ブログ終了 

January 01 [Fri], 2010, 15:10
ブログ閉鎖することにしました。
2008年1月1日に始めた自己満ブログ。
ちょうど初めて2年だね。区切りがいい。

ブログやってることはmixiにしか公開していなくて、
誰が見てくるのか知らなくて、
でも一部の人が見てくれているのは知っていて、
気が向いたとき(特に落ち込んだとき)に書いてきたブログ。

こうやって読み返してみると実におもしろい。
そんとき考えてたことって月日が経つと忘れちゃうんだよね。
忘れた方がいいこと、忘れない方がいいこと、あると思うけれど、
せっかくの感じたこと、学んだこと、忘れちゃうのはもったいない。
これからの教訓になるし、自分のアイデンティティでもあるから。
私は今まで生きている中でどのくらい忘れ物をしてきたのだろう。

頭で考えていても言葉にしないと自分のものにならないから自分の記録のために書いていた。
でもやっぱり複数の人が見ていることを知っていると客観的な視点を気にしてしまう。
それは第三者にも理解しやすいようにある程度のレベルまで構成を考えて書くという利点でもあるけれども、
そこにエネルギーを使うのはちょっと負担にもなる。

そして結局このブログは自分のための自分の記録にしたいということがわかった。
ここに思いをぶつけて、誰かに助けを求めてるわけでもない。
誰かに頼りたいわけでもないし、誰かに共感してほしいわけでもない。
ただ、そのとき感じたこと、学んだことを記録していきたいだけ。
私のこのわずかな文章ごときで一喜一憂して同情されるのも辛いんです。

よって、このブログは2年という区切りがいいときに終了です。
今まで読んでくださったみなさんありがとうございます。
でも記録なんで残しておきます。いつか消すかもしれません。
そのときの気分しだいです

最後に2009年の振り返りで長文書いてたんだけど、
かなりダークだし、病気のことばっかりになっちゃったから消しちゃった。
つまりあれ、健康の大切さを深く実感した年だったよね。
なんか簡単に一言で説明しちゃったけど、まーいっか。

みなさん、2010年もよいお年を^^

5連勤最終日 

December 27 [Sun], 2009, 10:30
5連勤最終日。

最初はあり得ないと思ったけど意外にすんなり。

生活リズムもつかめてきたし、まだまだいけるとまで思うほど。

でも社会人になったら責任も立場も違うから慣れるまで時間がかかるかな。

いずれにせよちょっとは自信になったよね。

学びも多く考えさせられるバイトだったし。

病気のこと考える時間もだいぶ減ったし。

疲れてるからすぐ寝付くこともできたし。

睡眠の質もよかったし。

社会人になったらこれがずっと続くわけだけど、

まだまだ不安はあるけれど、

人間の順応能力はすごい。


あと4日で今年も終わりだな〜。

すべらない話おもしろかった〜。

バイト 

December 23 [Wed], 2009, 10:25
バイトだるい、

けど、

こんなんでくじけてたら、

社会人やってけない…

今日が一番忙しいみたいだけど、

がんばるぞー!!

おかえり 

December 13 [Sun], 2009, 0:25
おかえりーって言葉が好き。
なんだかここにいていいんだなって気分になれる。
一緒に笑ってくれる家族や友人がいるのも幸せなことだ。

旅から帰ると心にぽっかり穴があいた気分になるけど、
この幸福感をもっともっと強く噛み締めるべきだろうな。
人間は当たり前の日常がどれほど幸せなことか気付く能力が乏しい。
悪い状況になってから気付く、しょうがないことだけど。

明日もいい日になりますように。
今夜もぐっすり眠れますように。
みんなに感謝。

苦しみ 

November 20 [Fri], 2009, 11:35
自分の苦しみなんて誰にもわからないんだろうなぁ
わかる人がいるとすれば同じ状況のもとにいる人くらいかな?

あーつらいなぁ

現実に戻ると自分と向き合わなきゃだからなぁ
旅にでると忘れられるもんなぁ

いっそのことみんな病気しちゃえばいいのになぁとか思っちゃうし
そしたら私の苦しみをみんな理解できるようになって苦しみから逃れられるんだろうなぁとか考えちゃうし

周りがのうのうと生きてるように見えちゃうよ
みんなそれぞれ苦しみを抱えてるんだろうけど
私がいちばん不幸なんじゃないかと錯覚しちゃうよ

まだまだこの問題を解決するには時間がかかるだろうなぁ
たぶん10年後20年後…もっとかな
そんなに長くこの問題と向き合わなきゃいけないと思うと気が狂いそうになるよ
いっそのこと死んだ方がとかね

今まで楽観的に生きてきた私だから
苦しみの乗り越え方がわからないよ

自分には関係ないと過信していたことは起こりうる
だからそれが起こらないように最善を尽くす生き方をする

誰もそんなこと教えてくれなかったよ
そして責任を他人にぶつけてしまう自分も嫌だ

いつになったらこの苦しみから抜け出せるんだろう