになっていき…。

今回、主題歌に決まった「chance for you」は倉木さんの「みんなと一緒に歌える曲が作りたい」という思いから制作され、2005年にリリースされた6thアルバム「FUSE OF LOVE」に収録されている。親しみやすいメロディと「最初の一歩 踏みだしてみよう」、「傷つくことを 恐れず今は 勇気を持って」など、シンプルで優しく包み込まれるような歌詞が聴く者の心を掴み、ファンの間でも高い支持を集めている楽曲。今回、映画での使用が決まったのち、倉木さんは映画の完成前の映像を鑑賞、その後、映画のイメージに合わせてより爽快感を増したサウンドとしてレコーディングされた。

倉木さんは、今回の主題歌決定に際し「『傷つくことを 恐れず今は 勇気をもって』このフレーズは、『chance for you』という曲で、一番伝えたかったメッセージです。大事なときに支えてくれる仲間がいることの大切さ、ちょっと無謀だと思ってもやると決めた以上は信じて突き進む勇気、かっこ悪いくらい一生懸命頑張ることのかっこよさを、この映画が改めて教えてくれました。たくさん泣いて、たくさん笑って、二度と戻らないこのときを悔いのないように生きるって素晴らしいことですよね。この映画と主題歌『chance for you』が、新しいことにチャレンジするみなさんの、背中をそっと押す存在になれたら嬉しいです」と曲に込めた思いを語ってくれた。

永山さんも「映画を初めて観たときに、エンドロールで倉木麻衣さんの曲『chance for you』を聴いて、この作品にぴったり合っているなと思い、とても感動しました。それに僕自身、この曲を聴いて元気をもらい、勇気づけられました。あとはこの作品がたくさんの人の心に届くことを祈ってます」とコメントを寄せている。

1999年に17歳でシングル「Love, Day After Tomorrow」でデビューし、昨年12月にデビュー10周年を迎えた倉木さんが、自身のデビュー当時と同年代の10代の若者たちに熱いエール!

『ソフトボーイ』は6月19日(土)より全国にて公開。


【関連作品情報】
ソフトボーイ
 2010年6月19日より全国にて公開
 

【関連ニュース記事】
来年の東映は『ゼブラーマン2』セクシー衣裳から『桜田門外ノ変』まで注目作ズラリ!
永山絢斗、金メダリストの剛速球に感動! 初主演作『ソフトボーイ』撮影現場公開 3月15日22時55分配信 cinemacafe.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000007-cine-movi
 
   
Posted at 10:16/ この記事のURL
ソフトバンク、ウィルコム支援好感も後場で値を消す / 2010年04月09日(金)
 ソフトバンク <9984> が小幅に反落し2円安の2278円で取引を終了した。本日はウィルコム支援決定が好感され、18円高の2298円で寄り付いた後堅調な値動きであったが、後場に入って値を消す展開となった。

 ソフトバンクのウィルコム支援決定に関しては、ポジティブな見方が多いようだ。クレディスイス証券では、まだサービスを開始していないXGPを30億円で新規に確保できた点はポジティブ材料と解説。また、シティグループ証券では、「ウイルコム支援は設備面で効果が期待される」とのレポートをリリースしている。

 市場化関係者によると、「地合いはそう悪くなかったものの、商いの中心が低位株であったため、ソフトバンクのウィルコム支援決定が市場で引き続き評価されるだろう」との意見が聞かれた。(編集担当:山田一)

【3月15日21時40分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000095-scn-biz
 
   
Posted at 10:14/ この記事のURL
日本人の危機感、世界基準以下 温暖化意識調査 / 2010年04月09日(金)
 地球温暖化に対する日本人の危機意識は決して高くない−。NTTデータスミスとカナダの社会調査機関グローブスキャンが共同で行った「地球温暖化に関する意識調査」で、こんな傾向が浮き彫りになった。

 調査は、24カ国の2万5112人の消費者を対象に電話とインターネットを利用し、昨年6月に実施した。今すぐに大きな温暖化対策が必要と考える人は、回答した日本人(1000人)の52%にとどまり、世界全体の61%(全調査国に占める割合)より低かった。また、日本人回答者の約8割が、大企業は温暖化対策についてもっと政府に働きかけるべきだとした。日本人は温暖化問題の解決を大企業や政府に委ねる傾向も浮かび上がった格好だ。

【3月15日8時15分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100314-00000006-fsi-bus_all
 
   
Posted at 10:13/ この記事のURL
<怖い中国事情>「ニセ食塩」が飲食業界に蔓延、非食用の工業塩とすり替えも―北京市 / 2010年04月09日(金)
2010年3月10日、北京市内の一部食品市場で、食塩とは異なる工業塩などの“ニセ食塩”が出回っており、市当局がこのほど2.5tを押収した。こうした事件の背景には、コストの安い工業塩で利益の増幅を狙うヤミ業者の存在があり、市内の多くの飲食店ではこうした塩が使われているという。15日付で京華時報が伝えた。

「中国塩業総公司」とプリントされた袋に詰められたニセ食塩。本来は500gで1.5元(約20円)の製品だが、ニセモノは1kgで1.5元と半額で販売されている。袋にはご丁寧に「偽造製品に注意」「偽造製品は人体に有害です」「偽造製品を発見したらこちらへ通報を」との文言が印刷されている。しかし、実際に詰められているのは工業用の塩。小売りはしておらず、主に飲食店が業務用として買っていくという。売り手もこうした製品が違法であることは認識しており、通常は店内奥に隠してあるものを、限られた買い手に売っているようだ。京華時報の記者が飲食店の関係者を装って購入を試みたが、売り手は記者の身元を怪しみ、「そんな製品はない」とけんもほろろだった。

【その他の写真】

こうしたニセ食塩はヤミ業者から仕入れ手に渡っているが、互いに所在地や氏名を公開することなく、携帯電話だけでつながっている関係だという。取引場所も当日になるまで明かされず、しかもその場所は待ち合わせ中にも二転三転する。京華時報の記者は昨年12月より潜入取材を決行、こうしたニセ食塩の流通ルートを調べ上げた。そして、記者の通報により3月10日、北京商務執法監察部隊があるヤミ業者を摘発、製品2.5tの押収に至った。

ニセ食塩を扱う商店主は口をそろえて「市内の多くの飲食店でニセ食塩が使われている。しかし問題が起きたことは一度もない。そうでなければ我々もこんな商品を扱わない」と言う。しかし、ある店主は「調味料業界は偽造製品だらけ。わたしたちは一切、外食はしない。自分で調理したもの以外は口にできない」と吐露した。北京市公共衛生ホットラインの職員は、「食塩は1人あたり1日平均6gを摂取すると言われ、健康への被害は見過ごせない。しかし、こうした製品を肉眼で見分けることは困難」としている。(翻訳・編集/愛玉)

【3月15日22時10分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000024-rcdc-cn
 
   
Posted at 10:11/ この記事のURL
セール案内や割引情報 ツイッター使う販促広がる / 2010年04月09日(金)
 急に決まったセール案内や割引情報が、ミニブログ「ツイッター(Twitter)」で発信されるケースがふえている。最近では、無印良品がフォロワー向けにおこなったタイムセールが評判になった。ツイッター上の割引情報のまとめサイトも出現、専門家は「ツイッターの認知度も高まってきた。工夫次第では販促の手段がさらに広がりそうだ」と話している。

 無印良品を展開する良品計画は2010年2月16日、ツイッターの公式アカウント「@muji_net」でフォロワー向け限定セールを急きょ始めた。フォロワー数1万5000人超えを達成した「記念」に行われた企画で、日時は翌17日と設定した。

■無印良品「タイムセールなう」

 当日の午前9時半にはセールの詳細が明かされた。午前11時〜午後2時のタイムセールスで、無印良品ネットストアアウトレット商品の一部が通常よりも安くなるということが判明。午前11時には「タイムセールなう」とのつぶやきを合図に販売が開始された。婦人向けワンピースや紳士向けセーター、組み立てテーブル、ソファなどの追加案内も続々と流れ、あまりの好評でセールは1時間の延長もあった。

 同社の広報によると、スタートの合図としてつぶやかれた「タイムセールなう」には6431回のクリックがあったということだ。タイムセール情報はRT(リツイート)も頻繁に行われ、フォロワー数も1日で1000人以上増えた。担当者は「ツイッターは有効なツールということがわかってきたので、今後も積極的に利用していきたい」と期待を寄せている。公式アカウントでは次回への意欲もつぶやかれている。

 一方、ツイッター上で割引情報をつぶやくケースも徐々に増えているようだ。

 東京大井町にある寿司屋「すし処さいしょ」。2010年2月4日に一日限定で行われた「ツイッター割引」に注目が集まった。入店時にツイッターユーザーであることを伝え、会計時に画面を提示すると、フォロワー一人につき1円を割り引いた。一方、東京・高円寺駅前にある玩具店「すごろくや」も1月25日〜2月7日、似たような割引を行った。

■割引情報のまとめサイト「twi割」登場

 こうした中で、ツイッター上の割引情報のまとめサイト「twi割」が2010年2月に開設された。店舗経営者が割引情報をつぶやく際、「#twiwari」を入れて発信すると、「twi割」内に一覧掲載される仕組みだ。無料会員登録をすれば、住所や電話番号、地図といった店舗情報の表示を追加できる。

 ある飲食店の場合、ツイッタークーポン指定ページを提示すると、生ビール一杯のサービスが受けられる。別の居酒屋では「『ツイ割見た!』で生ビール390円、自家製無添加チャンジャを50%offの340円」と書かれている。

 サイトを運営する「ザクラ」の代表・鈴木研二さんは「サイトが開設されて1か月経ちますが、およそ800社が登録しています。多くは飲食店ですが、マッサージ店や接骨院、クリーニング店などもあります。個人事業主の方が積極的に利用しています。景気の悪さともあいまって、割引とツイッターには親和性があるのかもしれません」と話す。

 新書「Twitter革命」の著者で、KandaNewsNetwork代表・神田敏晶さんによると、こうした手法はアメリカではすでに2009年春頃から始まったが、日本では2010年年明けとともに広まりはじめたようだ、と指摘する。ちょうど同時期にメディアがこぞってツイッターを取り上げ、一般にもより認知されはじめた。

 ツイッターを利用した割引情報については、次のように指摘する。

  「工夫次第では販促の手段がさらに広がりそうです。ツイッターは速報性があるので、たとえば、これから1時間後に割引がはじまるとか、雨が降ってきたので割引くといった変則的なやり方も可能でしょう。携帯電話に搭載された位置情報といった機能との組み合わせも面白いと思います。日本語の140文字はけっこうメッセージを詰め込めます。長文になりがちなメルマガに代わる可能性もありそうです」


■3月13日14時12分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100313-00000001-jct-sci
 
   
Posted at 10:08/ この記事のURL
マイクロソフト、偽造品対策の新施策を導入へ / 2010年04月09日(金)
 マイクロソフトは3月15日、正規製品の確認をPC利用者に促すWindows 7向け新機能「Windows Activation Technologies for Windows 7(WAT Update)」の提供と、再生中古PC向けライセンスの販売プログラム「Microsoft Registered Refurbisher プログラム(MRR)」の導入を発表した。いずれも偽造品対策の一環になる取り組みだという。

 WAT Updateは、従来提供してきた正規品の認証機能「Windows Activation Technology(WAT)」を強化して、Windows 7利用者向けにWindows Update経由で配布する(一部ユーザーには先行配布済み)。従来のWATでは同社サイトでプログラムなどをダウンロードする際に、PC利用者のOSが正規ライセンス品であるかをブラウザを通じて確認していた。

 WAT Updateでは、このプロセスにかかわらず一定期間ごと(期間は非公表)にWindows 7のPCが正規ライセンスで実行されているかを確認する。偽造品などが搭載しているWATの確認プロセスを回避するといった機能を実行させないようにしている。

 MRRプログラムは、2009年4月に導入した認定パートナー向けの再生中古PC向けライセンスプログラム「Microsoft Authorized Refurbisher プログラム(MAR)」の簡易版という位置付けで、5月に始める。MARプログラムは、再生中古PCの販売取扱量が多い事業者とマイクロソフトの間で直接契約を結ぶ形態になるが、MRRプログラムでは取扱量の少ない中小の販売事業者がマイクロソフト指定の代理店と契約し、Web上で再生中古PCのライセンスを購入する形態となっている。

 またMARプログラムでは、新たに日本アイ・ビー・エムとメディエイターが参加。認定パートナーが購入する再生中古PC向けライセンスに、Window 7(Home PremiumとProfessional)とWindows Sever 2003を追加した。Windows Vista(Home Basic/Premium/Business)のPCで再生中古PC向けライセンスを購入する場合はWindow 7を購入することになる。

 執行役法務・政策企画統括本部長で弁護士の伊藤ゆみ子氏は、PC利用者が偽造品を使うことで、著作権の違法やセキュリティ上のリスク(システム破壊やマルウェア感染)、PC操作時のトラブル、犯罪組織への資金提供などに関与してしまう危険に直面すると指摘する。

 同社では、これまで正規品を確認する技術的対策の導入やPC利用者への啓発、偽造品販売者の刑事告訴といった法的手段などの対策を進めている。MARプログラムなどの導入以降はオークションサイトへの偽造品の出品が減少に転じるなどの効果を挙げたが、偽造品の不正売買やPC利用者のトラブルを撲滅する目的で、今回発表した施策の導入を決めた。

 偽造品の不正売買では、従来はCD-ROMなどに不正なデータをコピーしたメディアとプロダクトキーなどをセットにして販売するケースが目立ったが、最近ではプロダクトキーのみや、ライセンスのラベル(Certificate Of Authenticity=COA)のみを販売するケースが多いという。

 コマーシャルWindows本部長の中川哲氏は、特に再生中古PCの販売について、正規ライセンスで売買される場合にはPCに正規のバックアップ用メディアなどが同梱、もしくはMARプログラムやMRRプログラムを通じて販売事業者が購入した再生中古PC用のCOAラベルが本体で張り付けられていると説明した。

 再生中古PCの購入を検討する際には、「偽造品であればさまざまな危険に巻き込まれる恐れがあるので、正規ライセンスであるかどうかをしっかり確認していただきたい」と述べている。 3月15日15時47分配信 ITmedia エンタープライズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000034-zdn_ep-sci
 
   
Posted at 10:07/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!