退陣控えた首相が…脱原発方針に冷ややかな声

August 09 [Tue], 2011, 13:31
 小沢一郎元代表グループの若手衆院議員は「国の方向性を決める重大事を、辞めていく人が軽々にRMT打ち上げるのはどうか。(2011年8月6日19時01分??最新新聞)。 民主党の鳩山前首相は北海道苫小牧市で記ナイトオンライン rmt者団に「退陣を控えた首相がどこまで国の未来に責任を持つかという話はある」と指摘し、退陣を表明した首相が踏み込んだ発言を行うことに疑問を呈した。原子力政策は国民的議論をすべき話なのに、政治色が強まってしまう」と懸念を示したそのうえで、「聞く人tera rmtにより脱原発とも原発維持とも思わせるような不明確な所が一番の問題だ」と述べた。?福島原発 菅首相が6日に広島市で開かれた平和記念式典でのあいさつで「脱原発依存」方針を訴えたことについて、与野党双方から「退陣を表明した首相が遠い将来のことを言うのは無責任だ」(公明党の山口代表)などと冷ややかな声が上がったアトランティカ rmt
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/shoiwun/index1_0.rdf