【 更新情報 】

スポンサードリンク

自動車保険のキャンペーンについて

自動車保険のキャンペーンとは、
その時期に保険に入ると、
一般的に商品券や旅行などがプレゼントされます。

基本的にどこの保険会社もクオカードを良く見かけますが、
中には変ったキャンペーンもあり結構お得なのです。

なので、自動車保険に入ろうと思った時にはこういった、
キャンペーンの時期に加入するといいかもしれませんね。

この大不況の中でもいろんなキャンペーンをやっているので、
チェックしてみてください♪

と、まぁこんな感じですね。

今は車業界も相当大変ですが、
みんなで乗り切らなくてはいけません。

正規社員の雇用を破棄されたり、
ホントありえない時代です。

私の予想では2010年まではこの不況が続くと思うので、
胃がきりきりする思いです。(汗)

円高ドル安がここまで進行すると、
かなりきついし、さらにこれが悪化しないように、
政治のみなさんには頑張ってほしい所です。

東京の日雇い労働者はまだ路頭に迷う人も多いはず、
速くみんなが元気になれる時代になってほしいものですね。

短期の自動車保険とは

皆さん短期の自動車保険があるのはご存知でしょうか?
海外旅行と一緒で、たった数日なのに、なんの保険もない、
というのはあまりにも無謀です。

たった数日を無事にすごせる保障はどこにもないのです。
一週間、一ヶ月からでも自動車保険に入る事ができるのです。

www.insweb.co.jp
上記のHPでは、多種多様な保険会社から自分にあった
保険のお見積もりを一括検索することができます。

「上京してきて、休みの数日だけ実家で車に乗る」
という方も、通常の約25%割高になってしまいますが、
この保険を活用しない手はありません。

25%割高とは言っても、たった数日の為に
一年間の保険料を払うよりとても安いと思います。
各社HPや上記のURLを利用して比較してみてください。

例にあげると、一ヶ月\10,000の一年契約の保険は
一ヶ月の短期自動車保険では\30,000程になります。

数字に表すととても高額に思えますが、
一年VS一ヶ月ならば、\120,000 VS \30,000です。
一ヶ月だけで、しかもその数日を安心に送れるならば、
安心料としてでも払いたいものです。

海外旅行には、盗難や事故が自分にあっては大変だ!
と思って保険に入る方がほとんどだと思います。

だから、もし自分が被害者になるようなことが
自動車事故がこの先ないとは言えないですよね?
そんな時、相手が自動車保険に入っていなかったらどういうことになるのでしょうか?
どうやって自分を守りましょうか?

その為にも短期の自動車保険というものが
もっと身近になればいいですね。
自分を守りながら他人をも守らなければいけない、
自動車運転手にはそんな大きな責任があるのです。

自動車保険のシュミレーション

皆さん、車の事故を起こしたことはありますか?
実際、自動車保険を選ぶとき、いったい事故の時まずどうすればいいのか?

その事故の為に必要な保険の種類、対象となるもの、
などなど、頭がいっぱいになってしまいますね。
もちろん、保険に入る時だけには限りません。

下記にあげたURLはいい例で、保険会社各社などで、
自動車保険っていつ必要なのか?
事故を起こしたときから保険会社に連絡するまでの
対処方法などをHP上でシュミレーションしてくれます。
www.nisshinfire.co.jp/gonta/car.html

こちらのHPでは、とても幅広くタイプ別の事故をシュミレーションしてくれます。
実際に体験のしたことがない人にとっては、未知の場面ですよね。

私もまだ事故は起こしたことがありませんので、このシュミレーションを見て、
保険料金がどうこうの前に、車を運転するということが、いかに責任重大で
危険なものであるかを認識しました。

かといって、この車社会の日本で、
車に乗るな!など無理な話でしょう。

日本国にある大きな車産業は、日本の財産といっても
過言ではないのではないでしょうか?

だから、この無料HPの自動車事故シュミレーションを
今一度大きく取り上げてほしいものです。
人の命の大切さ、車の危険さ、車のありがたさ。

単なる自動車保険の勧誘だけに終われないのが、
各社のHPシュミレーションだと思います。
私が通った自動車学校では(かれこれうん十年前の話です)、
事故を起こした「結果」、こうなりました、といった写真で悲惨さなどを教えていましたが、
事故を起こしたら、事故を起こした本人の心まで傷ついてしまう、
このようなシュミレーションを使ってみるのもいいと思います。

シュミレーションで自分に必要な自動車保険の
オプションを考えるのも、一つの手段ですね。