失業手当を申請する前に傷病手当金が受給できるか検討しよう 藤田まこと うつ病 申請書

September 07 [Tue], 2010, 15:30




>>詳細はこちら




仕事のストレスが原因で"うつ病"になってしまったので、

会社を退職して、治療に専念したいが、経済的な不安が大きい・・・



もし、あなたがこんな悩みを抱えていて、失業手当の手続きを考えているのなら、

もう少し先に延ばした方が経済的な負担が大幅に少なくなります。



なぜならば、月給の3分2の金額を1年6カ月に渡りもらえ、

さらに、そのあと続けて失業手当をもらえる制度があるからです。





その制度とは、聞いたことがあるかもしれませんが、「傷病手当金」という制度です。

傷病手当金制度とは、病気やケガのため仕事につけなくなったときに受給できるものです。





傷病手当金制度を受給するには、「傷病手当金請求書」を社会保険事務所(又は健康保険組合)へ提出します。

しかし、医師に労務不能の期間を証明してもらったり、

欠勤期間中の給料の支払状況を記入したりと何かと面倒です。

それに、賃金台帳と出勤簿の添付も必要です。

これらに不備があると 支給が遅れたり、もらえるはずの日数より少ない日数分しかもらえなかったり、

ということもあります。



退職と同時に傷病手当金を受給するには、こちらのページを参考にして、

不備のない申請書の書き方をマスターし、

「健康保険傷病手当金請求書」をあなたの主治医の先生に書いてもらってください。



こちらのページのマニュアルを参考にして申請し、月23万円をもらった方もいます。

このマニュアルを参考にあなたも申請してみてください。



このサイトは、藤田まことさんの傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜の感想 口コミ 内容 詳細 レビューなどの情報を公開しています。


>>詳細はこちら






薬に頼らない統合失調症克服法の紹介

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

食事法でガン細胞の増殖をストップ





P R
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる