闘痔の旅 

November 17 [Thu], 2005, 12:27
DVD第二巻収録最後の企画は『闘痔の旅 』

サイコロ1で大泉さんの「僕、痔なんです。」と告白から
始まった企画です。

これも最初は痔??
うーん、、なんだかなーって感じで
ほとんど流し見でした。
でも札幌〜どんどん南下し本州まで車で移動。
しかもタレント本人の運転。
変な企画ー!って印象でした。



これもMXどうでしょうクラシックで二度目の鑑賞。
やはり二度目が全然面白い!
わけもわからず無理な事をディレクターが指示をして
明らかに海の風呂に入るって
いやー面白い。初期の名作です。

以上がDVD第二巻でした。
こうして改めて見るとDVD第二巻は初期作品が
ギュッっとまとまってますね。

大泉さん&鈴井さんが入られた温泉
平田内温泉露天風呂
水無海浜温泉

粗大ゴミで家を作ろう 

November 15 [Tue], 2005, 12:34
粗大ゴミで家を作ろう

最初見たときはどうでしょうが旅番組が基本って知らなかったので
いろんな事やってるな〜って思った。
でもやはり面白さが分からなかった。
どっちかというとつまらない印象。



2回目を見たのはMXを録画して見た。
別の意味で色々面白い。
ミスターのはしゃぎっぷりは結構笑える。
どうでしょうの歴史からはやはり外せないと思う。


宮の森ってたぶんこの辺かな?
宮の森公園:ロケーション
http://www.livio33park.com/

サイコロ1について 

November 15 [Tue], 2005, 1:05
DVD全集 第2弾から「サイコロ1」の感想
これはベトナムの後に見たのですが
正直へんな二人組みがやたらとはしゃいで
主に深夜バスを乗って移動して。微妙だなこの二人組。と
思いつつもでもなんだか妙なトークが面白くなってきて。
最後はすっかり見慣れた顔に。




これも先日MXでの再放送で見直してみたら
これが笑える。
分かってても笑える。

まさに原点。

冒頭の
「今後、永きに渡って続く
出演者2人
ディレクター2人の
男4人の果てしない旅が
スタートしたのである。」

の言葉がずしっと心に来た。
全ての旅を見終わっている今。
余計この言葉の重みを感じた。
旅の始まりです。

サイコロ1ゆかりの地
道後温泉本館
http://www.city.matsuyama.ehime.jp/

謎のまち 臼杵(大分)
http://www.usuki-kanko.com/

新大阪駅
http://www.jr-odekake.net/

寝台急行「きたぐに」
http://www.jr-odekake.net/

原付 ベトナム縦断1800キロについて 

November 14 [Mon], 2005, 0:37
DVD第一弾の「原付 ベトナム縦断1800キロ」
どうでしょうを初めて見たのがベトナム。

初回見て正直な感想は面白いけどよく分からない。
なんで先頭の人はあんまり喋らないんだ。
変な笑い声で笑うのは誰なんだ??
最後感動のシーンなのにちっとも感動をメインにしていないのは何故?
初めて見たのが最終回って?!

と数え切れないくらいのなぞにつつまれ見終わりました。
とにかく分からないことだらけで良く喋る人はたしかに面白いけど
なんだかなーって感じでした。



そして現時点での感想。
初めて見るのはベトナムで正解。
祭会場(注1)でながれたラストラン。うっかり泣いた。
先日見直したらまた泣いた。
結論から言うと最初見て全部見た後に
もう一度見返す。
全てを知った後に見るラストランは格別なものでした。

※先日気づいたのですがどうでしょう的には「ベトナム」は
異色作品であることに気づきました。



注1:『水曜どうでしょう祭』 UNITE 2005 in Sapporo Makomanai Arena & Stadium
  開催日:2005年10月14日〜16日
  公式サイト:http://www.htb.co.jp/suidou/matsuri/

はじめに 

November 13 [Sun], 2005, 21:22
□Blogについて
・現在yaplogをはじめたばかりなので
 用意されているテンプレートを暫定使用中です。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shoprobinson
読者になる
Yapme!一覧
読者になる