[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス


【 更新情報 】


歯周炎は怖い病気!

歯周炎はいわゆる歯茎(はぐき)部分に炎症が生じて痛みさえ伴うことがありますし、最悪は歯自体の働きそして欠け歯などに進行していきます。自覚症状が少ない歯周炎には、歯肉周辺部部分で細菌が感染して生じる歯槽膿漏からのものと、歯髄の炎症が歯周の細胞組織に影響して生じる歯周炎に大別されます。

いちど侵されると歯肉および歯槽骨さらには歯根膜という部分までが傷み始めることになります。セメント質の部分も壊されることによって、細菌はさらに繁殖しやすい状態になり、悪循環を繰り返しながら進行していきます。進んだ歯周炎としては、歯の痛みという自覚症状とともに歯茎の全体が腫れたり鈍痛を伴ったりします。

耐えられないほどの歯痛そして出血そして不快な口臭をも伴いことがあります。これらの状態が生じるまでに、歯周炎ではなんらかの自覚症状があれば直ちに歯医者での診断が必要です。歯周炎は歯が固定されずに動いたり噛みにくくなったりしますし抜け落ちることもあります。

加齢によって歯周炎が生じることもありますし、若い人では食べ物のビタミン不足や偏食、そして新陳代謝の不足によることもあります。思春期までには、炒った固い大豆などを食べておくと、歯の病気にはなりにくいと日本古来の食事は教えています。

歯周炎治療はどうする?

歯周炎治療については、初期での自覚症状がとても少ないことで"治療より予防"を心がけておきたいものです。先ずは歯槽膿漏あるいは歯肉炎を意識することになります。歯のぐらつきや歯茎の痛みを感じたら直ちに歯科医での診断が必要になります。

とくに歯周炎治療については、信頼があって実績のある歯科医を口コミなども参考にして選びましょう。ネットサーフインで家の近くを調査して、多くの情報をあらかじめ見ておくことはとても役に立つものです。初期状態でしたらドラッグストアなど市販品による歯周炎治療も可能ではありますが、ツマ楊枝などの使用はできるだけ避けるようにしましょう。

歯と歯茎の間は、非常に細かくて鋭敏な神経も通っていますので、ちょっとしたことが引き金になって細菌が溜まり悪化して、化膿さえすることもあるからです。歯科医を訪問したら、自覚症状を十分に説明して歯周炎治療にはある程度の時間と費用がかかることを知っておきましょう。

こと歯に関することですから、生活習慣やセルフケア用品のアドバイスなどのカウンセリングや精密検査が十分な歯科医を選びましょう。さらに歯周炎治療には、程度や症状に合わせた歯周外科治療や再生療法が必要になることがあります。

歯周炎の原因 歯茎への過大なストレスが!

歯周炎原因としては、歯の付け根つまり歯自体と歯茎とのつながり部分でのすき間で生じることが多いものです。さかのぼれば歯さらには口内の不摂生があげられる場合もありますし、歯槽膿漏あるいは歯肉炎からが大半ともいわれています。

体質的にカルシウムが不足していた結果歯周炎原因になるような歯自体が弱いことや、歯茎での細胞などの新陳代謝が不十分であることも指摘されています。つまり歯の関連部分とともに口腔内すべての清潔さの不足、そして筋肉質の働き低下が影響するものです。それらが関連し合って、歯元での細菌の発生そして堆積となって歯周炎原因につながります。

日常的な歯周炎原因の未然の防止には、もちろんこまめな歯磨きそして歯茎のマッサージもあげられています。食後はおおよそ30分くらい以内に食べ物によるケミカル的な口内での反応は進むといわれていますので、歯周炎原因の対策も含めてその時間以内での歯磨きが勧められています。

歯にものが挟まった場合には、ツマ楊枝で突くようなことは歯周炎原因にむすびつくことにもなりかねませんので、避けるように心がけましょう。さらには、とても固い食べ物を無理に噛んだり割ったりしたことによる、歯茎への過大なストレスが歯周炎原因の遠縁にもなります。若い人に限らず、加齢によっても歯周炎原因は増えやすくなるものですから、よく意識しておきましょう。

歯周炎の症状 自覚症状は?

歯周炎症状自体の自覚症状は殆ど無いといわれていますが、もしなんらかの自覚症状があるとすれば、先ずは歯茎の痛みを感じ始めます。毎日よく磨いてもスッキリしないこともあり、また部分的に歯ブラシが当たれば痒いようでもあり、また痛いようでもあることも経験するようになるもので、いわゆる歯肉炎か歯槽膿漏が進行していることが大半です。

つまり歯自体と歯茎の固い繋がりが崩れる状態となり、そこへ細菌や食べ物が入り込んでさらに悪化していきます。歯ブラシで丁寧に磨いても、防ぐことができない状態になってしまうものです。あるいは歯周炎症状として、細かい食べ物が歯の間に挟まることもありますし、ツマ楊枝などでも取れなかったり、さらに痛みを感じたりすることもあります。

歯茎では痛みを伴うことなく腫れを感じると、歯周炎症状として化膿することや出血も伴いますので、ものを食べているときに初めて気付くこともあります。痛みを感じなくても、顔とくに頬のあたりを触っていてなんとなくふっくらしていて歯茎が腫れていることを初めて意識することもあるものです。

さらに歯周炎症状が進行していくと、痛みが増すとともに出血あるいは膿みが出ることもあり、不快な口臭すら生じてきます。歯自体に動きが生じ始めて食べ物を噛みづらくなりますし、歯周炎症状独特の非常に辛い状態が続いていくことになります。

歯周炎薬の選び方 持病との関係は?

歯周炎薬については、とうぜんながら歯周炎の原因そして状態によって治療薬も異なってきます。歯周炎合併症のひとつとして糖尿病があげられますので、インシュリン投与が関係するケースもあります。唾液の分泌が少なくなることもあって、白血球の機能の低下によることですから歯周炎薬にも関連してきますので、薬物療法とともに食事および運動療法をも伴うことを知っておきましょう。

首の周りから頭部へかけての運動あるいはマッサージやストレッチ体操は、歯周炎薬としての投与薬物の効果の促進のために勧められることです。十分な精密検査がなされる歯科医では、患者の症状とともに併発病についての診断がなされますので、その結果によって歯周炎薬も決められます。

歯周炎は若い人でもかかりますし、加齢によって急速に生じることもありますから、歯のブラッシングそして定期的な検査が勧められていますし、ネットサーフインでも日ごろから知識をもっておきたいものです。当初のカウンセリングなどでは、持病あるいは併発病についても十分に述べておくことがとくに歯周炎薬の検討そして選定には必要なことです。

歯科医は述べられた内容と症状の高い精度での検査結果によって、歯周炎薬として痛み止めあるいは化膿止め、そして症状の改善さらには再発防止をも含めた投薬がなされます。歯周炎は歯肉炎から進行するといわれていますが、歯周炎を放置しておくと、歯茎のくされはおろか、歯茎がぼろぼろにくずれ、物が食べられない大変なことにもなりえるのです。