カルティエから新作ブランド激安バッグコレクションが誕生 - 20世紀のアー

June 05 [Thu], 2014, 23:11
カルティエから新作ブランド激安バッグコレクションが誕生 - 20世紀のアー2014年6月6日(金)、カルティエ(Cartier)からバッグの最新作コレクション「ジャンヌ トゥーサン」と「ルイ カルティエ」が発売される。
ジャンヌ・トゥーサンとルイ・カルティエは、20世紀初頭にメゾンの礎を築き、カルティエのスタイルを確立させた、メゾンを象徴する人物。新作はこの2人の人物をモデルにし、彼らの感性が息づく作品として誕生した。
イバッグはカルティエで1920年頃から開発さブランド激安 れており、ジュエリーメゾンとしては初めて、バッグのコレクションを発表した。ジャンヌ・トゥーサンは、バッグ製作のパイオニアであり、ルイ・カルティエのミューズであり、1930年代にジュエリー部門を最高責任者として任されていた人物だ。独特で飛び抜けた感性を持ちその立ち振る舞いから“パンテール(豹)”と呼ばれた女性でもある。そして“パンテール”のモチーフは、今もカルティエを象徴するブランドのアイコンである。
エトヴァス ボネゲ(Etw.Vonneguet) 2014年春夏コレクションが、渋谷ファッションフェスティバルのメイン会場である宮下公園で発表された。今季テーマに掲げたのは「SPICE OF SENCE」
デザイナーのオルガは「"SPICE OF SENCE"というテーマに直線的なイメージがあった」と語る。その膨らむイメージを、ビビッドな色合いが出せるデジタルプリントを用いることによって、洋服に表現した。そこには、近年デジタルツールを使った服作りへ挑戦しているブランドの魅力がしっかりと見て取れる。
淡いネオンの光が、あるいは水に溶けた絵具が入り混じったようなカラーパレットがショーの序盤を支配する。それらが直線的にプリントされ交錯する様子は、時にチェルイヴィトンコピーック柄のような表情ものぞかせた。ジャカードや手編みではなかなか表現し得ないこの色使いは、デジタルツールを積極的に駆使するエトヴァス ボネゲの十八番。それらの柄がプリントされたTシャツやスウェットは、どれもビッグシルエットなパターンで描かれ、性差を感じさせないデザインだ。
中盤からはモノトーンなルックが姿を見せはじめる。裾が長いバイカーズジャケットや、絶妙な丈感がエッジィなブルゾンにはスポーティなメッシュ素材を用いて、春夏らしく軽やかに。メッシュ素材からシャツ生地をクロスさせて縫い付け首からスクエアのアクセサリーを身につければ、幾何学的なラインと雰囲気が生まれる。そしてラスト2ルックを飾ったのは、アート作品のオブジェを思わせるドレス。その一つには腕を通す袖が無く、まるで着ることへの本質を考えさせられる。
リリースに綴られていたのは、「私たちは新たな刺激に飢えている。自分という本質に、何かをプラスする刺激に飢えている。昨日の自分から、また少し違う自分になるために自分の姿を追い求めて、着飾っていく、自分を失わないように。」という詩。現代の文明社会に生る人々の「着る」という行為の本質を問い、奥の方に隠れて潜む、その行為の根源的な魅力をコレクションに落とし込んだ。
またショー途中、エトヴァス ボネゲが主催した「CREATOR AUDITION vol.1」の採用者である、劇団「子供巨人」の役者・益山寛司がダンスを披露。バレエダンスから繰り広げられる自由自在な動きと、着用していたオルガ自身が染めたという一点物のシルクのトップスは見る者を魅了した。
「毎シーズンショーはやるんですけど、発表するにあたって色々な才能やアイディアを持った人と一緒にやりたいという想いがあります。私たちも刺激が欲しくてスパイスを探していました」とオルガが語るように、「CREATOR AUDITION」では一緒にやりたいという人をジャンルレスに募集したという。
2014年、ブランドにとって重要なふたりの名を冠した2つのコレクションが誕生。新作コレクションの「ジャンヌ トゥーサン」はレディース、「ルイ カルティエ」はメンズ向け名刺入れ激安として展開される。このふたつのコレクションはブランドのアーカイブにインスパイアされたデザインが象徴的。1999年にカルティエ クリエーションスタジオで誕生したスタンプの復刻をはじめ、クラシカルなフォルム、ディテールなどから見て取れる。
ジュエリーやウォッチで発揮される、メゾンの美しさの追及や細部へのこだわりは、バッグの製作においても変わることなく、随所に生かされている。素材として、フランスとイタリアの最高のなめし革職人により加工が施されたレザーを使用しており、全てフランスまたはイタリア製。熟練の職人が伝統の手法を守りながら裁断、縫製、ステッチ、型取り、磨き、染を行い最高級のレザーの魅力を引出している。
レディースの「ジャンヌ トゥーサン」コレクションには、チェーンバッグやショルダーストラップのついたミニトートなど実用性と美しさを兼ね備えたラインナップで展開されており、またメンズの「ルイ カルティエ」コレクションには、ビジネスシーンを上質にするドキュメントホルダーやメッセンジコインケース激安ャー、ドラム型がアイコニックな24アワーズなど洗練されたバッグがそろう。
ブランドのヒストリーとエレガンス、品質へのこだわりを継承し、体現した新らしい2つのコレクションに注目だ。http://shoppingonjp.seesaa.net/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shoplvbagjp
読者になる
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる