イメージ

April 13 [Sat], 2013, 19:44
デトックスという言葉はさほど目新しくはないが、「代替医療」や「健康法」の一種だと捉えており、医師が施す治療行為とは違うことを認知している人は思いのほか少ないらしい。
細胞が分裂する活動を活発にして、お肌を再生させる成長ホルモンは日中の仕事などの活動している時には分泌されなくて、夕飯を済ませてゆっくりと体を休め寛いだ状態で分泌されると考えられています。
デトックスというワードは既に浸透しているが、あくまでもこれはとして考えており、医師が施す「治療行為」とは認知している人は意外にも多くないのだ。
リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という造語には、様々な身体の機能に損傷を被ってしまった人のリハビリと同じく、顔などの外見に損傷を負ってしまった人が社会に新たな一歩を踏み出すために学ぶ技能という意味があるのです。
お肌の新陳代謝が遅れてしまうと、色々なお肌の老化現象や肌トラブルが起こります。目元などのしわ・濃くなっていくしみ・顔色がパッとしないくすみ・クマ・弛み・嫌な吹き出物・突っ張るような乾燥など、まだまだ挙げてみればキリがないほど大変です。
本来、お肌のターンオーバーは28日周期になっており、日々刻々と新しい細胞が生まれ、いつも剥がれ落ちています。この「毎日の生まれ変わり」のおかげで私たちの皮ふは若々しさを保持し続けています。
最近よく耳にするデトックスとは、体の内部に蓄積してしまっている毒を体の外へ排出させるという分かりやすい健康法で美容術というよりも代替医療に区別されている。「detoxification(ディトクシフィケーション、取り除くの意)」を短く表現した言葉である。
よく女性誌や美容の本には、小顔に美肌、痩せるし、デトックスできる、免疫の向上など、リンパ液を流せば全てが好転する!という楽天的な謳い文句が書かれている。
日本の医学界全体がQOLを大切に捉える傾向にあり、市場経済の発展と医療市場の大幅な拡充により、外見を自分好みに変化させられる美容外科は2000年代に入ってから存在感を増した医療分野であろう。
現代を生きている私達は、一日毎に体の中に蓄積されていく恐怖の毒を多くのデトックス法を試用して追い出し、どうにかして健康体を手に入れたいと皆必死になっている。
よく女性誌や美容本には、顔が小さくなって肌がきれいになり、痩身効果があるし、デトックス作用、免疫力アップなどなど、リンパ液を流せば1思い通りにいく!というような内容の謳い文句が書かれている。
肌の細胞分裂を活発にし、皮ふを再生させる成長ホルモンは日中の仕事などの活動している時間帯はほとんど分泌されず、夜になってからゆるりと体を休めリラックスしている状態で分泌されると言われています。
夕方でもないのに、いつもは浮腫まない顔や手に浮腫が見られた、十分寝ているのに両脚のむくみが取れない、などの場合は病気が隠れている恐れがあるので医師による診察が求められるということです。
あなたは、果たして自分の内臓が何の問題もないと言える根拠がどのくらいあるでしょうか?“ダイエットが成功しない”“肌が荒れる”などの美容の悩みには、実を言うと内臓の調子が大きく関わっています!
メイクのメリット:外観がきれいになる。化粧も嗜みのひとつ。実年齢より年上に写る(あくまで20代前半まで限定です)。人に与えるイメージを毎日変えることが可能。
おいしい料理をたっぷり堪能
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shmkoffsa
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/shmkoffsa/index1_0.rdf