PS3が3Dゲーム対応のアップデート、VAIOとのリモートプレイにも対応 / 2010年04月23日(金)
 ソニー・コンピュータエンタテインメントは2010年4月22日、プレイステーション3(PS3)を3D立体視ゲーム対応にするシステムソフトウエア バージョン3.30へのアップデートを開始した。ただし4月22日時点では、まだPS3向け3D立体視対応ゲームは発売されていない。

【詳細画像または表】

 そのほかの新機能として、PSPなどの外部機器とPS3を連動できる「リモートプレイ」設定の機器登録で、「パソコン」が選べるようになった。今後発売されるVAIOでPS3のリモートプレイができるようになる。詳細は、10年5月以降にVAIOの公式サイトで案内する。

【4月23日2時2分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000001-nkbp_tren-sci
 
   
Posted at 03:02/ この記事のURL
「BI、情報管理、価格でセールスフォースに勝つ」日本オラクル / 2010年04月23日(金)
 日本オラクルは4月21日、SaaS型CRMアプリケーションの最新版「Oracle CRM On Demand R17」を発表した。売上予測を行うBI機能や、パートナー企業の案件情報を管理できる情報共有機能を強化したほか、ユーザーインターフェースの利便性も向上。ライバルとなるセールスフォース・ドットコムの「Salesforce CRM」に対して、「CRM機能は負けておらず、BI機能と情報管理機能、価格競争力では勝る」と差別化ポイントをアピールした。
●SaaS前提の提案依頼が急増
 日本オラクルによると、新規システム構築に当たって「SaaSの活用を前提に考えている企業がここ1〜2年で大幅に増えた」という。中でもCRMについては、SaaSの手軽さも手伝って、以前までは部門ごとに単独で導入するケースが中心だったが、「最近は蓄積した情報の有効活用、ITガバナンスの徹底、コスト削減といった観点から、既存システムとのインテグレーションを重視するケースが増えつつある」(日本オラクル 常務執行役員 CRM On Demand 統括本部長 藤本寛氏)という。
 Oracle CRM On Demand R17はそうした状況を受けて開発。中でも、ユーザーの使い勝手を高める「省力化」、データの質と鮮度を維持するとともに、さまざまな角度で分析できる「データ活用」、パートナー企業と情報連携する「チャネル活性化」の3つを軸に機能を強化した。


 まず「省力化」については、営業スタッフが自分のスケジュールなどを入力する際、過去に入力したデータをコピーして使い回せる「レコードコピー機能」を強化し、入力の手間を大幅に削減した。顧客情報や案件情報、あるいは特定の顧客企業の商談競合会社など、見たい情報をワンクリックで一覧できる機能も確保し「クリック数の削減に努めた」。
 また、前バージョンのR16では画面表示サイズが固定されていたが、今回から解像度の高いワイド画面のPCでも好みの大きさで閲覧可能とした。画面の色や社名ロゴの配置などを手軽に設定できるUIを備えた「テーマ設定画面」も用意し、企業のブランディングにも貢献するという。
 「データ活用」については、無償のオプション機能「Oracle CRM On Demand Sales on the Go」を用意した。ノートPCに保存したプレゼンテーション資料を使ってPC画面を見せながらのプレゼンを行うことがよくあるが、「いつ、どの顧客企業に対して、何を目的に、どのプレゼン資料を使ったのか」といった詳細な活動記録を、その場で、あるいは商談後に手軽に記録することができる。また、オンライン状態になれば、その情報をOracle CRM On Demand R17にワンクリックでアップロードできるという。


 「すなわち、営業スタッフは自分のノートPCをセールスツールとして使えるほか、上司への報告作業という二度手間がかからない。また、使ったプレゼン資料の中でも『どのページが特に顧客の反応が強かったのか』といった情報を詳細に記録できるため、次のアクション立案にも役立つ。管理層にとっても全スタッフの情報を正確に収集・把握できるメリットがある」(同社 CRM On Demand 統括本部 CRM SC本部 シニアセールスコンサルタントの山瀬浩明氏)
 「チャネル活性化」については、パートナー企業が持つ案件情報の共有機能に加え、代理店をセグメント化して適切な代理店、適切な担当者にアサインできる「代理店審査機能」や、パートナー企業の営業スタッフに向けた「教育用プログラム」、共同キャンペーンプログラムを展開するための「情報共有機能」、その結果を分析する「代理店のパフォーマンス測定機能」などを装備した。
●ERPをはじめ、既存システムとのデータ連携も容易
 一方、既存システムとのインテグレーションに対するニーズに応え、Ajax、Flashを使ったオープンな技術基盤を採用しているほか、カスタムオブジェクトを使って「ERPのデータをOracle CRM On Demand R17に流し込む」など、既存システムとのデータ連携もスムーズに行えるよう配慮したという。
 バルクロード機能もポイントだ。R16では顧客データなどをデータロードする際、一度にロードできる件数は3万件が上限だったが、R17では「約100万件のデータも一度でロード可能」。これにより「データロードを小分けにして行う手間がなくなり、データメンテナンスの効率が大幅に向上する」(山瀬氏)という。


 価格は1ユーザー当たり月額7989円(税込み)から。藤本氏は「従来はサービス業が中心だったが、最近はSaaSの手軽さも手伝い、小さな規模から海外拠点展開を始めるメーカーからも引き合いが多い。SaaSは急速に浸透しつつあり、インテグレーション需要が高まっていることからしても着実に基幹システムに組み込まれつつあると思う」とコメント。
 最大のライバルであるセールスフォース・ドットコムの「Salesforce CRM」についても、「CRM機能は負けていない。BI機能と情報管理機能、価格競争力で勝る」と、その商品力に自信をうかがわせた。
  4月22日15時56分配信 @IT
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000000-zdn_ait-sci
 
   
Posted at 02:59/ この記事のURL
ポスペのTwitterクライアント「PostPetNow」画面はこんな感じ / 2010年04月23日(金)
 5月ごろのβ公開を予定しているポストペットのTwitterクライアント「PostPetNow」の開発中の画面を、メディアアーティストの八谷和彦さんがTwitter(@hachiya)で公開した。

 PostPetNowは、自分やフォローした人たちが「パペット」(アバター)となり、ペットと一緒に暮らしていくというもの。

 公開された画面には、庭付き一軒家を表示。顔にTwitterアイコンを貼り付けた複数のアバター(パペット)が家の中や庭におり、吹き出しでつぶやいている。庭にはピンクのクマ「モモ」も。画面右側には、Twitterのタイムラインが表示されている。「画面は開発中のもので、最終的には変わる可能性がある」という。

 PostPetNowは、ソネットエンタテインメントが5月ごろにβ公開する予定と発表している。開発元は、ポスペの生みの親・八谷さんが代表を務めるペットワークス。 4月22日17時52分配信 ITmedia News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000057-zdn_n-sci
 
   
Posted at 02:55/ この記事のURL
【吉田秀彦引退興行】4・25中村大介、連敗脱出に向け「自分の道を極める」 / 2010年04月23日(金)
 4月22日(木)神奈川・登戸にあるU-FILE登戸ジムにて、中村大介(U-FILE CAMP.com)が公開練習を行った。中村は4月25日(日)東京・日本武道館で開催されるジェイロック『吉田秀彦引退興行〜ASTRA〜』で天突頑丈(PUREBRED)と対戦する。

 この日の公開練習では、準備運動で四股を踏んだ後、3分1Rのミット打ち、そして3分2Rのグラップリングスパーを行った中村。スパーでは一度も膠着することなく、回転体のように常に動き続けながら腕十字、飛びつき腕十字、アンクルホールドを次々と極めていき好調をアピールした。

 しかし、練習後の囲み取材では、「対戦相手が決まったときは気持ち的に上がったのですが、今まで気持ちが落ちていました。自分は気持ちが結構グラグラするタイプなんです。これまでにもよくあって、気持ちが上がったり下がったりしていました。昨日、何も考えないで練習していたらテンションが上がりましたね」と3日後の大一番に向けてようやく火がついたことを激白。

 師匠の田村潔司とは週に1〜2回のウェイト&スパーリングで一緒に練習をし、「試合に向けてのアドバイスを練習の中で教えてもらっています」と話す。

 対戦相手の天突については「対戦が決まるまで知っていた選手ですが、修斗の選手だと思っていたので交わることはないと思っていました」と意外な対戦相手に驚いたという。

「パンチで前に出てくる選手。気持ちを前面に出してくる選手なので、自分も気持ちで負けたくないですね。試合映像は見たけど、対戦相手がどのくらい強いのかわかりません。気持ちで負けなければ、結果は自ずとついてくるものだと思います」と気持ちの面でも負けたくないと静かに闘志を燃やす。

 一昨年は7戦7勝と絶好調だったが、昨年は4戦1勝3敗の戦績の中村。2009年8月28日のフェリッド・ケダー戦で勝利して以来、現在は二連敗中と勝ち星から遠ざかっている。「一昨年の成績が良く、自分の気持ちの中でおごりがあったのかもしれません。これからは下から這い上がるつもりでいます。ここからこつこつと上がっていきます。去年の言い訳はしません。今年で30歳になるので、また1からやり直す気持ちでいます。去年のことは忘れませんが、いい意味で気持ちを切り換えたいと思っています」と、1からのスタートで躍進を誓う。

 得意の腕十字にこだわった試合運びも敗因の一つだという。「腕十字にこだわりすぎましたね。そこがダメなところです。試合で腕十字をしのがれたときに、『やばい』と思うことがありました。今までの練習では、そこを意識しないようにしてきました」。

 今年のテーマとしては、「動いて腕にこだわらないで、極めにいくスタイルを今年のテーマにしていきます。自分のスタイルを貫いて自分の道を極めたい」とした中村。理想のスタイルが25日のリングで復活するのか。


ジェイロック
「吉田秀彦引退興行〜ASTRA〜」
2010年4月25日(日)東京・日本武道館
開場14:00 開始16:00

<全対戦カード>

▼メインイベント(第8試合) 無差別級 
吉田秀彦(吉田道場/バルセロナ五輪柔道78kg級金メダリスト)
VS
中村和裕(吉田道場)

▼セミファイナル(第7試合) フェザー級(65kg以下)
小見川道大(吉田道場/戦極フェザー級グランプリ2009準優勝)
VS
ミカ・ミラー(アメリカ/アメリカン・トップチーム)

▼第6試合 ライトヘビー級(95kg)
エンセン井上(PUREBRED/初代修斗世界ヘビー級王者)
VS
アンズ“ノトリアス”ナンセン(ニュージーランド/ETK)

▼第5試合 ウェルター級(77kg)
長南 亮(TEAM.M.A.D)
VS
チャ・ジョンファン(韓国/CMA KOREA/冠岳BJJ)

▼第4試合 ライト級(70kg)
小谷直之(ロデオスタイル)
VS
ホルヘ・マスヴィダル(アメリカ/キューバ/アメリカン・トップチーム)

▼第3試合 ライト級(70kg)
中村大介(U-FILE CAMP.com)
VS
天突頑丈(PUREBRED/修斗世界ウェルター級8位・環太平洋同級5位)

▼第2試合 ウェルター級(77kg以下)
白井祐矢(TeamM.A.D./第4代DEEPウェルター級王者)
VS
チェ・ミルス(イギリス/M1グローバル/チームトロージャン)

▼第1試合 フェザー級(65kg以下)
長倉立尚(吉田道場/DEEPフューチャーキングトーナメント2008ライト級優勝)
VS
毛利昭彦(毛利道場)

▼オープニングファイト第3試合 ヘビー級
誠悟(フリー)
VS
バル・ハーン(モンゴル/チーム新日本)

▼オープニングファイト第2試合 ミドル級(84kg)
坂下裕介(チームクラウド)
VS
長井憲治(U-FILE CAMP.com)

▼オープニングファイト第1試合 バンタム級(62kg)
小森亮介(吉田道場/DEEPフューチャーキングトーナメント2008バンタム級優勝)
VS
村田卓実(和術慧舟會A-3) 4月22日22時54分配信 格闘技ウェブマガジンGBR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000006-gbr-fight
 
   
Posted at 02:51/ この記事のURL
8歳の少年が運転テクニックを披露 / 2010年04月23日(金)
2006年まで、WRC(世界ラリー選手権)で活躍したフィンランド出身のハリ・ロバンペッラ選手。その息子、カッレ・ロバンペッラ君(8歳)の、車を自由自在に操る映像が、動画共有サイトで話題を呼んでいる。

[カエルの子はカエル動画]

ハリ・ロバンペッラ選手は1993年、WRCに初参戦。1997 - 2000年セアト、2001 - 04年プジョー、05年三菱、06年シュコダと各チームを渡り歩き、111戦にエントリーした。01年、プジョー『206WRC』を駆り、スウェーデンラリーで初優勝。WRCでは、通算171ポイントを獲得している。

そんなハリ・ロバンペッラ選手の息子が、カッレ・ロバンペッラ君(8歳)。日本でいえば小学3年生だから、まだあどけなさが残る年齢だが、ステアリングホイールを握れば豹変。父親譲りのサラブレッドぶりを披露してくれる。

カッレ・ロバンペッラ君のプロ顔負けのドライビングテクニックを紹介した映像は、動画共有サイトで見ることができる。もちろん、良い子はマネをしないように。



《レスポンス 森脇稔》

【4月22日11時45分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000015-rps-moto
 
   
Posted at 02:47/ この記事のURL
大塚愛“絵本作家”処女作の原画展を開催 表参道で / 2010年04月23日(金)
 歌手の大塚愛さん(27)が絵本作家としての処女作「ネコが見つけた赤い風船」の発売を記念して21日から30日の間、表参道の「Gallery&Space ARTIFACT」で原画展を開催している。

 この絵本は、構成をはじめ、イラストと文章を全編手書きで書き下ろした、初の著書。大塚さん世界観が見事に表現された一冊に仕上がっている。今回の絵本制作に関して、本人からメッセージが届いた。

 「誰だって幸せになりたいと願う中、目には見えないものだから時に求めすぎて自ら失ってしまうことに気付いて、今ある幸せをふくらませ、誰かにあげられる優しい人になれたら、きっとそれはステキな「愛」の始まりだと思います。そして、その時初めて、幸せだと感じ、願いが叶うような気がします。絵本を初めて描かせていただいて、難しさとともに、とても楽しく感じました。また今後も、このような機会があれば描ければと思います」。

 そんな絵本の「大塚愛の世界観」が今回の原画展で存分にお披露目される。

 この原画展には、絵本の原画以外にも、自身が監修したグッズ原画の一部など、他では決して見ることの出来ない秘蔵アイテムが満載な原画展となっている。また原画展オリジナルグッズも販売されている。入場料が無料。

 「歌手」としても6月には、昨年に全国9カ所12公演で約3万人(1万5000組)を動員し、日本初の「ペアチケットツアー」として話題になった「大塚愛 LOVE is BEST Tour 2009 FINAL」のDVDも発売される。

【4月22日23時38分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000098-scn-ent
 
   
Posted at 02:43/ この記事のURL
クラシックカーフェスに70年代スーパーカーが参加 5月23日 / 2010年04月23日(金)
トヨタ自動車は20日、愛知県長久手町の文化施設であるトヨタ博物館で、自動車文化の継承や、交通安全の啓発活動、地域との連携を深めることを目的にした恒例のイベント「クラシックカー・フェスティバル」を5月23日に開催すると発表した。

関連画像:レクサスLFA

第21回となる今回は、個人所有の日米欧のクラシックカー約100台と、ランボルギーニ『カウンタック』など1970年代のスーパーカー約10台が特別参加して公道パレードを実施する。公道パレードは、愛・地球博記念公園北駐車場から長久手町内「はなみずき広場」、「長久手温泉ござらっせ」を経由し、愛・地球博記念公園の大芝生広場までの約14kmを走行する。

また、同館所蔵車両による走行披露「自動車100年の歴史」では、普段、走行披露の機会が少ない1920年代のレーシングカー、サンビーム『グランプリ』や元アメリカ大統領ルーズベルト専用車のパッカード『トゥエルヴ』など6台を出展する。さらに、レクサス『LFA』を特別出展して世紀を超えた走る楽しさをアピールする。

このほか、同乗試乗会や交通安全イベントなど、ファミリーで楽しめるイベントを盛りだくさんで展開する。

参加費は無料。

《レスポンス 編集部》

【4月20日21時51分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100420-00000046-rps-ent
 
   
Posted at 02:40/ この記事のURL
【ワシントン雑記帳】ゴールドマン訴追、政治的思惑すかし見る投資家 / 2010年04月23日(金)
 4月15日に確定申告をして税金を支払い、がっくりと気落ちした直後に、ウォール街の「一人勝ち」金融機関、ゴールドマン・サックスが米証券取引委員会(SEC)に訴追される――よくできたシナリオだ。

 SECは独立して訴追の権限を持つ機関だが、米メディアは「オバマ政権、ウォール街に宣戦布告」と騒ぎ立てている。ロバート・ギブス大統領報道官は「SECがホワイトハウスに訴追について知らせることはないし、今回も報告はなかった」と火消しに躍起だ。

 しかし、ゴールドマン叩きの後ろに、秋の中間選挙を控えたホワイトハウスの戦略があるという見方は、間違いなく株式市場を支えている。これが1年前であれば、金融機関への規制強化に対する懸念から、もっと大きく下げたはずだ。

 もちろん、四半期決算のピークを迎えるせいもあるが、金融規制改革案が打ち出されてからは、「オバマ政権は大衆迎合でウォール街叩きのチャンスを常に狙っている」と投資家は「パブロフの犬」的に反応している。半ば、織り込み済みだ。

 実際に、オバマ政権がSECの動きを事前に認識していたかどうかは別として、これを機会に議会で審議中の金融規制改革案を通すモメンタムをつかもうとしているのは明らかだ。

 SECの訴追の直後、「Goldman Sachs」「SEC」というキーワードでグーグル検索すると、ホワイトハウスの外部団体Organizing For Americaが運営する 「Help Change Wall Street(ウォール街を改革するのを支援しよう)」が検索トップに出る、という報道があった。ニューヨーク・ポストはOFAがキーワードを買ったと報じた。

 OFAは、医療保険制度改革の際も、有権者にメールを送り、各地で周知の集会を開き、電話作戦を展開した。OFAからはまた以前のようにメールが毎日届き、ウォール街改革を訴えている。

 4月20日現在は、同じキーワードを打つと、何とホワイトハウスのサイトに導かれ、オバマ大統領の17日のスピーチ「Holding Wall Street Accountable(ウォール街に責任を持たせる)」が表れる。真剣勝負だ。

 しかし、これが秋の中間選挙を見据えた「人気取り」だと、多くの投資家は冷静だ。医療保険制度改革は達成したものの、オバマ氏の選挙公約からはかけ離れたものになったことで、金融規制の先行きも不透明、という見方、そして、SECの訴追の根拠が不明というのも、株が大暴落しない理由だ。

 もう一つ付け加えるなら、SECの訴追に対しては、常に企業が巨額の罰金を支払って「和解」に持ち込み、責任問題や罪状についてはうやむやになる、というのが多い。

 ウォール街の定点観測は欠かさないほうがいい。3月始め、散策した。少し外れにあるゴールドマン・サックスは以前、お土産屋があり、マグカップやTシャツを売っていたが、最近はなくなった。ゴールドマンから北に伸びる金融マンの飲み屋街、ストーン・ストリートは不況前の賑わいが戻ってきている。

*****************

津山恵子(つやま・けいこ) フリージャーナリスト

東京生まれ。共同通信社経済部記者として、通信、ハイテク、メディア業界を中心に取材。2003年、ビジネスニュース特派員として、ニューヨーク勤務。 06年、ニューヨークを拠点にフリーランスに転向。08年米大統領選挙で、オバマ大統領候補を予備選挙から大統領就任まで取材し、AERAに執筆した。米国の経済、政治について「AERA」「週刊ダイヤモンド」「文藝春秋」などに執筆。著書に「カナダ・デジタル不思議大国の秘密」(現代書館、カナダ首相出 版賞審査員特別賞受賞)など。

ワシントン雑記帳 バックナンバー>>

【4月22日11時25分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000005-wsj-bus_all
 
   
Posted at 02:36/ この記事のURL
【光岡 雷駆 発表】法人向け販売を行う2社のねらい / 2010年04月23日(金)
光岡自動車の新型EV『雷駆』は、自社ネットワークのほか、主として法人向けとして、総合商社の兼松、電池会社のユアサM&Bの2社が販売代理店として名を連ねていることも特徴である。

[関連写真]

現状のEVは法人需要が6 - 7割を占めることから、法人との取引に強い会社と販売提携を結んだとのことで、光岡にとっては初めてのケースだという。

このうち兼松は、電気自動車用充電インフラの拡充を目指し、VOLTA(ボルタ)という名称のプロジェクトチームを立ち上げており、3月には京都府の「電気自動車普及促進計画」への支援を目的として、急速充電器設置に関する協定を締結している。同社の郡司高志執行役員は発表会で次のように語った。

「今回の提携では、雷駆の販売とVOLTAの拡充を連携させ、インフラとセットでの提案を行いたいと考えています。自動車の販売は国内は初めてですが、海外では豊富な経験があります。企業のEVについての関心はかなり高まっており、既存の取引先だけでなく、新規のお客様からも問い合わせをいただいています」

もうひとつのパートナー、ユアサM&Bの山崎啓考取締役は、明日大阪で独自の発表会を予定していることから、簡単な説明にとどまった。しかし『i-MiEV』に搭載されているリチウムイオン電池は関連会社のGSユアサ製であり、発電・蓄電に強い会社であることから、そのアドバンテージを生かした販売方法を進めていくことだろう。

《レスポンス 森口将之》

【4月22日22時14分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000054-rps-bus_all
 
   
Posted at 02:33/ この記事のURL
外国人投資残高が急増、株式評価益の増加で / 2010年04月23日(金)
【ソウル22日聯合ニュース】韓国銀行が22日に発表した「2009年末地域・通貨別国際投資対照表(速報値)」によると、昨年末現在の外国人投資残高は7527億6000万ドル(約69兆8787円)と集計された。株価急騰による株式評価益増加で、前年同期から1442億8000万ドル増加した。
 外国人の投資残高は2006年末の6522億6000万ドルから2007年末には8263億3000万ドルに増えたが、2008年末には金融危機の影響で6084億9000万ドルまで急減した。
 外国人投資全体に占める割合を地域別にみると、欧州連合(EU)が31.1%(2342億9000万ドル)で最も高く、次いで米国が23.0%(1734億7000万ドル)、東南アジアが20.2%(1522億2000万ドル)、日本が7.4%(554億6000万ドル)の順。
 外国人証券投資残高は前年同期比1390億5000万ドル増の3900億2000万ドルで、このうち株式投資の増加額は1112億ドルだった。株式投資増加額のうち、新規投資額は256億ドルにとどまったが、株式評価益は856億ドルに達した。
 外国人の直接投資残高は1107億7000万ドルで、前年同期に比べ161億ドル増加した。
 韓国銀行関係者は外国人投資の増加について、株式投資の増加に加え、総合株価指数(KOSPI)が49.0%、ウォンの対ドル相場が7.7%それぞれ上昇し、株式と為替関連の評価益が増加したことも影響したと説明した。
 一方、外貨準備高を除いた韓国の対外投資額は3347億4000万ドルで、前年同期比で405億4000万ドル増加した。地域別にみると、EUが87億3000万ドル、中南米が83億6000万ドル、米国が71億1000万ドル、中国が58億7000万ドルなど、大半の地域で増えたが、日本は4億9000万ドル減少した。
japanese@yna.co.kr 4月22日22時2分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000030-yonh-kr
 
   
Posted at 02:30/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!