とぼけているフリをしながら浮気を黙認させる男達 

May 12 [Sat], 2007, 14:54
とぼけているフリをしながら浮気を黙認させる男達

彼に他の女性の影がちらついたとき、どうしても女性の気持ちは不安定になります。彼を疑いながら苦しく、寂しい日々を送らなければいけません。

そして多くの女性が「気を紛らわせよう」として、合コンに行ったり、あえて男性と2人で食事したりします。

スペアの相手に思いのほかのめりこんでしまい、気がついたら手をつないだり、キスをしたりと、生活の中心になってしまうことがあります。
表面化はしないものの、このパターンに陥る女性は驚くほど多いものです。ここで自分の浮気行為が本命にバレて「浮気オンナの称号」を貰いながら一気に振られることだってあります。

スペアの男性の「都合のいい女」になってしまうこともあります。こうなってしまっては本末転倒です。

ここはひとつ自分をしっかり持って「相手をもてあそんであげる」ぐらいの心意気を持って臨んでほしいものです。
まずは、本命に浮気をさせないことです。また、貴女自身が彼に普段から厳しすぎてもいけません。本命とうまくやってゆくために、他の女性に癒されにゆく男性も世の中、山ほどいます。



男は皆、とぼけたふりをして、浮気をしているだけです。貴女が許しすぎるとどんどんその触手を広げてゆきます。

男の浮気の定義は何? 

May 12 [Sat], 2007, 14:52
男の浮気の定義は何?

「カラダだけの浮気なんて浮気じゃないよ!」と言い張る豪胆な彼氏・旦那―。そんな人も確実に浮気相手を落とすために、やさしい言葉をささやき、夢の中にいるような気持ちになっています。

ただ、本命の女性の前では「クールぶっているだけ」です。

一方「プライベートで彼女や奥さん以外と意図的に2人で食事をしたら、それはもう浮気だ!」と思う律儀な男性もいます。でも理想の彼氏&旦那様〜と気を抜いてはいけませんi.


その大義名分とは、「仕事上のおつきあいだから」「昔からの友人だから」という理由です。

その大義名分を自分の心の中にうまく掲げることができると、たちまち短い恋に落ち、手をつないだり、気持ちをささやいてキスしたり、体の関係になることだってあります。

とくに浮気が発覚した彼を追いつめた時に「キスしかしていない!ごめん!」といわれて「あっそう!じゃあ今回に限り、許してあげるわ」などと安心してはいけません。

男性が浮気するときに「キス」からはいるときこそ危険だからです。キスから入る浮気はそれが「本気」になってしまうことがあります。いや、もう彼は浮気相手に完全に恋をしています。

遊びの場合、情が移ることを恐れて男は浮気相手に「やさしいキス、丁寧なキス」をしないものです。求めるのは体の関係だけです。

キスだけで満足していたときこそ、彼の心は少しづつ浮気相手に染められてゆきます。男性はキスだけで、大半の愛情表現ができてしまう生き物です。


「彼に浮気されないための方法教えてください」 

May 12 [Sat], 2007, 14:50
「彼に浮気されないための方法教えてください」

「常にその人のことを思っていることを“重くない程度”に、相手に伝わるようにする!!」
「なあなあな関係にならないように緊張感を持つ。」
「甘えるべし!!」
「毎日少しでもちゃんと連絡を取る。」
「束縛しすぎず、放っておきすぎず。いい距離を保つ。」
「女を磨こう!」
「適度に(かわいく)ヤキモチをやき、浮気しないよう釘をさしておく。」
「意外な面を見せてドキドキさせる。」
「お互いに異性としての意識を持ち続けられるように日々努力する。」

ほどよい距離をキープして、日々愛情を伝え続けること。ありきたりの答えではあるけれど、愛を育てるのは、スキンシップと思いやりのある言葉。長くつき合えばつき合うほど、緊張感を保つのは難しいけれどお互いに刺激を与え合えるといい関係が続くのかもしれません。


彼を浮気に走らせない 

May 12 [Sat], 2007, 14:49
彼を浮気に走らせない10の方法

愛する彼に浮気されたくなかったら、「勝手にすれば」「好きにしていいよ」という投げやりな言葉は口にしないこと。でも、束縛しすぎると相手は重く感じるし、放っておくと今度は自分以外の人によそ見をしてしまう。その距離感が難しいところだけど、普段のやりとりの中で言葉を少し変えると、相手への愛情の伝わり方に変化があります。

例えば、彼が合コンに誘われたとします。
彼「今回は、どうしても断れないんだ。行くだけ行ってくる」
彼女「はぁ〜!? 勝手にすれば!」

こんなやりとり。彼女側も浮気していいとは思ってないけど、勢いでついキツイことを言ってしまうことがあると思います。でも、最初から後悔することが分かっているなら言わないほうがいいし、逆に思っていることは言葉にしないと伝わらないものです。
「勝手にすれば」というところを「飲み過ぎないようにね」に変えて、本気で浮気が心配だったら「心配だからメールして」くらい言っても相手には合コンに行くという負い目があるので、負担に感じるほどではないでしょう。
また、相手を束縛しすぎてしまう人は、相手に「なんでメールしてくれないの?」「電話ぐらいしてよ」など、要求ばかり押しつけると相手が負担に感じてしまいます。返信をくれたら「忙しいのにメールありがとう」、「声が聞きたいから時間があったら電話して」など、相手を責めない言葉を選ぶと印象が変わるはずです.


「こんなこと言われたら浮気に走る」「愛が冷める」言葉とは? 

May 12 [Sat], 2007, 14:47
「こんなこと言われたら浮気に走る」「愛が冷める」言葉とは?
「浮気のひとつもできないなんて、情けなーい。」
「もう、どうでもいいや……。」
「この、ろくでなし!!」
「勝手に浮気してもいいよ。(私には絶対バレないように)」
「男って、どうせ浮気するんだよね。」
「浮気してないよね? してないでしょ!?(しつこい)」
「役立たず!」
「○○くんって、すごく優しいの」「■■さん、彼女とハワイに行くんだって」(他の男と比較する言葉)
「ふ〜ん。」「はぁ〜!?」(つまらなそうな相づち、ケンカ腰のため息)
「好きにすれば。」

「勝手にすれば」「好きにしていいよ」という投げやりな言葉が一番多かったようです。次のページで男性が考える「男を浮気に走らせない対策」をご紹介していますが、男性は放っておかれると浮気心がむくむく沸き上がるのでしょうか。

男を浮気に走らせる10の言葉 

May 12 [Sat], 2007, 14:45
彼の浮気を未然に防ぐには?


彼女に放っておかれると浮気の虫が騒ぎ出す?

どんなにラブラブな二人でも、あっけなく愛が冷めてしまうことがあります。愛を誓ったカップルの気持ちが永遠に変わらないことなんてないし、出会った頃とつき合ってから、また何年もたって状況が変わった後では、二人の関係にも変化があって当然。
でも、愛のカタチが変わるのは受け入れられても、彼の心が自分ではない誰かに移ってしまうことには絶えられないもの。パートナーの浮気に悩む女性は多いけれど、浮気する側とされる側、その原因と男性の心理がわかっていたら浮気は未然に防ぐこともできそうです。
そこで、今回もまた20代30代の男性に協力していただきました。自分の体験、また人から聞いた話をもとに、「これは女として言っちゃダメだよ」という愛が冷めてしまう言葉、「こんなこと言われたら浮気に走りたくなる」というセリフを教えてもらいました。