静岡のこだわりの逸品、美味しい物、体にいいものをご紹介します。

最新コメント
2009年08月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しずおか通
読者になる
静岡県で作られるさまざまな「おいしいもの」を紹介して、全国にお届けするサイト「しずおかウォッチャー(静岡魚茶)」を日夜せっせと更新してマス
Yapme!一覧
暑い夏!めんつゆもこだわる / 2009年08月08日(土)

暑い夏とくれば、ついつい冷たい麺類を食べたくなるもの。
そこで「めんつゆ」にもこだわってみちゃあいかがでしょうか?
「こだわりの味」の麺つゆがこの夏登場しました。
国産小麦、国産大豆を原料としたしょうゆをベースに、
風味原料はいずれも自社で煮出した鰹節、昆布、煮干、椎茸を使用。
いわゆる「○○エキス」というものを加えて作ったものとは違います。
この麺つゆで、国産小麦で作られた麺を食べる。
暑い夏のすごし方も、ちょっと変わってくると思います。
 
   
Posted at 11:42 / しずおかウォッチャー / この記事のURL
コメント(0)
ほとんどを輸入に頼っている日本の味 / 2008年08月09日(土)
和食で思い浮かべる食材でも、実際は海外からの輸入に頼っているものって結構たくさんありますよね。
以前に書いた小麦もそうですが、それよりもさらに高い、99%以上を輸入に頼っている「和」の食材があります。



和食の味付けにかかせない「ごま」なんです。国内で消費されるごまのほとんどは海外からの輸入です。
中国からの輸入が多かったんですが、近年は中国でも消費量が増えていて他国から輸入しているんだそうです。
もともとごまはやせた土地でも収穫できるということで、栽培が難しいものではないそうです。
ですから日本でも栽培することは可能です。
でも脱穀に手がかかり、結局手がかかるとその分コストがかかり、安い海外産に太刀打ちできなくて現在の状況になっているようです。
ですから、国内の生産地はおのずと脱穀の設備が整った地域に限定されるのだそうです。



こちらの「白ごま」はそんな貴重な国内産、産地は鹿児島県です。



ごまといえば、白いものばかりじゃありませんね。こちらは同じシリーズの「黒ごま」。こちらの産地は茨城県です。



こちらは白ごま・黒ごまよりもさらに希少な「金ごま」です。その名の通り黄金色に輝いています。
なんか「」にあやかってみたい今日この頃ですね。
 
   
Posted at 20:14 / しずおかウォッチャー / この記事のURL
コメント(0)
国産小麦粉の冷し中華 / 2008年08月07日(木)
暑い日が続いています。
夏バテしないように日々過ごしていきたいものです。

今日8月7日は立秋、暦の上では秋というけれど、暑さまだまだつづきます。
そんな訳でこの夏のおすすめがこちら。



ふつうの冷し中華と同じだとお思いでしょうが、
大きな特徴がこれ

「国産小麦粉100%使用」

というのも、多くの方がご存知の通り、国内の小麦粉はそのほとんどが海外からの輸入に頼っています。
ちなみに輸入元はカナダ、アメリカ、オーストラリアがその大半です。
広大な土地を持つ農業国ですね。生産量が違います。



しかし、そんな中であえて「国産小麦100%」で作っているというのがこの冷し中華の特徴です。
普通じゃない、って思っていただけましたか。
しかもスープも化学調味料無添加で作っています。



冷し中華はお好みで好きな具をトッピングできるのがいいですね。
わたし個人的には、食事なんだから、みかんやさくらんぼは遠慮しときます。


 
   
Posted at 11:46 / しずおかウォッチャー / この記事のURL
コメント(0)
天然本まぐろ中トロ・天然ばちまぐろ赤身セットが登場 / 2007年08月22日(水)
静岡県と言えば何といっても海産物。特に清水港はマグロの水揚げで全国的に知られています。
そんな清水港水揚げの天然本マグロ&天然バチマグロをご紹介します!


■大西洋・地中海で獲れた天然本まぐろの中トロ♪



大トロほど脂っぽくなく、赤身とは一味!いえいえ二味も違うのが中トロですよね♪本マグロの中トロならではの香り・・・。そして口に含んだときに広がるマイルドな脂と上品な甘味はトロと言うだけあってトロけちゃいます♪♪

本マグロとはクロマグロのことで、まぐろの中でも最も美味しいとされる最上級マグロです。

■天然ばちまぐろの中でも大型な「大鉢」の赤身!


鮮やかな赤身の中に旨みをギュッと凝縮したモチモチとしていて甘味のある部分です!
まぐろの中でも一番漁獲量が多く、日本国内で最も多く食べられ愛されているマグロです♪


大西洋・地中海などで捕獲され、超低温凍結・保管された天然まぐろを『一船買い』し、新鮮なまま清水港に水揚げされます。


最高の品質(鮮度)を保持するため、-60℃の超低温冷凍庫で保管。お客様のお手元に届けるまで、温度管理は徹底しています。

やはり新鮮な天然まぐろの良さはいくら説明してもわかりませんよね (・∀<)〃♪
皆様のその目で体験して下さい!!
 
   
Posted at 20:44 / 静岡 / この記事のURL
コメント(0)
冷茶で気持ちもクールに / 2007年08月01日(水)

暑い日が続いていますね。じっとしているだけで体じゅうから汗が噴き出してきます。
こんな時は冷たい飲み物で体を潤したいところですね。
でも、甘いジュースばかりでは体に良いとはいえません。

こちらは静岡のお茶で作ったティーバッグで淹れた、冷茶です。
彩りをよくするために、抹茶も入っています。

お茶は静岡県内のお茶どころの一つ、島田市はSLで有名な「金谷(かなや)」のお茶です。
こちらは金谷の茶畑の近くの公園の様子。こんな自然が豊かに残るしずかな場所で、
金谷のお茶は作られます。
 
   
Posted at 15:20 / 静岡 / この記事のURL
コメント(0)
静岡老舗のコーヒー屋さん / 2007年07月24日(火)

静岡市に「川島珈琲店」というコーヒーを販売しているお店があります。
戦後間もない1953年創業という老舗のお店です。
静岡県内に8店舗を構えるようになりましたが、創業当時の場所・創業当時の名前で
新たにお店をオープンしました。
静岡市葵区、昔からの商店が並ぶ横内町にあります。
さて、そんな「川島珈琲店」では、静岡市内の様々な観光名所をイメージした
オリジナルのコーヒー豆を販売しています。

その名も「静岡物語」。ここでしか買えないシリーズです。
こちらはその中の一つ、「静岡駅物語」。
静岡市街の中心にあり、1889年2月10日国鉄の駅として開業。
現在1日6万人の乗降客が利用する、まさに静岡の表玄関です。
一世紀以上の間の長きに渡って、訪れる人、他県に向かう人、
仕事や観光での楽しい顔、様々な顔を一番に迎えてくれる温かさを
ブレンドに表現しました。

ほどよい酸味と苦味があり、コクが引立つ味わいが特徴です。
オリジナルのコーヒーは、豆のままでもお求めになれますし、
挽いた状態でお届けする事もできます。挽きかたもご要望に応えてくれます。
 
   
Posted at 09:38 / 静岡 / この記事のURL
コメント(0)
素朴な昔ながらのお菓子セット / 2007年07月13日(金)

「静岡県こだわりの味協同組合」は、添加物を使わない様々な食品を消費者の皆様にお届けしています。
そんな「こだわりの味」のお菓子を集めた、お中元のこの時期限定のギフトセットが販売されています。
天然酵母きび砂糖かりんとう、五穀豊穣ポンせんべい、国産玄米のおかき、無添加あたりめ、しずく甘納豆、国産原料100%はちみつ飴、豆腐屋のビスケットの全7種類をセットにしてあります。
原材料にもこだわりを見せています。原料を吟味し、国内産原料を使い、油や水飴などは遺伝子組み換えでない原料のものを使用しています。
贈りものにいかがでしょうか
 
   
Posted at 10:30 / 静岡 / この記事のURL
コメント(0)
「もぎたて市場」のブルーベリー / 2007年07月12日(木)
静岡県西部(主に浜松市)の製法にこだわった野菜作りをしている
「もぎたて市場」さんから化学合成肥料を一切使用しない、
農薬不使用のブルーベリーが届きました。
「ビーパックス農法」で栽培している為、苦味がなく、
生で食べるとそのおいしさが一目瞭然!
また、ジャムにしても新鮮で風味の良いおいしいジャムになりますよ。
ブルーベリー本来のおいしさを是非お試し下さい
 
   
Posted at 18:26 / 静岡 / この記事のURL
コメント(0)
6月中のみの時期限定!静岡産びわ / 2007年06月16日(土)

初夏ですね。この時期のおすすめ商品をご紹介します。
それは、旬の果実である「静岡産びわ(枇杷)」です。
この時期にしか食べられない旬の味!
枇杷は温暖な地域で栽培が盛んなのですが、温暖なことで知られる静岡県にも
ありました。駿河湾に面した静岡は興津(おきつ)産の枇杷をお届けします。
ボリューム満点のLサイズが24玉(約1.6kg)セット!ギフトに最適です。
すぐに販売は終了してしまいますので、ぜひとも今すぐ、ページを覗いて
いってくださいね。
 
   
Posted at 11:34 / 静岡 / この記事のURL
コメント(0)
さつまいもがそのまま!芋羊羹 / 2007年05月24日(木)

お茶の季節。となればお茶うけにぴったりなスイーツがほしいところですね。
そんなわけで今回ご紹介するのは、静岡で作られている、さつまいもを丸ごとそのまんま使った、
ずっしりとした芋羊羹(いもようかん)です。
羊羹と言うよりスイートポテトに近いその食感は、和風スイートポテトって感じです♪
スイートポテトのように甘すぎず、さつまいもの甘味を引き出し、素材本来の味が楽しめます。
芋ようかんとスイートポテトの良い所をとって作ったような、お茶によく合うビックリいもようかんです
 
   
Posted at 20:20 / 静岡 / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
GMO Internet, Inc.