12月8日初めて西宮病院へ

December 12 [Mon], 2011, 15:50
初めて西宮病院へ行きました。

9時に予約

そのまま泌尿器科受付にいきました。


8時45分に到着


それでもけっこう患者さんがいてました。


受付に行くくと既に家内の診察券が準備されてました。


9時15分ころ、よんでくれました。


若い先生かと思いきや、けっこうおじいさんの先生でした。


腎不全になって透析するにいたった時期をまず聞かれました。


もし、移植することが決まった場合、

まず僕、ドナーの検査で1週間入院してもらうとのことで、僕は

「え!一週間も!」と思わず言ってしまいました。

「先生、仕事の都合もあるので、できるだけ最短で」

とお願いしました。

そして、入院前にはレシピアントの家内は手術する2週間前に入院して、免疫抑制剤の服用そして、抗体が強い場合は血小板の交換などを行い、ドナーである僕は、一週間前から入院して検査と採血して家内との抗体を毎日調べて、抗体のない状態にもっていくとのことです。


このまま順調よく移植ができればいいが、もしどちらかの体の都合で移植ができなければ、ただの健康診断になってしまって、保険がきかず、20〜30万円負担となるとのことで、その同意署まで書かされました。

手術後は僕は1週間の入院で家内は2週間の入院とのこと。


そのあと、先生は僕とマンツーマン対談。


家内には席をはずしてくれと


エイズ検査と肝炎の検査をしますと


僕はなにも疚しいことはしていないことを告げておきました。


先生は、「いい体格をしてますけど何かされてるんですか?」


「ボディビルをやってました。今は陸上競技の砲丸をしています。僕は県の職員なんです。ボディビルで世界チャンピオンになったこともあるんですが、」


というとびっくりされてました。

「先生、僕は筋肉が多いので、健康診断でクレアチニンの数値が1.1から1.2と過去20年間、基準値ぎりぎりなんです。でも尿や血圧は異常ありません。腎臓を1個とっらこの数値ではドナーである僕が弱るのでダメということを言われるのが不安なんです。」


というと先生は


「数値で判断しません。筋肉量が多ければ、健康な人でも数値は高値になります。ですから、こまかな検査をして腎機能の検査をしますので心配しなくてもいいですよ。」

とのこと

また「仮りに僕がタメになったら、いつになるかわからない献腎移植の登録はできるのですか?」


先生「奥さんが移植に耐えうる体と判断できれば、自動的に行うことになります。」


僕「僕がダメなら親が頼みの綱、でも父親が80過ぎており、母親も70歳代後半なのですが、年齢上、無理なんでしょうか?}


「70歳以下がのぞましいとされていますが、検査で可能と判断されれば、できますよ。でも高齢になるにつれ、腎臓も劣化するのは無理もありませんが、個人差もありますので、望みはあります。」とのこと


少しホッとしました。


そして、今日、血液の適合検査と抗体の検査のため採血をしました。


約40mlとりました。


会計すると105000円


たかが血液検査でなんと高額な


これが無駄にならないよう祈るばかり


次回は1週間後の木曜日午前9時


また朝早いです。


そのあと三ノ宮まで出向いて、みやもとむなしで食事


家内はおろしカツ定食、ごはんは食べ放題


家内はめずらしくおかわり、食欲があがってきたね。


そして、ひさしぶりにさんのみや商店街を散策


ほんと、新鮮に感じました。


来週もこのコースやね。






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:いけだとみお
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 趣味:
    ・陸上競技(砲丸)-全日本マスターズで9回優勝してます。
    ・ボディビル、筋トレ-NBBF全日本で4連覇、1996年にナチュラル世界大会も優勝してます。
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/shotput/index1_0.rdf