西加奈子 

November 19 [Sun], 2017, 15:27
西加奈子にハマりにハマってマス。
『まく子』から始まった西加奈子ブーム。
好きになると続けて読んじゃう病が発病しつつあるのだけど。
西加奈子。
ヤバイす。ピンポイントで突いてくる。

時間を忘れて読書する感覚はとても好き。
今、勉強でテキストをコンスタントに読んでるけれど、どれだけ興味があることでも小説みたいにのめり込んで読むなんて事はないからね。そういう種類の活字ではない。
ましや全然興味が無い分野ともなると…修行的。苦笑

でも相変わらず真面目なので。ちゃんと読むしちゃんと理解しようとします。
きっと卒業する頃にはウンチクちゃんになってると思う。

読書ブームがやって来ているので、ここのトコロ映画に行ってない。
やりたい事はイロイロあっても、時間は限られているものね。仕方ない。

ところで、私の勉強生活。
最近チョットした法則を見つけた。

私と同年代からそれ以上の人に「今、勉強してる」と言うと、なんかね、こう…ショッパイリアクションなのですよ。
「いい年してなにやってんの?」みたいな。
こないだ「今、何かあたらしいことしてる?」て聞かれたから「勉強してる。」って答えたら、「何の勉強してるの?」と聞かれたから「発達心理学」と答えたら、突然鼻白んだじゃったらしくて「心理学とかはやってるよね。」と言って話しを終了されてしまいました。
んで、答えたことをメッチャ後悔した。
別に流行りとか関係ないし、なんかその言葉の裏に無数の否定的な感情が透けて見えてコッチも萎えた。

でも。ワタクシ、ウソつくのが苦手でして。
とはいえ、別に話さなくちゃイケナイコトではないのだからバカ正直に答えなくたって良いんだったな。と。
「新しいことしてる?」って聞かれたら「んー、特にないかなー。」とか言って「そっちは?」なんて質問を質問で返しちゃったりすれば良いのだわ、きっと。

ちなみに、私は自分から勉強を始めたとかの話題を出すことはない。
今回の勉強に関する「聞いて聞いて!」的なコトは、ネットに穴を掘ってつぶやいたり、あと家族に話しておしまい。

オンデマンドで取ってる授業の先生が途中から急に老け込んだコトとか(なにがあったの。●●先生!)レポートの添削に書いてあった嬉しかったコトとか。そういう事。

まぁ、そんなんでリアルな友達では聞かれない限り言わないし、言ったところで聞かれてもいないことをグイグイ言ったりもしないけど。
おしなべて私より年齢が上の人は、この年齢で学ぶコトに対して「ふーーん。」みたいなそんなリアクション。
いっぽう、私より年下の人達は割りと興味深々といった雰囲気。

これって、過ぎた年齢(過去)と、これから迎える年齢(未来)の違いなのかな、とも思ったり。

まー、とにもかくにも本ばっかり読んでる日々ってコトであります。
西加奈子とテキストの日々。

毛玉とり 

November 16 [Thu], 2017, 18:19

ダイソーで買った毛玉取りが楽し過ぎる。
相撲を見ながら冬の服を1枚づつ取り出して来て毛玉を取ったり繕い物をしたりしているんだけども。
ダンゼン毛玉取りが楽しい。
それにしてもこの毛玉取り機、エッて思うくらい取れるよ。
なんなら生地が薄くなってかねないねってくらい取れるよ。

まだ本丸のセーターはやってないんだよなー。
セーターだと毛糸も引っ張り込んじゃって切れたりするんかしら。

去年まで毛玉取りといえばハサミでチョキチョキやってたんだけども、こんなに取れるなら早く買えばよかった。
100円なんだし。

それにしても、テレビ見ながら毛玉とりって猿みたいだね。
冬の猿。

単純 

November 13 [Mon], 2017, 18:20
秋入学でスタートした勉強。
毎日コツコツと続いてマス。
ガッツリ出来る日は、週に2日くらいしかないのだけど。
でもそれ以外の日も、チョットでも良いから隙間にやる。毎日やる。
テキストを読んだりミニテストをやったり。
あとはレポートのネタ探しとか。
とにかく、どんな形でも『毎日やる』。

真面目デス。

先日、50点で返却されたレポートを木曜日の夜に再提出したら、日曜日の夜に戻って来た。
先生、日曜日も出勤してるんかしら。
レポートは、返却まで2週間は見て欲しいと言われてたから3日で返って来て驚いた。

オマケにとても嬉しいコメントと共に80点で合格。
やった。

まだまだ詰めが甘い部分がありつつのマイナス20点なのだけど、この科目はまだあと2つレポートを出さないとイケナイんで…残りのレポートは満点目指して頑張りマッス

今日はザッとまとめてあった2000文字のレポート1本の仕上げと、ミニテスト1つ。
ミニテストは何回間違えても良いのだけど、ミニテストをクリアして行かないと単位認定テストに辿り着けない…というシステムなんで、まさにコツコツと。

今日のミニテストは85点で1発クリア。
『何度間違えても良い』と言われても履歴が成績表に残るんよねー。
英語はかなり苦戦してミニテストで45点2回も出しちゃったケドさ、やっぱりカッコ悪いもんな。
だって30問中5問リスニング問題があるんだけどね、30問を15分で解けって言うんだよ。
リスニング5問だけで余裕で10分経つよ。
だって1回じゃ聴き取れないんだもん。笑
2回3回リプレイしてようやく聴き取れて…なんて、やってたら完全に時間切れ。
そこでようやく学習しまして。
リスニング5問は捨ててまずは筆記から攻略。余った時間でリスニング作戦で後半は何とかクリア。
もう耳がヤバイすよ。おばさんだからね。

それにしても。
思い出したんだけど、勉強が好きだった中学生までのワタシってこんな感じだったなーって。
成績表に『5』を並べることに燃えてたんだった。
スタンプラリーみたいな感覚で。
5がたくさんだと嬉しい。みたいな単純にそれだけなんだけど。

んじゃ、そのためだけに真面目にやってるのか。と言われたら…それだけじゃないんだけど…でもなんだろねー。
私の場合、多分成績がつかないとなるとヤル気が全然違う気がする。

単純なんだな。きっと。

お寺と海 

November 13 [Mon], 2017, 7:45

ポカポカ天気に誘われて、久しぶりに夫にくっ付いてサイクリング。
北鎌倉から鎌倉に抜けて、海沿いを鵠沼までぐるっと一周。
北鎌倉の長寿寺は春と秋に特別公開がある。
庭が本当に素敵で、毎年来てしまう。
今年は珍しく夫と一緒に来た。

夫はお寺とか全く興味が無いので、1度行ったトコロはもう行かない。
長寿寺は『行ったことが無いお寺』だったのと、私が『凄く素敵なんだよ。』と言った事で『じゃあ見に行ってみるか。』的なな気分になったぽい。

感想は
『思ったより良かった。』
だそうです。笑

まだ鎌倉は紅葉には早くて、鎌倉の中でも先陣を切って色付く円覚寺の正門の紅葉がウッスラ色付き始めた程度。
本格的な見ごろはあと2、3週間先かな。

テレビなんかでも特集し始めると鎌倉は紫陽花の時と同じくらい人で溢れかえるんで、特別公開なんかはこの時期に行くとユックリのんびり見る事が出来る。

夏も大好きだけど、冬に向かって空気が締まって行くこの季節もとても好き。

お寺の後は134号沿いを鵠沼まで。
このところ夫が足繁く通っているおにぎり屋さんが鵠沼にあって、昨日はそこのおにぎりと、鎌倉六地蔵のパン屋さんのパンでお昼ごはん。
キラッキラの海を見ながらコンビニのカフェラテとおにぎりとパン。

秋は良いねぇ。

子ども 

November 09 [Thu], 2017, 22:01
チビッコ教室、体験クラスもいよいよ佳境。今日は3組の親子があそびに来てくれた。
ポッカポカの太陽のもと、お母さんたちもリラックスした顔で子ども達とあそんだり、お母さん同士でお喋りしたり。
やっぱり太陽は最強。

ありがたいなーとしみじみ思うのは、毎年8割以上が卒会生や在会生の紹介からの入会というコト。
ウチのドアを開ける前から好意的な目で見てくれていて、 体験に来る時は『あとはこの目で確かめるだけ。』という気持ちで来て頂けているので、ココは本当にありがたい。

体験クラスが終わってすぐに『入会します。』の連絡を頂いたり、帰り際に『私が楽しかったです!』なんてピッカリ笑顔で言われると凄く嬉しいし、また明日からの力にもなる。

プライベートだとランチも面倒臭くて腰が重くなるくせに、やっぱり私は人と会う仕事が好きだなぁ。と改めて思う。

そして子どもはもっと好き。

でも、実は外で『子どもが好き』という言葉を言わないようにしてる。

なんとなくね。
この仕事してるのに敢えてそんなコト、口に出して言うようなコトじゃないとも思うし。
『子どもが好き。』って口に出すと、言ったそばから『そう言うんじゃなくて。』て、なんか言葉が足りないような気持ちになる。

だから外で人に向かって『子どもが好き』とは言わないのだけど。

でも、まぁ、ココは『王様の耳はロバの耳』の穴だからね。
言っちゃうけど。笑

子どもは特別なパワーを持ってる。
命の塊。

キラキラして、ツヤツヤして、熱い。

また。来春に来る小さな子たち。
続々とカワイイ顔を見せに来てくれてマス。

シアワセなコトやね。

認証欲求 

November 08 [Wed], 2017, 8:34
ハタで見ていて心底気持ち悪いなーと思うのは、自分の認証欲求を満たすために、人からお金を引き出そうとする人。

ストレートに『楽して稼ぎたい』という理由で詐欺まがいな事でお金を引っ張る人もいるけれど、コレは解りやすいから引っかかる人もそんなにたくさんいないだろうと思う。

面倒なのは『欲しいのはお金じゃなくて、人様に認められるコト』というタイプ。
商品に付加価値を付けて、自分を等身大以上に大きく見せて、相場以上の値段で商品を売る。
その『相場以上のお金を支払ってくれる人=自分の付加価値を認めてくれた人』。
相場との差額が自分の価値であり、それを買ってくれる人数が自分の価値を支持してくれている分量。
それで認証欲求が満たされるワケだ。
目に見える『目盛り』

SNSの投稿に『』がたくさんつくことに夢中になるのと全く同じメンタリティだと思う。

ただ、SNSの投稿は完全に自己満足の世界なので実害は無い。
でも、自己満足のために人からお金を引き出すのは少し話しが違って来る。

教祖のオーラを磨いて、教義を教えて、相場以上の値段で壺を売るのと全く同じだ。

やればやるほど満たされるし、そもそものターゲットがお金ではないから、本人に詐欺まがいの事をやってる自覚が無い。

世間を知らないって恐ろしいことだと思う。
社会人経験の少ない同じような仲間に囲まれて、仲間内でお金をやり取りしているウチは良いけれど。
素で騙される人が出て来ると取り返しがつかないし、ましてや友人知人にやり始めたらお終いだろうと思う。

でも。
そういうのって、まともな人は引っかからないし、嫌悪感を持つだろうからね。
気付いたら、今まで築き上げて来た人間関係が無くなっているんだよ。
残るは同じ穴のムジナばかり。

こういうキラキラ商売って、いつの世にもあるけれど。
無くならないね、ホント。

私は特に『健康』を付加価値にして相場以上のモノを売る『健康商法』が大嫌いだ。

ガンが消える、アレルギーが治る、肌がキレイになる、痩せる…。
お決まりのキーワードだけど、コレに引っ掛かってしまう人は少なくない。
なぜなら、人の弱点だから。

私はこういうのとは全力で距離を置くけどね。

スクーリング 

November 04 [Sat], 2017, 9:35
本日スクーリング。
はるばる三鷹まで。Door to doorで2時間。遠いな。
でも休日だから座って行けるのだよね。
コレは大きい。
夫や息子の通勤通学もさ、座って往復できたらどんなに良いだろなぁ…と。
立って1時間以上っていうだけでも大変なのに、しかーも満員電車。
ギューギュー詰め。
大変だよね…ホント。

んで、肝心の授業。
本日は2コマ。2限目まででおしまい。
ワタシね、いわゆる『授業』て割と好きなのですよ。
自動車教習所の授業でさえ真剣に聞いてしまう真面目さが裏目に出て、免許を取ってしばくはビデオで見せられる路地から子どもがバタッと倒れて来て轢き殺して人生メチャメチャみたいなのが脳裏に焼き付いちゃって細い道が恐くて走れないマンだったりしました。

今日は導入の授業で、通信制の学びを完走する肝となる『論文』や『レポート』の書き方、作法、テーマ決めの手法なんかのテクニック。
学科の授業ではなかったのだけど、コレはコレでとても良かった。

先日50点で返って来たレポートの問題点とか修正点が小っ恥ずかしくなるほど理解出来て、もうなんなら今すぐ書き直したい。
つーかもう書くよ。ジャンジャン書くよ。

学食もちゃっかり行きました。
こちらは大したインパクトは無し。
学食は特に雰囲気が良いとかでも無かったから、次回は美味しいパンでも買って来て外で食べようかな。
むしろ外のベンチの方が気持ち良い。

でもさすが学食。
カレー310円。安っ。

でも移動で往復4時間はもったいないよなー。その時間でレポートの1本も書けるもんなぁ。
スクーリングに代わるオンデマンドで視聴出来るメディア授業があるのどけど、もしかしたら私はそっちの方が合ってるのかもしれないなぁ。と思ったり。

スクーリングは直に聞きたい学科に絞っても良いのかも。

褒められて伸びマス。 

November 03 [Fri], 2017, 17:55
学校のレポート。
1本目が奇跡の95点で調子づいておりましたが。2本目のレポートは50点不合格で真っ赤に染まって帰って来ました
なんかアレよねー。
添削部分読んでると、自分の無能さを指摘されてるみたいで小っ恥ずかしくなるわね。
しかーもレポートって、なんかこう文体が『つまり〜である。』的な解った風な感じで書いてるワケでして。
それがですよ。全然的外れですよ的な指摘が来ると相当恥ずかしいすね。

でもポジティブに考えると、ですよ。
説明会で『レポートは最低でも1回は返されると思っていた方が良い。』て言われていた事を考えると…60点合格なのだから、50点て言うのは『イイ線行ってますよ点』なのでは。という風にも考えられるね。

先生の最後のコメントは
『略)〜直した箇所をよく見て修正に取り組んで下さい。大変だと思いますが、頑張って下さいね。次のレポートを楽しみにしています。』とありました。

褒められて伸びるタイプですので、先生の期待に添えるように次は90点越え狙って再提出したいと思いマス

がんばる。

スタンダードの定義がそもそも違う。 

October 30 [Mon], 2017, 9:32
今朝、目についた朝日新聞の記事。
授業・生活指導…「一律に」 学校現場で広がるスタンダード

こういうの見るとフツフツと
『へんなの。へんなのへんなの変なの!』と。
理不尽さに対する怒りが湧いて来てしまうのデス。

だいたいにして、なんだってこう『マニュアル化』したがるんだろう。

学校の指導しとて
『あいさつ、へんじ、ことばづかい』
は解る。
解るし、家族以外の関係性を学べる学校で指導してもらえるのは有り難い。

でも『筆箱の中身は「Bか2Bのえんぴつ5本」「無地の下敷き1枚」』
て、こんなの必要?
上に挙げた『教育の指導』とは明らかに毛色の違う指導だと思う。

学校にはこれに代表される『なんでそんな事を学校が決める必要があるの?』という事が物凄くたくさんある。

・シャーペンは使ってはいけない。
・机の上における筆箱の位置。
・低学年の図工における絵画にて。絵の具を混ぜてはイケナイ。
・4年生の体育にて。下着を着てはイケナイ。
・上履きの名前をローマ字で書いてはイケナイ。
・教科書を学校に置いて帰ってはイケナイ。

今、巷で話題になっている『生まれつき髪の色素が薄い子は黒く染めなくてはイケナイ。』も全く同じだと思うのだけど。

なんでこんな事まで学校が管理する必要があるのだろう。
こんな馬鹿げた指導を守る子が『良い子』と評価される場所で、少なくとも9年間(場合によっては12年間)も過ごさなくちゃイケナイんだから子ども達は大変。

先日、娘のクラスメイトが休み時間に廊下でふざけて怪我をして、流血騒ぎになって病院へ行ったらしい。
そしたら、ですよ。
なんと担任が出した改善策→『休み時間はトイレ以外の目的で廊下に出てはイケナイ。』

ハァァァ?
じゃないすか、コレ。
中学生だよ。

娘に聞いた時に『なんなんそれ。』と。
ちょうどその翌週に懇談会があったんで『ちょっと先生に事情聞いて来るわ。』と言ったら娘に『やめて。』と言われました。
中学生ともなると親が出て行くのを嫌がるのは解るんで『嫌なら言わないケドさ…』とブツブツ言って飲み込むワケですが。

もう呆れ果ててしまう。

社会に出ると『スタンダードじゃない事』『イレギュラーな事』ばかりだ。
思った通りに行く事の方が少ないくらいだ。

忘れ物をしないように気をつける指導も大切だけど、
忘れ物をした時にどうやってしのぐのか考えるチカラはもっと大切。

それが今や忘れ物をした時に『友達に借りてはイケナイ。』というのが学校のルールだ。

なぜなら『人に迷惑を掛けるから。』

それに賛同する保護者も一定数いる。

もうこんな世の中じゃ、そりゃ電車で赤ちゃんが泣いてたら怒鳴る人も出て来るだろし、隣で人が死んでても気付かないワケだよね。と思う。

忘れ物ばかりして隣の子に迷惑掛けまくっていたら、その子は友達から嫌われるだろう。
そのうち誰も貸してくれなくなるかもしれない。
でも、そういう子はそこで気付くワケで。

いつも貸してばかりで『イヤだ』と言えない気の弱い子は、いつか勇気を出して『貸したくない。汚すから。』と言える様になるしかない。
ずっと言えないままで大人になるワケには行かないのだもの。

前にも書いたかもしれないけど、修学旅行の持ち物説明会の時に、本当に驚く程、細かな質問が保護者から出る。

水筒の大きさ。
氷を入れても良いのか。
下着の枚数。
念のため上着を余分に持たせても良いか。

こんなんさ。
考えて勝手に持って行けば良いじゃんって。
学校がダメって言ったら『寒がりなので心配です。』とか言ってるのに上着を持たせないのかね。
それで風邪をひいたら『学校がダメって言ったから。』って言うのかしら。

水の飲む分量なんて自分でわかるよね…。

とかとか。

それに対して、学校も1つ1つ『基準』を『確認』して決めるのです。

水筒はかさばらない程度の大きさの物でお願いします。水分が足りないと思う子は補充分は500mlペットボトルを3本まで。

かさばらない程度の大きさってどのくらいですか。

確認

350mlから500ml程度の物で。

1リットルの水筒しかないのですが、ペットボトルでも良いですか。
小さい水筒を買わないといけませんか。

確認

ペットボトルの場合、開封していない物を持たせて下さい。(?ナゼに?)

とか。そんな具合ですよ。
ネタじゃないよ。
本当にそうなんだから。

学校と母親のコラボレーションでどんどん拍車が掛かって行くワケです。
もうね。
話し始めると延々に続いちゃいそうだから辞めるけど。

自分でなんも考えられないのって、すんごい困ると思うよ。
大人になってから。
そのまま仕事に行ったら病んじゃうよね。

私は昔の人みたいに、先生を『聖職』とは思っていない。
実際、変な先生もたくさんいるもの。
上に書いた『体操着の下に下着を着るな』の先生は、娘達の学年を受け持った翌年に、児童ワイセツで捕まってクビになった。
私は娘には『無視して下着を着て良い。もし先生になんか言われたら私が話しに行くから言って。』と伝えていたのだけど、素直に下着を脱がせている家も一定数あったらしい。

一方で『先生』という、勉強を教えてもらう目上の人に対する敬意は持つように、とは常々子ども達には言っている。
これは、先生に限らず、目上の人に対する礼儀。

礼儀は大切。

でも、オカシイ事は目上だろうと何だろうと『オカシイ』と思う『自分の考え』は持つべきだという事も伝えている。

だからこそ、言葉づかいはとても大切。

少し話しが逸れるけど。
幼稚園なんかだと先生にタメ口で話す保護者の人が一定数いるけど、私はとても出来ない。
私は自分の娘でもおかしくないくらい若い先生でも、先生には敬語で話す。
先生は子ども達も預かって教育してくれている。
そこに敬意を払わないとイケナイと思っている。
基本的に『いつもお世話になっています。ありがとうございます。』。

だけど、それとコレとは別の話しだものね。
オカシイと思うのに、思考停止で『学校が言ってるから。』と従うのはやっぱりオカシイと思う。

別に歯向かって持論を学校にぶつけるつもりは無いけれど。
さっきの下着の話しじゃないけれど、オカシイと思ったら許可なんていちいち取らないし、隣の席の子が教科書を忘れたら見せてあげなって言うし、水筒の大きさを聞いてきたら『自分で考えろ』って言う。

自分の子ども達には、ちゃんと自分で考えられる大人になって欲しいし、多少『学校』という括りで浮いたって、それで良いと私は思っている。

ほどほど 

October 29 [Sun], 2017, 17:50
よく降るねぇ。
また雨の週末。

とはいえ、雨なら雨で1日部屋に篭って学校の勉強をコツコツとやっております。
本日はミニテスト3つ合格して、単位認定テストも1科目挑戦できた☆

テキストばかりじゃつまらないと思って、図書館で小説を借りてくるのだけど、
結局、小説読む時間があるなら…とテキストを読んでしまう。苦笑

「ほどほど」に憧れつつ「ほどほど」が難しい。

相変わらずデス。
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:shon
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:その他
読者になる
何事も「そこそこ」を愛する。

基本的に「ひとり行動」が好き。

サーファーでも無いのに年中日焼け。
今年こそは焼かないぞ。と胸に誓うも、ここ数年、その黒味は増すばかり。
年々ヘンクツになっているのを実感中。

子供いじり、ヘッドホンで爆音音楽を聞きながらの整理整頓清掃、半身浴、早朝のピラティスが日課。

楽しむ事に全力を注いでしまいがちな兼業主婦。

2013年より自宅にて保育の仕事を始める。週2回@いっぱいいっぱい。

子供1:♂1999年生まれ。妥協を許せない細かい男。優しさとギャクのつまらなさと、空気の読め無さ加減がウリ。
子供2:♀2004年生まれ。癒し系オモチっ子。中の人はオバサン。ギャグのセンスは兄より上。