【 更新情報 】

スポンサードリンク

手作りショートケーキのススメ

そもそもショートケーキの定義は何なんでしょうか。ショートケーキとは、いわゆる和製英語のようなもので、外国で言っても通用しません。外国で言うショートケーキはショートブレッドともいい、サクサクしたビスケット状のものです。では日本ではなぜ「あれ」がショートケーキと呼ばれるようになったのか、というと、不二家が大正時代に日本人向けに改良し、スポンジケーキにイチゴをのせて「ショートケーキ」と銘打って発売したのが理由です。ショートケーキというとイチゴがのっているイメージがありますが、それもここから来たものだと思われます。2段か3段のスポンジケーキにフルーツが挟んであったりのせてあったりして、表面に生クリームが塗られていたらそれはショートケーキ、と呼んでしまっていいのではないでしょうか。そう考えると色々なショートケーキのバリエーションが思い浮かんできます。個人的に、ケーキ作りはぜひお子さんと一緒に楽しくやって欲しいです。スポンジケーキを作る部分が1番難しく、失敗する可能性が高い部分ですが、市販のものを買ってもいいと思います。そうすれば簡単に美味しいショートケーキが出来ます。後は基本的にデコレーションだけですからね。子供にとってはこのデコレーションが楽しいと思います。

メロンを使ったショートケーキのレシピ

次はメロンのショートケーキのレシピです。メロンはマスクメロンでもアンデスメロンでも何でもいいです。安いメロンでも十分においしく作れます。それではまずは材料から紹介します。スポンジケーキの材料は省きます。バナナのショートケーキのレシピを見て作るか、18センチのスポンジケーキを買ってきて作って下さい。メロン4分の1、生クリーム400cc、砂糖45グラム、以上になります。まずメロンは1玉を4分の1くらいにカットし、8個から10個分程度皮つきでカットします。残りのメロンは薄くスライスして冷蔵庫で冷やしておきます。生クリームに砂糖45グラムを加え、ホイッパーでよく混ぜ合わせます。出来上がりの目安は例によって上から落とした時に角が立つくらいです。ここでスポンジケーキを3等分にスライスします。底スポンジに生クリームをナイフで均一になるよう塗ります。その上にスライスしたメロンをのせていきます。この時、クリームは外周から1センチくらい開け、メロンを並べる時は中央を避けるようにすると後でカットしやすくなります。メロンの上からさらに生クリームをのせ、ナイフで均一にします。その上にスポンジケーキをのせ、また同じようにメロンと生クリームを挟みます。その上に最後のスポンジをのせます。上部と側面をに生クリームを均一になるように塗っていきます。この際クリームは少し残るようにしておきます。これを袋に入れて口金をつけ、ケーキ上部に絞ってデコレーションしていきます。その上に残りのメロンをのせます。これを冷蔵庫で30分程度冷やし、完成です。最後は温めた包丁できれいに切り分けましょう。

桃を使ったショートケーキのレシピその2

底スポンジに生クリームをのせ、ナイフで均一に広げていきます。その上にしっかり水分を切ったフルーツの缶詰の中身を並べます。その上に更にクリームをのせ、ナイフで平らにします。その上に中スポンジをのせ、また同じ作業をします。上スポンジにシロップを塗り、それを1番上にのせます。その上に生クリームを塗り、上面、側面を生クリームで真っ白にします。これを1度冷蔵庫に入れて冷やします。残った生クリームもついでに冷蔵庫に入れましょう。冷蔵庫で冷やしたケーキを取り出し、残った生クリームをひとすくい程度のせ、ナイフで均等にします。この際、上面は厚めに、側面は薄めに塗っていくことがコツです。仕上げにナイフのギザギザの部分で上面に模様をつけます。この状態でももうケーキは切ってしまいます。四等分でも八等分でもお好みで。ちなみにナイフはお湯で少し温めておくとすっと切れます。豆知識ですね。もしあれば絞り袋に口金をセットし、切ったケーキに生クリームでデコレーションをすると良いでしょう。最後にキッチンペーパーで水気を切った桃をのせ、お好みでミントの葉などを乗せて完成です。このケーキを作る上でのコツは、最後のデコレーションを切ってから行う、というところです。そうするとグチャグチャに崩れることなく、デコレーションも、桃も美しい状態で楽しむことが出来ます。ミントは涼しげになるのでぜひのせて欲しいですね。

桃を使ったショートケーキのレシピその1

次に桃を使ったショートケーキのレシピです。桃は初夏の果物ですので、ぜひその時期に作って頂きたいケーキになります。スポンジケーキの作り方はバナナのショートケーキのレシピで紹介したので、ここでは省略します。スポンジケーキは市販されているものを使っても構いません。時間と手間の短縮になります。ではスポンジケーキがある、という状態での材料は以下の通りです。生クリーム300グラム、砂糖45グラム、桃2個、フルーツ缶詰(お好みで何でもOK)1缶、砂糖50グラム、水100cc、ブランデー大さじ1、レモン1個分の絞り汁、水100cc、砂糖85グラム。まず、砂糖50グラム、水100cc、ブランデー大さじ1を鍋に入れ煮て、粗熱を取っておきます。これはシロップになります。レモン果汁、水10cc、砂糖85グラムも別の鍋で煮て粗熱を取ります。これは褐変防止用です。スポンジは3枚にスライスしておきます。底スポンジの両面にシロップを塗り、大きなお皿などにのせます。中スポンジにもシロップを塗ります。生クリームをホイッパーで泡立て、砂糖を加えますて更に混ぜます。完成の目安はホイッパーを上に持ち上げた時に角を立てて落ちていく状態です。

バナナを使ったショートケーキのレシピ

ショートケーキといったらいちご、と思い浮かべる人も多いと思いますが、ここではいちご以外のものを使ったショートケーキの作り方を色々紹介していきたいと思っています。まずはバナナを使ったショートケーキのレシピです。まず準備するものは以下の通りです。卵を3つ、砂糖90グラム、薄力粉90グラム、バター30グラム、水60cc、砂糖25グラム、ブランデー30cc、バナナ2本、レモン汁2分の1個分、生クリーム300cc、砂糖32グラム、18センチの型、以上です。作り方ですが、まずボールに卵を割り入れて砂糖(90グラム)を加えます。それを40度程度のお湯で湯せんにかけながら砂糖が溶けるまで混ぜます。溶けたら湯せんから上げ、ホイッパーを使って白くふわっとするまで混ぜます。目安は生地をすくうとリボンのようになって落ちる状態です。ここにふるった薄力粉を混ぜてさっくり混ぜ合わせます。最後に全部溶かした状態のバターを入れて手早く混ぜます。次にオーブンシートを敷いた型にこの生地を流し、型を少し高い位置から落とします。オーブンの温度は170℃から180℃程度で、30分焼きます。スポンジケーキが焼けたら上に湿ったふきんをかぶせて冷ましておきます。ある程度冷めたらスポンジケーキを横半分に切ります。次に砂糖(25グラム)と水とブランデーを混ぜ、シロップを作ります。生クリームには砂糖(32グラム)を加えて八文くらいに立てておきます。バナナは1センチくらいの厚さに切ってレモン汁をふりかけます。1枚目のスポンジケーキにシロップをはけで塗り、パレットナイフで薄く生クリームを塗ります。その上にバナナを並べてさらに生クリームを塗ります。バナナはたっぷりめにのせた方が美味しいです。2枚目のスポンジケーキにもシロップを塗り、上に生クリームを塗ります。はみ出した生クリームは側面に塗って一面生クリームにします。ケーキの表面には更にバナナをのせます。これを冷蔵庫で冷やせば完成です。
P R