【 更新情報 】

スポンサードリンク

注射によるシワ取り

シワを取る方法として、シワの下に薬液を注入してシワを消すというものがあります。

注射によるシワ取りの主な注入物はコラーゲンやヒアルロン酸です。

この注射で、シワの溝のへこんだ部分の下を持ち上げてシワを消すのです。

シワのある場所、例えば目元や口元に注射針を刺すことになりますが、痛みはほとんどありません。

所要時間は20分程度です。

ただし、この手術は定期的に行う必要があります。

注入するコラーゲンは、時間の経過と共に身体に吸収されるからです。

シワ取り手術で使う注入用コラーゲンは、子牛の皮から精製しています。

そのため、シワ取りの手術前には1ヶ月をかけてアレルギーの検査をしなければなりません。

ヒアルロン酸の注射による注入は、小鼻の両脇から唇の両端までにできるシワや、目の下などのシワ取り治療として簡単安全な方法です。

人間の皮膚にはヒアルロン酸がそもそも含まれており、皮膚の保水やシワのないハリのある肌を作っています。

ただし注射によって注入されたヒアルロン酸は、1年程度で分解されて肌に吸収され、シワ取りの効果がなくなってしまいます。

また、シワ消しにはボトックス注射という方法があります。

神経系に作用し、筋肉が皮膚を引っ張る力を弱めるのです。

ヒアルロン酸注入とボトックス注入をうまく併用することで、シワ消し効果が高まります。

手術によるシワ取り

現在のシワ取り手術は昔よりずっと安全かつ簡単になりました。

顔のシワやたるみが出やすい部分は決まっており、口元や目元、首、頬などですが、いずれの部分も手術でのシワ取りが可能です。

シワ取りのための手術はおおげさなものではないので、入院することもなく翌日から人前に出ることもできます。

皮膚のたるんだところを切除するため傷跡が残ってしまいますが、まつげや髪などで目立たない場所であるため、特に心配はいりません。

手術後の顔のシワは、顔を上にして寝そべった状態で鏡を見たときのような形になります。

頬のシワ取りや鼻の横のみぞは、こめかみの髪の生え際から耳の下までのたるんだ皮膚を切り取り、筋肉を斜めに引き上げます。

皮膚を切り取ってしまうだけでなく筋肉を斜めに引っ張り上げた方が、シワ取りの効果が長く持続し、このやり方で鼻の横や目元のシワをなくすことができます。

目の下に対してシワ取りを行うには、まつげの生え際付近で皮膚を切り取ります。

まぶたの下が皮下出血のように色がつきますが、一週間程度で消えてなくなります。

額のシワ取り手術では、額の髪の生え際から数センチほど離れた髪の中の皮膚を切り取り、額の皮膚を持ち上げます。

額付近の皮膚は厚く、このため手術した部分が腫れるようなことがほとんどないのが利点と言えます。

表在性筋膜に手を加えてたくし上げるような施術をする美容外科医もいます。

シワ取りの仕組み

シワは加齢と共にどうしても増加します。

シワはどうしてできてしまうのか、また、シワ取りには何をすればいいのでしょうか。

シワは人生の年輪とも言われていますが、皮膚の真皮層にあるコラーゲンが年齢と共に破壊されることでできます。

真皮層はコラーゲンによって弾力のある層になっていますが、この層が壊れると表面が波打つような状態になります。

一方、皮膚の表面には皮溝と呼ばれる細いくぼみの線が網目状に走っています。

真皮層が衰えることで皮溝が深くなりシワが形成されますが、シワの除去とはこうした皮溝を浅くすることです。

皮膚は、筋肉の運動に伴い伸び縮みします。

シワ取りで最も取りたい部分、目や口の周りのシワは顔の表情筋によってできるものです。

普通にしているとシワが出ない人でも、笑ったときには目尻や口元のシワがでます。

加齢と共にこのシワは深くなり、表情筋に力を入れなくとも残るようになります。

シワ取りで最も取りたい部分ですが、表情の豊かな人ほどシワはできやすく、笑顔が多い人ほど横方向のシワになります。

シワを作りたくないからと表情を変えない生活をしていては面白くありませんし、シワ取りは適度にしつつも多少の表情ジワは受け入れるつもりで笑顔の日々を送った方が、毎日は充実するのではないでしょうか。
P R
カテゴリアーカイブ