韓国内の流通企業10社(11番街、CJモール、現代Hモール、ロッテドッ

April 03 [Fri], 2015, 23:49
Hamee(ハミー)は、1月6日にiPhone 6用「アイピクハードケース 羊」を発売した。価格は1389円(税別)。

 本製品は2015年の干支(えと)である「ヒツジ」をデザインしたもので、もこもこフワフワの小さな複数のヒツジを配置した「総柄」と、存在感のある大きなヒツジを1頭配置した「アップ」の2パターンを用意。素材はクリアなポリカーボネートで、端末のカラーをそのまま楽しめる。2014年に出荷台数が12億台を超えるスマホの最も重要な部品は、すべての機能の中心となる半導体集積回路アプリケーションプロセッサ(AP)である。したがって、「APを制するものがスマホを制する」と言っても過言ではない。

このことに最も早く気づいたのはアップルのスティーブ?ジョブズである。しかし、当初アップルにプロセッサを設計する能力はなかった。そこでアップルは、軍事や航空宇宙用の“とんがった”プロセッサを開発していた半導体設計専門会社P.A.Semiを2億7800万ドルで買収した。
iPhone6 ルイヴィトン
P.A.Semiの中心人物は創業者の1人、ダン?ドバーパルという設計者で、彼のチームが、「iPhone 4S」のプロセッサ「A5」を開発した。そしてこれがアップルの躍進に一役買ったわけである(ダン?ドバーパルはその後、グーグルに引き抜かれた)。

インテルの失策と漁夫の利を得たサムスン電子
スマホのAPの設計と同様に製造も重要である。しかし、アップルは半導体の量産工場を持っていない。そこでアップルは、初代iPhone 用 APの製造をインテルに打診した。ところがインテルは、「1個10ドルではビジネスにならない」と断ってしまう。これは、「インテル史上最大のミスジャッジ」と言われ、当時CEOだったポール?オッテリーニは2013年に引責辞任を余儀なくさせられた。
シャネルiphone6 ケース
インテルに断られたiPhone用APは、サムスン電子が受託製造(すなわちファンドリー)を行うことになった。このiPhone効果により、ファンドリー部門におけるサムスン電子のランキングは、3年間で10位から3位に大躍進した( → 詳細)。

さらに、iPhone用APの受託製造はもっと大きな効果をもたらした。サムスン電子は、自他ともに認める「ファーストフォロワー(最初の模倣者)」である。その模倣者に、アップル社は、スマホの付加価値の源泉のAPを製造委託したわけである。

サムスン電子のスマホ?GALAXYは出荷台数でiPhoneを抜いて世界一となり、GALAXY がサムスン電子の営業利益の約7割を稼ぎ出すまでになった。このGALAXYの開発?製造に、iPhone用AP受託製造で知り得たノウハウが活かされていることは間違いない。

アップルとサムスン電子は、2012年から世界各国で、スマホに関する訴訟合戦を繰り広げている。これについてアップルは、墓穴を掘ったとしか言いようがない。アップルは、「泥棒に追い銭を与えた」ようなものだろう。
シリコンiPhoneケース
低価格スマホの仕掛け人、メディアテック
こうしてサムスン電子はこの世の春を謳歌していたが、それも長くは続かない。2014年に入って、GALAXYの売れ行きに急ブレーキがかかったからだ。

この原因は、世界最大のスマホ市場となった中国で、低価格スマホが急速に普及したことによる。この仕掛け人は、台湾の半導体設計専門会社メディアテックである。メディアテックは、低価格のAPを提供し、さらに、スマホの設計図である「レファレンス」と、推奨部品リストまで公開した。
シャネルiphoneケース コピー
その結果、中国では、大した開発費もかけずに、そこそこの性能のスマホを極めて安価につくれるようになり、「靴屋でも明日からスマホメーカーになれる」と言われるまでになった。そして、中国の地場メーカーが台頭し、格安スマホが急速に普及したのである( → 詳細)。
UNiCASE、iPhone 6 Plus向けの「ZERO HALLIBURTON」限定コラボケースを発売
「ZERO HALLIBURTON for iPhone6 Plus」
 エム?フロンティアは1月5日、スマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE」と米国プレミアムラゲージブランド「ZERO HALLIBURTON」コラボのiPhone 6 Plus向けケースを発売した。価格は1万4000円(税別)。
シャネルiphone6ケース
 同製品では、iPhone 5s/5、iPhone 6、Xperia Z3に続き、端末の美しさを際立たせる背面のダブルリブと指通りの滑らかな曲線を実現。取り付けにはネジを必要としないバックスライド方式を採用し、素材には頑丈なアルミニウムを取り入れた。

 販売はUNiCASEのリアルストアと、オンラインストア、ZERO HALLIBURTON直営店と公式オンラインストアのみ。限定販売商品のため、販売数には限りがある。
「侵略!イカ娘」特製iPhoneケースのうち1種。
安部真弘「侵略!イカ娘」のキャラクターをプリントした新作iPhoneケースが、秋田書店のオンラインショップに登場した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ケースの絵柄は2種類が用意され、一方には犬に追いかけられるミニイカ娘、もう一方にはオセロの黒石に挟まれて怯えるミニイカ娘がそれぞれプリントされている。iPhone5/5SおよびiPhone6に対応しており、価格はいずれも3218円。注文から2週間程度で発送される予定だ。

【関連記事】ム『謎のオープンワールド』のジャケットと新アーティスト写真を公開した。
人気ブランド携帯カバー
今作のジャケットは、これまでの作品も手掛けてきたDr.木暮 栄一のデザインによるもの。またアーティスト写真は今作の内容とリンクするドット絵でメンバーが表現されている。これに合わせて、新作のSPECIAL SITEも開設している。

7th FULL ALBUM『謎のオープンワールド』SPECIAL SITEまた、今作のリリースを記念してヴィレッジヴァンガードとのコラボグッズの販売も決定。このグッズデザインもDr.木暮 栄一が手掛けており、ラインナップはiPhone6ケース、缶バッジ(44o)、ホテルキーホルダー(4色)となっている。グッズはCDのリリースに合わせて全国のヴィレッジヴァンガードにて販売開始される。 the band apartが2015年1月21日に発売するアルバム『謎のオープンワールド』のジャケットと、アーティスト写真を公開。さらに、ヴィレッジヴァンガードとのコラボグッズの発売も明らかにした。
グッチ iphoneカバー
 今作のジャケットは過去作も手掛けた木暮 栄一(dr)デザインのもので、タイトルにリンクする謎めいたデザインとなっている。また、アーティスト写真はメンバーをドット絵で表現。the band apartの新たな一面が見える写真となった。そして、リリースを記念し、ヴィレッジヴァンガードとのコラボグッズの発売も決定。内容はiPhone6ケースや缶バッジ、ホテルキーホルダーとなっており、2015年1月14日から全国のヴィレッジヴァンガードで発売される。
 寿司好きには堪えられないiPhoneカバー登場!マグロ、タコ、アジ、エビ、ウニ、イクラ、アナゴ、たまごと、人気のネタのミニチュアがのったiPhone5s/5、iPhone6対応の「食品サンプルカバー」(Hamee?神奈川県)だ。寿司がのったケースやスマホスタンドは今までもあったが、何がすごいって、これは豪華な8貫盛り。従来は実物大だったから、2貫が限界だったのだ。ミニチュアといえども職人が一つひとつ手作りしているMade in Japan。

 再現されたネタのツヤやふっくらとしたお米の質感には、思わずギョっとするほど。外国の友だちへのプレゼントにしても喜ばれること請け合いだ。
●日本ファルコムのキャラクターグッズも登場
 工画堂スタジオは、2014年12月28日(日)〜12月30日(火)に開催されるコミックマーケット87に出展し、同社タイトルのキャラクターグッズや、日本ファルコムのキャラクターグッズを販売する。
シャネルiphone6ケース
 会場では、現在絵柄がシークレットとなっているミニタペストリーもお披露目&販売予定。また、開催期間中のブースでは、今後の工画堂スタジオに関する最新情報も発信されるという。

■出展情報
◆イベント名:コミックマーケット87
◆会場:東京国際展示場?東京ビッグサイト 西4階企業ブース 米国ではブラックフライデーになると、1年中この日のセールを待ち焦がれていた人たちがこぞって買い物をする。クリスマスも近いのでプレゼント用や自宅用にと買いまくる冬の大イベントと言える。

■韓国人も待ち焦がれるブラックフライデー

 ブラックフライデーとは、米国で感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。

 小売業では最大8割引きといった破格な割引率を提示し、当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セールの日でもある。よって黒字になるという意味が含まれている。

 そんな米国でのイベントなのに、なぜか韓国でも待ち焦がれている人たちが多い。

 もともと外国製品の値段が高く設定されている韓国では、米国で買った方が関税を入れても安い場合が多い。そのため、とりわけ韓国製品より外国製品を好む人たちは親戚や知人に頼んだりネット購入したりと米国でのショッピングを楽しんでいる。

 そうした人たちの行動、直接購入を略して「直購(チック)」という。チック族たちは、ブラックフライデーとなると「買わなきゃ損」という意識があるため、ブラックフライデーを心待ちにしている。
シャネル iphone6ケース
 さて、韓国にだってオンラインショッピングモールがあるというのに、海外のネットショッピングにお客をみすみす取られることに業を煮やした韓国の流通業者たちは、こうした昨今の消費者たちを囲いこむため、今年12月12日、韓国版ブラックフライデーを開催した。

 韓国内の流通企業10社(11番街、CJモール、現代Hモール、ロッテドットコム、エルロッテ、AKモール、ギャラリアモール、ロッテスーパー、ハイマートショッピングモール)が手を組んで韓国版の「ブラックフライデー」を開催した。
 今後は参加業者を増やし、物量をもっと上げて「韓国版ショッピングウィーク」イベントにしていくという方針なので、大々的なマーケティングが予想される外資系オンラインショッピングモールの対抗馬になれるかどうか注目される。

■予想を1.5倍上回る売り上げに
シリコンiPhoneケース
 12月15日、関連業界によると、今回のブラックフライデーの売り上げが当初予想の1000億ウォンをはるかに上回る1500億ウォンに達したという。

 11番街の場合、1週間前の5日に比べ、瞬間トラフィックが8倍以上上昇し、今年最高の1日取引高、最高トラフィックなどの記録を更新した。

 通常オンラインモールで金曜はトラフィックが低い曜日に属するので上々の売れ行きと言えよう。

 具体的な販売内訳を見ると、カナダグース、iPhone6、セリーヌのトリオバッグなど、韓国の消費者たちが好きなアイテムは販売から2〜7分で売り切れるなど、主要商品の9割を完売した。

 毎時間発給された割引クーポン15万枚もオープンと同時になくなってしまった。
ルイヴィトンiPhone6ケース
 しかし、消費者側の話を聞いてみると、業者に騙されたなどの不満の声が上がっている。鳴り物入りで開催した割には、品数は少なく割引もほとんどなかったというのだ。

 特に、SKプラネットが運営するネットモール「11番街」の目玉商品は、iPhone6とカナダグース(パーカーで有名)であったが、用意されていたのは、たったの48台と36枚だった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:syesbsee
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/shsbcc/index1_0.rdf