ベットの中で 

2006年09月22日(金) 12時48分
昨日は久しぶりのまったりデート
ようやく彼氏の試験も終わって一段落って感じでした。
デモまだあたしには演奏会が月1で残ってますが・・・

彼の夢は消防士
最初は試験がどーなるかと不安でいっぱいだったけど、
試験が終わった直後の彼の顔はすごくすっきりしていました

2次試験の前日も会ってくれました。
そのときの顔はいつもの彼の顔ではなく、緊張感のある真剣な目をしていました。
口やそぶりはいつものままなのに・・・

これで合格していたら・・・本当にうれしいです
面接とか論文はさておき、体力では全部1番だったそうです
そんな彼はあたしにとって理想自慢の彼です
こんなことは恥ずかしくていえないけど、
昨日はそんな彼氏がとってもいとおしくて仕方なかった
横で眠る彼の姿を見て、幸せと同時にあたしも頑張らなくてはいけないって思いました
早く一緒に暮らしたい・・・せめてお泊りしたい


明日は演奏会
伴奏だけだからいいけど、心に響く音が奏でられますように・・・

純白のウェディングドレス 

2006年09月13日(水) 15時34分
旅行から無事にかえってきました

滞在していたホテル内で純白のウェディングドレスを見ました
グレーのタキシードと一緒に並んでいるのを見て、一人妄想にふけってしまいました
だってあこがれなんだもの!!!!!!!!!!

演奏会では白いドレスは着ないと決意してカラードレスしか着ないのは、
いつか純白のウェディングドレスを着るため

そんなときが早く来てほしいって最近よく思う。


思い返せば男の人と付き合うことなんてなんでもなかったし、SEXだってなんでもなかった。
ただただちやほやされてかまってもらえるだけがだと勘違いしていた。
ただ抱かれているときだけでもしてもらえればいいとも思っていた。


今は違う。
そんなときを思い返すと自分が情けなくてならない。

やっと一緒にいることが一番幸せだと思える相手に巡り会えました
そしてその人がずっとにいてくれると約束してくれました。
口約束にしかすぎないかもしれえないけど、初めてもらったこの幸せは絶対放しません
そして早く卒業してその人と一緒になりたい

そして純白のウエディングドレスを着たい
そしてみんなに祝福してもらいたい

たかが一枚のウェディングドレス。
けれどその一枚にすごく幸せな時がもらえた気がしました

将来について 

2006年09月06日(水) 23時44分
最近、将来についてよく考える。

昔はこれでも無邪気にピアニストなんて目指していた
大学で教育学部に入ったのもあって、その夢はしまっておいていた。
そんなあたしだったけど、新たに音楽教師と言う夢が出てきた

デモ今は・・・。
何になりたいのかわからない現状
やりたいことがあって大学院にも来たのに、今では本当にそうなのかわからない。

周りが新採で教師をやりだす。社会へ出て行く。
そんな姿を見ていると、夢どころか幻滅さえもおぼえてしまう
そんな自分が情けなくて小さくも見えてくるんです

デモそんなこと言えないし
ずっと一緒にいた学科の友達はみんな卒業して、大学院には一人取り残されている感じ

もっと真剣に大学卒業のコト考えるべきだったのかもしれない。
修士の免許にどこか惹かれてしまった自分が情けない

デモ院生になっていいことだってある
今年は1ヶ月に1度は何かしらの形で人前で演奏できること

そして人の心に届く演奏ができたこと

それができただけでも音楽の道に来たになるんだと思った。


将来、音楽の道で進むことはないと思うし、これで食べていこうなんて思ってない。
そんな勇気はもうない
デモ誰かの心の中ではずっとピアノを演奏していたい、という気持ちがどこかにまだ残っている。
それを思うと心が温かくなる
デモそれと同時にこの先を考えたときの不安が一気に押し寄せてくるんです…


ただひとつかなえたい将来は
好きな人と幸せな家庭を築きあげること
これだけなんです

初日記 

2006年09月06日(水) 14時31分
今日からブログっ子のがぁーこ

本当は言いたくてもいえないこととか・・・

思ってるだけのこととか・・・

いっぱい書き込んで行こうと思う

 ここだけは本当のあたしを書こう
P R
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ちぃ
» 将来について (2006年09月07日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shizuka0103jp
読者になる
Yapme!一覧
読者になる