風邪 

December 06 [Wed], 2006, 14:52
2週間前に声が出なくなったのを最初に、ずっと体調がおかしかったです。ぐったりしている間に思ったことが、普段からしゃべられない人の大変さでした。まったく会話にならず、声が出ない間は筆談したりひそひそ声で相手に耳を傾けてもらっていました。外を歩いているときは、車の音でひそひそ声の空気の音も聞こえなくなってしまうので、外では会話ができなくて、大変困りましたし、電話も出来ませんでした。先週に声が出るようになってようやく会話の出来る生活のありがたさが分かりました。大変不自由でした。
普段から話せない人はもっと苦労していると思うと、自分は恵まれていると思わずにはいられません。振り返ると声の出なかったことは貴重な体験だったようにも思われます。このことを機会に手話などの勉強をしようかと思いました。

とりあえず… 

October 27 [Fri], 2006, 3:35
とりあえずホームページの更新が終わった。
全てHTMLで更新し続けていたので、大変時間が掛かったが融通が利くようになって良かった。
あとは、作品を創ったりリンクを増やしたりするだけである。
もう眠いから寝ようと思う。

アシダカグモ 

July 13 [Thu], 2006, 12:42
最近アルバイト先にアシダカグモが出た。部屋の壁のところにへばりついていたのを目撃。中には悲鳴を上げる人も。私もとても怖かったが、そのときの蜘蛛がアシダカグモだったと後で知った。家でパソコンを使って動物の写真や飼育方法などを見ているときだった。あるホームページで、アルバイト先で見た蜘蛛と似通った蜘蛛の写真が貼ってあったのだ。見ると、たいそう気色の悪い姿。解説文にはアシダカグモと書かれてあった。蜘蛛の中でも最大の大きさの種類のもので、広げると12cm以上のものもあるらしい。さらに読み進めていくと、人間にとって益虫である、との記述があった。この見た目が気色の悪い蜘蛛に、どんなメリットがあるのか。それは、アシダカグモの好物にあった。アシダカグモのえさはゴキブリらしい。たしかにゴキブリより大きいので負けることはないだろう。アシダカグモは家から追い出しても餌のある限り必ず戻ってきてその餌を狙いに来るらしいので、もしもアシダカグモが家に出てきて追い出したいと思ったらゴキブリを殲滅するほうが早いとまで書いてあった。このように人間にとっての害虫を処分する益虫と知ったので、アルバイト先で追い出さなくてよかったと思った。しかし、アシダカグモが出たということはアルバイト先に害虫がいっぱいいるということなので不安が残った。ちなみにアシダカグモは、餌を捕食中にまた別の餌を発見すると捕食中のものをいったん置いておいて別のものを捕食にかかるので、『ゴキブリほいほい』や『コンバット』を置くよりも成果があるのではないかといわれている。まぁ、何にせよ両者が気持ち悪いということには変わらないのだが。

茶道のこと 

July 06 [Thu], 2006, 12:25
最近、茶道でお世話になった先生が亡くなられた。6月のことだった。先生は、昨年の12月に奥さんを亡くされており、まさに奥さんを追うようにして亡くなられたそうだ。お葬式は、やわらかい雨の降る中、自宅で行われた。
先生は我々の茶道を見てくださっているとき、「見ておくだけでいいんだからね、それだけでお点前は覚えられるんだから。見て覚えなさいよ」と仰っていた。口を不自然に動かしながら話される様子が思い出される。静かで、厳粛な式になった。
お見送りのとき、私が高校生だったときにお世話になった茶道の先生二人とお会いした。「もう、こういう機会でしか会うこともなくなるんでしょうねぇ」そう言った先生の顔には深い皺が刻まれていた。私は今度絶対に暇を見つけて、高校のときの茶道部仲間を連れて先生の所に顔を出しに行こうと思った。

茶道 

May 22 [Mon], 2006, 23:23
今日は茶道に行ってきた。お手前はまだ完璧に仕上がってはいないが、繰り返し練習することが大事だと言われたのでそうしようと思う。ちなみに、今朝は寝坊してしまい、家から学校まで走っていくことになった。まだ晴れていたので傘を持たなくても良かったせいか、13分で学校に着いた。新記録だった。
昨日から遠藤周作の書いた『留学』を読んでいる。後少しで読破出来るが、読みながら陰鬱な気分に浸ってしまいなかなか先へ進めない。しかし、新潮文庫の小説にはブックマークがついているから安心だ。いちいち栞を取りに行く手間が省けてとても便利である。少し読んでは考え、また少し考えては読み、を繰り返して読んでいこうと思った。
どうでもいい話ではあるが、昨日からしばらくビルの周りを烏が鳴きまわっている。一体どうしたのだろう?通りを通っているおじさんも「あの烏の鳴き声はおかしい」と言っていた。何かあるのだろうか…?

ピンクパンサー 

May 21 [Sun], 2006, 20:13
巷で話題(?)の『ピンクパンサー』を友人と見てきた。マヌケなクルーゾーという主人公が警部に任命されてポントンと一緒に、フランスのサッカー監督を殺した犯人を特定していく話だった。
内容はすごく明るく、声を立てて笑うシーンもあった。アメリカの漫画をそのままできる範囲で実写したらこんな感じになるのかなぁ、と。個人的にはOPで流されたピンクパンサーのアニメーションが好きだった。頭を空っぽにして見れる映画であったと思う。
しかし、『ダ・ヴィンチ・コード』の上映も重なったためか、『ピンクパンサー』方のスクリーンは人が少なかった。いずれ『ダ・ヴィンチ・コード』も観にいこうと思うが、その前に小説を読んでおきたいものである。

初日記 

May 20 [Sat], 2006, 11:36
ヤプログで日記をレンタルした。使いやすくて良い。かわいいスキンがいっぱいあったので定期的に更新していこうと思う。今日は資料組織演習の授業があると思って来たのだが、休みだった。
P R
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shiyouhuka
読者になる
Yapme!一覧
読者になる