卒業!そして、武蔵野大学大学院通信教育部への道! 

March 22 [Fri], 2013, 11:19
こんばんは!showyaです。

昨日、無事卒業式を終え、めでたく卒業となりました!
振り返ればあっと言う間の2年間でした・・・当初、3年に編入して卒業できるかどうか不安の中のスタートで・・・何せ通信教育なるものを現在まで完遂した経験がありませんでした。あきっぽいんで・・・そんな私がどんな形で卒業したかというと

入学時
入学時を教材が届いて一ヶ月は封も開けずに放置・・・出だしから思いっきり躓いていました。やはり、学習のきっかけはスクーリング(SC)でした!何となく入学説明会でも「早い段階でのスクーリングの参加が卒業するコツ」など言っていて実際、SCに参加して話をする事によりモチベーションが上がりました。後はなるべくSCに参加をして常に大学の事を意識するように勤めた。エクセルで1年間のスケジュールをつくり単位や日程を確認。携帯のアラームで毎月1日にアラームがなるように設定してSC申込やテスト申込忘れが無い様に対応。

入学時〜3年次
基礎レポートはOCR式のものから手をつける。記述式は時間がかかる上にわからないと1歩も進めないがOCRは答えが選択式なので、とにかく埋めれば提出まで持ち込める。基礎レポが合格していないとテストも受けれないので後になるとスケジュールが厳しくなる可能性がある。5月〜8月までで3年次のレポートを全て提出(SC受講予定は提出しない)ここでかなり気分が楽に!とにかく2単位はSCで単位を修得(SCでは1度も不可はなし)テストは必修科目を優先してレポートを提出。万が一不可になったときの為にとにかく必修科目をつぶしにかかる。必修4単位以外はSCでクリアー!テストはなるべく3科目で受験(4科目以上は集中力がなくるので)後期からはゼミも追加し毎月ゼミクラスの方々に会いモチベーションアップ!この頃から大学院を意識

4年次
ほぼ必修科目を3年次にとり終えていたので、4年はなるべくSCで単位を取れる授業を選択。全部をSCでは賄えないので、科目はレポートが記述式ではなく、可能な限りOCRの科目を選択。記述式とOCRではレポート制作の手間が違う。3年次同様に夏までに全てのレポートを提出。4単位の科目は修得していなかったので、いつでもカモシュウを受けれる状態に!実際は4年次前期までに単位修得済み。卒業要綱もSC、単位ともに修了。後期はSCも5科目あったが卒業が決まるとモチベーションが下がり、結局1科目だけ出席という形で大学院受験と卒論に集中。悪戦苦闘しながら卒論を書き終え、大学院に進学も決まり卒業・・・

ざっとこんな感じで卒業しました。

通信での卒業生は2012年度は9月が300人3月は700人で(卒業式参加者は200人?)合計1000人が卒業となりました。卒業率は約50%ということですが、卒業式や謝恩会感じたのは、やはりSCで見かけた人がたくさんいたということです。自分の肌感覚ですとSC出席と卒業率は比例していると感じます。つまりSCにでればでるほど卒業しているということが言えます!

結果的に産能に入学して正解でした!その正解のポイントは
・授業料がSC、試験料込み(つまりSC受け放題)・・・自分は通学生と変わらないぐらい学校に行ったかも
・SCの開催の数(自由が丘で100近くある)・・・ほぼ毎月SCが開催されているのでスケジュールが立てやすい
・校友会が盛んである・・・色んな行事があるので色んな人と出会える!
・科目修得試験が年に6回ある
・図書館が綺麗で静か、机にコンセントもあり便利!


難点
・自由が丘の駅から遠い。
・教員免許が取れない
・食堂が若干高めで周りに食事するところが無い。
・科目修得試験のフィードバックが無い


自分が思う難点は環境の部分が大半で、内容的にはフィードバックの部分です。
人により思うところがあるでしょうが、これから通信教育で大学を目指すのであれば是非、産業能率大学を検討しても良い学校だと思います!

このブログも2年間何とか続けてこれました・・・通信で大学を卒業するのは大変ですがけして無理なことではないで、これから入学する方は是非頑張ってください!

新たな、通信教育での大学院
武蔵野大学大学院通信教育部 人間学専攻の日々〜
http://yaplog.jp/triviafactory0/
を続けていきます!興味のある方はそちらをごらんください。

今回はこの辺で!
ではでは!