電験3種で合格可能性を効率的に上げる勉強法とは?

November 15 [Sat], 2014, 20:29

働きながら電験3種の合格をめざす人はたくさんいます。

忙しい毎日の仕事を終えて家に帰ってから勉強するのだから
効率よく学んでしっかり資格を取りたいですね。





電験3種は合格率が10%を切る、難しい資格試験。
それでも単に過去問を覚えるだけではなくて
基礎をしっかり身につけることで合格は可能になります。


そんな基礎から学べて、圧倒的な実績があり
資格をもっている人から電話やメールでサポートしてもらえる
DVDを使った講座があります。


この講座、厚生労働省の教育訓練給付制度がつかえますから
費用の2割は補助金でまかなえます。


気になった人はこちらから詳しい情報にアクセスできますよ。
↓↓↓





電験3種に合格すると有利になって狙える仕事とは?

November 15 [Sat], 2014, 20:29

第3種電気主任技術者、通称電験3種は
5万ボルトまでの電気の保守管理ができる国家資格です。


電気主任技術者はあらゆる業種で求められます。
一定規模以上の建物では電気主任技術者が関わらなければ
電気が使えません。


製造業では電気をつかう大型機械がたくさんあるので
この資格が必要な企業も多いです。


電気保安の専門会社や電気保安協会はもちろん
百貨店やショッピングモール


アミューズメント施設や鉄道や運輸業
様々な分野の製造業
さらには大型データセンターをもつ情報通信業など


電気をつかう大きな施設をもつ業種では
必ず必要になります。



つまり建物があるところには必ずこの資格の
ニーズがあるということです。


持っていると心強い資格ですね。






電験3種、専門的な国家資格のメリットとは?

November 15 [Sat], 2014, 20:28

電験3種は電気の分野では人気の国家資格です。

他の資格に比べると、実務経験を問われないことや
簡単ではないけれど、比較的短い勉強期間で取得できること
などのメリットがあります。



電験3種は電気設備の保守・管理をするための資格ですが
この資格をもっていると、電気工事をするための
電気工事士の試験で学科が免除になるというメリットもあります。


またもっている人が比較的少ないので、就職面で有利なります。
企業内でも資格手当を出すところが多いので
収入も増えますし、キャリアアップの基礎にもなります。


そしてこの資格を持っていて、実務面でキャリアを積むと
工場や店舗などの施設をもっているさまざまな企業から
電気の保安管理業務を企業から個人で受託することができます。


実際に定年退職したあともそうやって長く働いている人が
たくさんおられます。
長く安定して働けるのは魅力ですね。