Kill me to the marrow of my bones 

2007年03月04日(日) 17時32分
世間ではもう3月に入ったようです。
世の中の流れが早過ぎてついて行けません、どーも僕です。


10 Years/The Autumn Effect

去年Kornのオープニングアクト、サマソニ06で来日を果たし、さらにファミリーヴァリューツアーにも参加した10 Yearsのデビューアルバムです。ファミリーヴァリューのDVD見てVo.のドレッドっぷりと履いていた黄色い長靴が気になってたんで買いました。

音はメロディアスなへヴィロックです。Vo.の声がToolのメイナードっぽくって、演奏もアコギやストリングスを多用した繊細で壮大な感じの曲多いんで、ToolやA Perfect Circle好きな人は気に入ると思うよ。初め聞いた時はカッコイイけど盛り上がりに欠けるアルバムだなぁと思いましたが、なんとなく聴いてるうちに好きになりました。曲の雰囲気が良いです。お気に入りは@、A、C、D、Fあたり。似たような曲多いけど。

HANK from HELL!! 

2007年02月21日(水) 21時51分
こないだテレビでやってたんですが、最近では顧客満足度を上げるなんてのは企業としては常識で、社員満足度を上げて社員に仕事に熱心に取り組んでもらおうなんて動きを見せる企業もあるらしいです。テレビでやってたのは社内恋愛を奨励して社員満足度を上げようというものでした。会社って出会いの場なんですか!?とりあえず自分の社員満足度は低いです、どーも僕です。
(でもさ、社内恋愛ばっかしてたらそのうち会社が大学のサークルみたいになるよねきっと)

Turbonegro/Scandinavia Leather

前置き?長くなりましたがバム・マージェラのフェイバリット・バンドのTurbonegroの5thアルバムです。日本ではかなり無名なバンドかと思いますが、これはカッコイイよまじで!!ジャンル的にはゴシックパンク/デスパンクってな感じですが、とにかくダークでキャッチーで悪趣味(いい味出してる悪趣味ね)です。最近のへヴィローテになってるくらい気に入ってます。
特に好きなのがB、C、D、F、G、Lあたり。特にCTurbonegro Must Be Destroyedとか大好きさ。


Turbonegro/Party Animals

みんなが大好きなTurbonegroの6thアルバム。前作よりもポップな印象受けます。Scandinavia Leatherの方が好きかなー。でもAAll My Friends Are DeadやEWasted Again、KFinal Warningなど名曲揃いの1枚。ボーナスDVDついててVo.のHankがひたすら筋トレするという意味不明な内容でした。オチがあるのかなーと思ってずっとまじめに見てたらHankが小一時間ひたすら筋トレしてるだけでしたwwなんじゃこりゃww



とりあえずダイキ君、これは買いだよ!!

Hunting For Witches 

2007年02月19日(月) 1時17分
カップルで乗っている対向車を見ると突っ込んで行きたくなります、どーも僕です。



Bloc Party/A Weekend In The City

かなり楽しみにしていたBloc Partyの新譜です。うん、これはもはやギターロックではないな。なんかレディへみたいな繊細なUKロックって感じなアルバムでした。前作のダンサンブルなギターロックが新鮮で好きだったんでちょいと意外な新作でした。これはこれでカッコ良いんですが。

んで、やはり気になるのがバンドの精神性の方向。歌詞ではイギリスの社会問題(特に人種差別)に関するものが多くて、あれ?Bloc Partyってこんなバンドだっけ?って思ってしまいます。これはVo.のケリーが黒人であり個人的な考えや感じている事を歌詞にしているからなんでしょう。あとはイギリスのストリート・カルチャーを歌ったような歌詞がグランジ的?で非常に共感できました。曲はプログラミング多用してテクノちっくでメロディー綺麗で壮大です。所々かっこいいギターリフあるところがこのバンドっぽくていいですね。いちばんのお気に入りはDUniform。

『Drink to forget your blues on the weekend
Think about more things to buy
The TV taught me how to sulk and love nothing
And how to grow my hair long』

(週末に憂さ晴らしのために飲んで買うものをあれこれと考える
テレビが教えてくれた むっつりして何も愛さずにいる事を それと髪の毛を伸ばすことを)

こんな感じの歌詞が気に入っています。

だから吊るしたんだ 

2007年02月19日(月) 0時34分
週末は一人でckyやViva La Bamを見て過ごしています、どーも僕です。



Dir en grey/The Marrow Of Bone

最近海外でやたら元気のあるDirの新譜です。個人的にかなり楽しみにしてました。
前作『Withering To Death』の怒りや悲しみを超えた絶望感漂う世界観が好きだったんで、今作はもっと深い京の絶望ワールドかなぁと思ってたんですが、先行シングルAsitated Screams Of Maggots聴けばわかる通り、かなり攻撃的なアルバムでした。これって海外ウケ狙ってるんでしょうかね〜。

とりあえず自分的にかなりマイナスだったのが歌詞が読めない事。Family Valuesのインタビューで京が『自分達の音楽は言葉が違うから伝わらないとかそんなところではない』みたいな事を言ってたんで、こんなになったのかなー。京の書く詩はかなりバンドの個性として重要な部分を占めていると思うので個人的にはガッカリでした。音的には激しい曲ではシャウトしまくりで、甲高い悲鳴のような叫びが多用されてるのがよかった。でもあんな曲ばっか作ってもきっとライブでは声出ないんだろうなー。お気に入りはDGriefとFDisabled Complexes。バラードも良いけど歌詞分からんのが残念。
LClever Sleazoidはオリジナルのが良かった。

酷評してるようですが別に気に入ってますよ。トラウマロック好きにはオススメ★

Buried Alive By You 

2007年02月17日(土) 19時35分
寝て起きたら知らない女の人から着信がありました。
既に『ゆりっぺ』と登録してあって、『ダイバスターかよ』と思いつつ気になるので掛け直したらこないだ飲み行ったショウパブのオネエサンでした。酔っ払って番号交換したのも忘れてました、飲み行くたび知らない人の番号が増えます、どーも僕です。

HIM/Razorblade Romance

おなじみHIMの2ndアルバムです。やはり初期ということもあってか荒削りな印象も受けますがラブ・メタルの音楽性はこの頃から一貫されてます。ヒットしたBJoin Me In Deathがポップで抜群にカッコ良いです。CRight Here In My Armsもいいですな。
てかこのジャケのポスター、バム・マージェラの昔の家の部屋にいっぱい貼ってあったよね。僕も一枚くらい欲しいなー。とりえずヴィレ・ヴァロのタトゥーがエロい。


HIM/Deep Shadows And Brilliant Highlights

おなじみHIMの3rdアルバムです。激しさがなくなってダークでゴシックなミドルテンポの曲が中心です。やはり一番好きなのはDPretendingですね。他にもAHeartache Every MomentなんかもHIMの代表曲のひとつなんじゃないでしょうか。
ヴィレ・ヴァロは男前なんですがガイコツみたいな顔ですよね。ヒゲをはやしてる時はジョニー・デップに似てましたが。

-H-I-M- 

2007年02月17日(土) 18時58分
あんまりにも更新してないんで更新します。
去年からずっとなんですが、CDとかいっぱい買って聴き込まないのも結構多いんですけど。高校の時とかはお金もなくて月に買えるアルバムも2,3枚とかだったんで、かなり1枚1枚聴き込んでたんですが(だから高校の頃から今でも好きなバンド多いんですが)、今は気なるのはどんどん買っちゃって、でもそんなじっくり聴くアルバムは一握りだったりして、本当はもっと大切に聴くものなのになーとか思いながらも、毎日の忙しさに流されて買うだけ買って聴いてなかったりします、どーも僕です。



HIM/Love Metal

HIMの4thアルバムです。このアルバムで彼らは世界的に有名になったという事で前作までのゴシック路線に比べるとかなりポップめなアルバムです。とりあえず@Buried Alive By Love、BBeyond Redemption、DSoul On FireなどHIMの全アルバム通しても激しい曲多いんで個人的にかなり好きです。やっぱ@はかっこよすぎです。

AThe Funeral Of HeartsやEThe Sacramentなどシングルになったバラード曲も良いです。とりあえずアルバム1枚通してかなり聴きやすいのでオススメなアルバムでした。

Love Jimmy Pop!! 

2007年01月21日(日) 21時54分
マジな話、オレンジレンジとか幸田來未が大好きなんて言う女はいらんのですよ。
もしBloodhound Gangが大好きなんて言う子が現れたら会ったその日に求婚します、どーも僕です。

Bloodhound Gang/Hooray For Boobies
ジミーポップとイーヴィルのイカレコンビが在籍するBloodhound Gangの3rdアルにして代表作。マジでハンパなくアホだけど、買った人をガッカリさせないこと間違い無しな最高傑作。
基本的にはアホなビースティー・ボーイズってな感じのミクスチャーバンドだけど、かなりパンクな曲もあるよ。大ヒットしたIThe Bad Touchを始め、フランキーとメタリカのマッシュアップなDMope、さらにはCKY2KのGeyFags(ホモ野郎)のBGMとなったQAlong Comes Maryと名曲(迷曲?)のオンパレード!!アートワークにある『No Reason To Live But We Like It That Way』(生きてる理由なんて分かんないけど別にそれでいーじゃん)って、マジでその通りだYO!

Bloodhound Gang/Hefty Fine
みんなが大好きなBllodhound Gangの最新作な4thアル。かなりHip Hop色が薄まって、パンク、テクノなアルバムです。
やはり注目すべきはシングルになったBFoxtrot Uniform Charlie Kilo(F.U.C.Kの歌)です。この曲はセックスを表す隠語だらけで、PVではバナナ型の車に乗ったバム・マージェラが嬉しそうな顔してトンネルに突入して行きます。あ、あとJUhn Tiss Uhn Tiss Uhn Tissではかの有名なプロレスラー、レザーフェイスとエクスキューショナーまで登場します。まじで要チェックだYO!ていうかジミーポップがマジで好きなんです。ホント只者じゃないYO!


とりあえずBloodhoung Gangの爆笑PVはYouTubeでもれなく見れるので気になる人は是非チェックしてください、きっとBloodhound Gangが好きになるから。
マジでジミーポップとイーヴィル最高!

Whatever the Fuck I Want 

2007年01月16日(火) 23時47分
BAMネタ続いて申し訳ないです、僕です。


V.A/Bam Margera Presents Viva La Bands

かなり前に買ったんですが、前回cKyについて書いた事だし今更ながら紹介します。
バム・マージェラのフェイヴァリットバンドを集めたCDで、これを聞けばあなたもバム・マージェラって感じです?とりあえずメタル好きなプロスケターということもあって選曲はへヴィで化粧してるようなバンド多かったです。特に北欧系。彼はHIMなどフィンランド・ロックが大好きなんですね。

とりあえずViva La BamのオープニングのKing Of Rock'n Rollから始まり、HIMやThe 69 Eyes、The Rasmusなど北欧系、お約束のcKyやTurbonegro、Clutch、さらにはCradle Of Filthなどブラックメタルと全21曲、かなり聞きごたえある内容でした。あ、ボーナスDVDではViva La Bamのお蔵入りエピソード(ライアン・ダンがドラム缶?に入って滝から落とされる)や、バムが撮影したバンドのPVなど見れます。ClutchのPVではライアンやディコのckyクルーに加え、ドン・ヴィトやジェンまで出演してて曲よりもPVの映像に見入ってしまいましたwwや、曲もかっこいいんですが。

んで、一番のお気に入りがThe 69 EyesのBLost Boys。まじ渋カッコイイ。というかユルキィ69のセクシーさ&ダンディズムとユッシィ69のドラムにメロメロでした。バム自身が出演してるPVも非常に良かったです。個人的にストライクなバンドではないんですがツボでした。アルバムも買いました。ヘルシンキ・ヴァンパイア最高!

気になる選曲は↓

fu C-K-Y ou 

2007年01月14日(日) 22時58分
最近バム・マージェラ体型です、どーも僕です。

cKy/volume1
バム・マージェラの実兄、ジェス・マージェラがドラマーを勤めるcKyの1stアルバム。このバンド、日本では(ジャッカス好きな人とかこそ知ってんだろうけど)全然無名ですが、すげーかっこいいですよ。とりあえずcky(バムのDVDシリーズの方)やViva La BamのBGMとして使われてる曲がいっぱいです。
音はギターリフ激しくてダークでヘヴィ、電子音も多用してます。この1stはcKyのアルバムの中でも最もヘヴィかなと思います。Bのように爽やかな曲もありますが、A、D、Eなどヘヴィな曲がカッコイイですね。EKnee Deepなんてギターがまじかっこいい。チャドのロック野郎っぷりに乾杯。

cKy/Infiltrate・Destroy・Rebuild
おなじみcKyの2ndアルバム。前作をより洗練させてさらに色んなタイプの曲あります。そのせいか前作に比べ明るくなったかなといった印象受けますが、cKyの代表作的な位置付けになるんじゃないでしょうか。
一番気に入っている曲はAFlesh Into Gear。この曲はckyのBGMに加えJackass the Movieのエンディング・テーマにもなりましたが、ギターリフへヴィでデロン・ミラーのVo.叫びまくりだけど、スゲー爽やかwwあとはC、Hなどヘヴィな曲かっこいいですね。ジェスの長身なのにこじんまりとしたドラムの叩き方に乾杯。


Jackass The Movie Number Two見てー。

Pain, Pain, Pain 

2007年01月13日(土) 23時00分
さっきまでckyについて長々書いてたのが消えてしまってショック状態です。
同じ文をも一回書くのは嫌なんでckyについてはまた後日書きます、どーも僕です。

Nirvana/Live! Tonight! Sold Out!!

高校時代に友人にビデオ借りて何回も見てたんですが、遂に去年DVD化しましたねー。即買いましたよコレ。やっぱブートじゃなくてオフィシャルから出てるものなんで完成度がいいですねー。まぁブートはブートで貴重な映像見れていいんですがww

内容はやはりNirvana知らない人でもNirvanaがどんなバンドでどーやって破滅への道をたどったのかが分かりやすく映し出されています。とりあえずファンじゃなくてもNirvanaがどんなバンドだったか良く分かるので買いな一枚じゃないかと。

やっぱカートの歌う姿はかっこよくて愛しいですねー。
Nirvanaの音楽は何年経っても風化されませんね。


あ、映画『Last Days』は微妙でした。だってフィクションだったしブレイクが右利きでギター弾いてんだもん。まじでがっかりだYO!
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
profile
HN:しょん
Age:22
Home:TYM
最新コメント
アイコン画像gotyo
» Whatever the Fuck I Want (2011年04月18日)
アイコン画像gotyo
» Whatever the Fuck I Want (2011年04月18日)
アイコン画像しょん
» HANK from HELL!! (2007年03月03日)
アイコン画像daiki
» HANK from HELL!! (2007年03月01日)
アイコン画像しょん
» fu C-K-Y ou (2007年01月21日)
アイコン画像kei
» fu C-K-Y ou (2007年01月15日)
アイコン画像しょん
» 声も出せないくらいに (2007年01月09日)
アイコン画像shun
» 声も出せないくらいに (2007年01月09日)
アイコン画像しょん
» SAOSIN memo (2007年01月05日)
アイコン画像shun
» SAOSIN memo (2007年01月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shon713
読者になる
Yapme!一覧
読者になる