(無題) 

August 05 [Sun], 2007, 0:43
歩幅は違うはずなのに、おんなじ速度で歩けてしまう。
こんな小さなことに気付いてしまったり、それを嬉しく思ったり。
相当のぼせている証拠だろうな。
でももう少し酔っていたい。
何もかも知らないふりして空惚けて、ゆっくり終らせていけばいい。

***

栄口くん視点で水栄。相変わらず誰の話か分かったもんじゃない。あらいやだ!
栄口くんはフミキのこと「すきだなぁ」と気付けても、気付いた時点から終らせようとしそうだなぁ、と。
成就することは無いって確信してそう。
あと失うのを恐れて得ようとしない人。
そして現状維持派。

なつのおわりのひとりごと 

July 31 [Tue], 2007, 1:07
もっと一緒に野球がしたかった
まだ教えてほしいことがたくさんあった
グランドに行けば毎日会えると思っていたのに
理由なんてなくても会えたのに

なのに、なんで、


出会う為に別れて
得る為に棄てる

生きていくなかでの必然が
こんなに残酷なものだったなんて。

***
私はそれでも3年間で引退、卒業って期限がついてることは大事だと思います。
限りがあるから大切で、終りがあるから愛しいものだと。

しまじんのつもりが全然誰の呟きかわからない…orz
迅は崖っぷちに立たないと自分の気持ちに気付かない子だよ!

超今更ネタ… 

July 23 [Mon], 2007, 23:58
7/7の利央と準太の会話

利「雨降ってる…」
準「それが?」
利「今日七夕!織姫と彦星会えないじゃん!」
準「オマエ馬鹿?何で星の話なのに地球の天候が関わんだよ」
利「!」
準「大体アルタイとベガは16光年も離れた場所にあんだぞ?1年に1回のペースで会えるかっつの」
利「準サンなんか大嫌いだ!」

***
送信し忘れてたんだけど折角だから上げちゃう。今更すぎ?
準太は利央が流れ星に願い事するの見て「宇宙のゴミに何を叶えてもらう気だ」とか言う。超ドライ!
と見せかけて星の名前知ってるくらいだし実メルヘンチストなんだよ!

(無題) 

June 21 [Thu], 2007, 0:07
ぽっかり満月が出た夜だった。
一緒に帰っていた後輩が言った。
「知ってますか?満月の日が一番交通事故多いんすよ」
「へえ、なんでだろな?」
月を眺めながら、もしかして、月に見とれて前方不注意で…なんてな、と考えてた。
「満月は人を狂わせるから」
その時やっと榛名の視線に気が付いた。
「はは、」
「いやマジに。科学的にも説明できるらしいし。月から人を狂わせる何かが出るとか。」

嘘くせぇ、と笑ったらホントみたいスよ、と言って影が落ちてきた。

仕方ないから俺も狂うことにした。

(無題) 

May 23 [Wed], 2007, 21:45
いつか上手に嘘が吐けるようになったら
言ってみてもいいかもしれない


すきだすきだよあいしてる!



***

そう言ったあと笑って嘘だよ馬鹿って言えるまでは内緒にしとくのがいい。
と思ってる加具山さん。
これ今までで最短かな?
もっと短いの頑張ってみるか!(頑張る場所を間違えてます)

Weep・Sob・ Wail・Cry 

April 24 [Tue], 2007, 23:32
吐き気がして目が覚めた。胃に違和感。身体が熱いのに寒い。頭痛も少し。地球が有り得ないスピードで自転してる気がする。多分風邪だ。胃から何かが突き上げてくる。とりあえず洗面器が恋しい。

額に手をやると指先がこめかみの辺りに触れて脈を感じる。弱い弱い刺激で、血の流れを伝えてくる。うっとおしいな。
突然全部が嫌になった。何か嫌だ。泣きたくなった。啼きたくなった。哭きたくなった。
仕方ないから枕に顔を埋めて涕いた。
情緒不安定?。
ふと浮かんだ顔があいつだったのが気に入らない。

***
陰気栄口。誰か解らんくらいが丁度いい。

絶対等級 

March 31 [Sat], 2007, 0:53
ねぇ気付いて。
6等星がぼやけて見えるのは光が弱いからじゃない。
遠く離れているだけ。
−26.8等星の太陽だって絶対等級に直してしまえば4.8等星なんだってさ。
大丈夫。自分の持っている光はあいつにだってひけをとらないはず。

ただ、マウンドが遠い。


だから俺は6等星。だから豆電球ひとつぶんの光。


----
絶対等級:地球から32.6光年の位置に全ての星を並べて明るさを比べたと仮定した時の順位。
1等星は豆電球100コ分の光。それより明るい光はマイナスで表す。

加具山さんが実際持ってる光はすごいもんだって信じてる!

(無題) 

March 29 [Thu], 2007, 12:52
いつもいちいちいまをいき
ろうばいするはろうのろうば
はらにはらんをはらんでは
にくいにくいとにじりよる
ほのかなほのほほかにほり
へんけんへきえきへこきうた
ともにとるともとらぬとも
ちはちであらいちりまする
りんりもりあいでりあげらり
ぬいしぬいこもぬかれぬく
をんあびらうんけんそわかをわります







----
とくに意味はなく。
手持無沙汰のことばあそび。

アラジン(文貴の独り言) 

March 24 [Sat], 2007, 10:35
ねーねー聞いて!昨日ジーニーに会ったんだ!願い事1つ叶えてやるって言われた!おかしくない?普通3つだよね?でもゼータク言えないし、1つだけお願いしたんだ。
俺があいつをすきでもおかしくない世界にしてって。
そしたらそれは出来ないって言われたんだ。なんでって聞いたら、それは当たり前の事で、今すでにここはそんな世界だから、だって!
すきでいてもおかしくないんだと思えたらあいつに会いたくなって、早く朝にして下さいって頼んだ。


ジーニーは消えて、朝がきてた。
これが自分に都合のいい夢を見てただけかどうかは誰にも分かんないよね!

ちょっと説明 

March 21 [Wed], 2007, 12:30
この1年ほんとにちっとも更新しないってのはちょっと寂しいのでなんか読み物的なものとか、考察みたいなのとかをここでちょこちょこあげていけたらなぁ、とか考えてます。
ただわたしのケータイは250文字しか送信出来ないんですよね。
もうこの際250文字以内で何ができるかやってみようかな、と(^_^;)
250文字に抑えらんなかったら連載ちっくにしちゃうかもですが。

まぁぼちぼち頑張ります〜
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:short-short
読者になる
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる