テーラーメイド rbz stage2打つには適さない打ち方だ      

June 21 [Fri], 2013, 18:24

  
   その右肘が ダウン・スイングでは 脇腹に落ちてくるように動く訳だ。
  
  そうすることによって 大きな弧のスイングでクラブを振ることが出来る訳だが、テーラーメイド rbz stage2パワーを必要とするフル・スイングのショットにおいてはそうした形になるのが 必然であるとも言える。一方、右肘を脇腹から離さないようにバック・タイトリスト913 D3ドライバースイングをしても ボールを打つことは出来るが、クラブをピックアップするような形になって スイングの弧が小さくなるから力強いボールを打つには適さない打ち方だ。
  
  従って、右肘を 体から離さないでクラブを振る打ち方は ゴルフの入門書や教科書などでは あまり 紹介されることのないものである。しかし、テーラーメイド rbz ロケットボールズ ステージ2 ドライバーコンパクトなスイングでボールを クリーンに打ち易く、ゴルフクラブ人気また、パワーを殺し易い打ち方だから 逆に 短い距離のショット、例えば、ウェッジのコントロール・ショットなどには極めて適したテクニックなのだ。 タイトリスト913 D3両肘が体から離れないようにスイングをする練習法として、タオルをわきの下に挟んでスイングするという方法があるが、石川遼選手も 試合前の練習に良く取り入れているもので、以下のようなイメージでショットをするものである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fjsdfhsdu
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/shoppinggolfes/index1_0.rdf