プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shlzaefquucqxl
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
積水化学 高機能断熱材を拡販 ビル用狙い、外壁と一体化 / 2010年07月13日(火)
 積水化学工業は12日、同社の高機能断熱材について、販売対象を従来の木造住宅や鉄骨造りの店舗に加え、より規模の大きなビルやマンションなど鉄筋コンクリート造りの建物に拡大すると発表した。20日に首都圏で販売を始め、2013年には3億円を売り上げる計画だ。

 このほど建材メーカーのツヅキ(大阪府東大阪市)と協力。積水化学の板状断熱材「フェノバボード」と、断熱材をコンクリートに固定する金属製部品や外壁材を組み合わせてシステムとして販売する体制を確立した。今後はツヅキがシステムの企画・販売を担当し、積水化学はフェノバボードを供給する。

 これまでは断熱材のみを販売してきたが、鉄筋コンクリートの建物では他の建材と合わせて販売するのが一般的で、販売対象に含めていなかった。

 フェノバボードはコンクリートの構造材と外壁の間に断熱材を挟む「外断熱工法」に対応。住民が退去せずに施工できるため改修にも対応できる。建物を外気や紫外線から守り寿命を延ばせるほか、冷暖房費を減らし、サッシを併用した場合で3〜5割の二酸化炭素(CO2)排出削減が可能だ。

 同社によると、鉄筋コンクリート製建物の外断熱材市場は約120億円で、年30%程度の拡大が見込まれている。同社では「対象を広げることで販売に弾みがつく」としている。

【7月13日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100712-00000006-fsi-bus_all
 
   
Posted at 09:03/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!