最高の日々を 

February 02 [Thu], 2006, 1:25
最近感じることは、
人生は短い。そして、そんなに出来ることは多くない。
なにか、ほんとうに自分に最適なもの。ってのは、そう簡単に見つかるわけじゃないし。
そうわかってそれを始めるわけではないと思う。
とにかく、動いてないと、いつのまにか、30歳、40歳になってしまうような気がした。

母のメール、
命短し恋せよ息子

友人は、おもしろいお母さんだね、っていうだろう。
しかし、これは事実で、そう実感する。
気付いたら、2月。
気付いたら、2006年も終わっているかもしれない。
そして、気付いたら人生が終わっているかもしれない。

最高の充実なんてわかるわけ無いけど、その日に出来る最高のパフォーマンスを心がけたい。
一日の進歩なんてたいしたものじゃないかもしれない。
大切な時間や、輝いた時間は、経つのが早い。そして、あっけない。
そう、最高のパフォーマンスもけっこう、あっけない。
たとえ、あっけないとしても、こだわりたい。
最高のパフォーマンス。


この時期に 

February 02 [Thu], 2006, 0:49
早いもので、もう2月になった。
最近は、濃いとはいえない生活を送っている。
充実してるなんていえるわけない生活。
昼過ぎまで、必ず寝ている。
特に用事も無いから、昼過ぎまで寝る。
学校の授業は終わり、テストも明日の精神保健概論で終わり。
早稲田大学3年生の一年の授業を無事修了。
最近、隼や、バランスボールの3年生は、就職活動に精をだし、
卒業後の進路を決めようとしている。
就職。
自分には、縁の無いもの。
しかし、これだけまわりが就職に関する話をしていると、
気にならないわけが無い。
そして、予約したリンクのセミナー。
やらなかったことを後悔したくない、という単純な動機である。
そんなに、モチベーションは高くない。
リンクに興味は持っている。
出来るだけの準備をもって参加しようと思っている。

それでも、自分の中に企業への就職はかなり可能性は低い。現段階で。
現代階の自分の頭の中を整理してみたい。

・日本の大学院(かなりの割合で早稲田)
・留学
・教員

しかし、そこに明確な目標、明言できるものがあるとはいえない。
胸を張って主張できるような理由。

たとえば、大学院。
漠然と、
勉強してみたい。スポーツ科学の専門家になりたい。学を修めたい。
漠然と。


留学。
漠然と、
海外生活をしてみたい。アメリカでスポーツや教育について
日本で学べないような勉強をしてみたい。
漠然と。



教員になることに対しては、
体育を、これからオトナになる学生に教えたいというモチベーションがある。
大学でならったことを生かして、良い教師になりたいと思う。

しかし、大学卒業後すぐというと、どうだろう?と思うわけだ。

もし、すぐにでも先生になったとしたら、先生として頑張るのに精一杯で、
海外に行ったりすることはできなくなるように思う。
なれるかどうかは別だ。

ライフスタイル 

October 26 [Wed], 2005, 1:45
最近、オサレなライフスタイルについての興味が大きい。
また、興味の話であるが、まぁ気にしないことにしよう。

今日風呂に入って考えたことは、今の自分の部屋をオシャレなカフェ、バー風にして、
友達を招待してまったりと飲み会をするなんてステキじゃないかって思った。
カフェ・バーを意識した模様替えをしてみるのもよいかもしれない。

最近、カクテルのなかでカシスウーロンと、ジンバックがお気に入りである。
そういったオシャレなお酒を楽しんでみるのもステキなライフスタイルだと思う。

ココ2週間くらいの自分の生活は良い方向に向かっていると思うし、充実していると思う。
学校にきちんと登校しているというのもポイントだろうが・・
その登校が軸となってきちっとした生活をおくれているように思う。

今日雑誌で見た田伏の言葉に、その日に出来る最高のことをやる。
といったような言葉があった。
そうして、一日一日を過ごしていけば、失敗しても後悔することはない。
ということである。

何気ない生活の中でも、その日に出来ることを精一杯していくことが、
ステキなライフスタイルにつながるだろう。




未来 

October 25 [Tue], 2005, 1:59
今日の4限は、東大からのゲスト講師による授業だった。
質問をすることで10点をもらうことができる。
あきとは、2回も質問をしていた。そして、内容も研究に関するなかなか深いものであったし、
自分のしてみたい研究に関するまぁまぁ意味のある質問であった。
その横で・・・
自分はというと、講義の半分は寝ているといった状況である。
もちろん質問なんか思いつきもしない。
なんとなく嫌な気分になった。
自分は研究職は向いてないなぁとまた認識した。
勉強に対する意欲もないわけではないのだが、とことん追求するほどの熱意はない。

最近の興味といえば、
スノボに、ダンスに、ダーツに、音楽、特にクラブミュージックに、英語に、アートに、
とほんとにたくさんある。

しかし、それぞれが浅いように感じてならない。
実際に深い知識や技術をもったものは一つもないわけで、
どれに関しても中途半端であるように感じてしまうわけである。
これは、前々から感じていたことであるのだが、自分は何か突出したスペシャルなものを
もっていないなぁと感じるのである。

なにか、そういったスペシャリストになりたい、そして有名になりたいと思う反面、
なにかを深く掘り下げるべく命がけでとりくむことはしないのである。
根気よくする努力が苦手なのだろうかとも思うが、それを認めてしまうわけにはいかない。

そして、就職活動が始まる時期になってはいるものの、
まわりに対する発言はつねにノープランである。
友人からは、教師になると思われている。

正直、企業に就職する気持ちは少ない。
しかし、そこですぐに教師を目指して熊本で生きていくのも少しばかり寂しい気がするのも事実である。

外国への留学にも思いをめぐらすこともある。
しかし、行動は常に遅く、漠然とした思い、の段階から一歩進むことができていないことも事実である。

院にいくことも考えなくはない。しかし、そうやって何かを研究していきたいのであろうか?


時間は、思っているよりも少ないことを意識したい。

そして、一日一日を大切に生きていこう。

スポーツ科学 

October 23 [Sun], 2005, 0:25
夜、航空公園にてトレーニングを行った。
適度なランニングと、縄跳び、少しだけ、片足で跳ぶ足首の強化と、片足立ちでのバランスの強化である。
来週に試合を、3試合も控えているので、身体の調子を整えていこうと思う。
心肺機能を少しでもあげ、持久力を戻すことが目的だ。
シュートが崩れないように筋力トレーニングは控える。
まぁ、最近シュートは崩れっぱなしで3ポイントなんか入る気しないけど。

さてさて、走っていて、そして縄跳びをしていて感じたことだが、裏ももがすぐに凝る。
すごくうらももがかたいように感じる。
最近柔軟を毎日行ってはいるが、太ももについては全然かたいように思う。
股関節の可動域が狭いのもその影響を受けていると感じる。
また、駆け足とびで縄跳びを行っていると、左足のももと付け根が右足に比べて疲れやすいことが実感された。右足の筋力不足が原因なのかもしれない。

ゼミの発表での課題として、筋肉の硬度、スティッフネスについて調べることになったが、
この自分の裏ももの硬さは、硬度が高いということなのだろうか。


さてさて、航空公園のトレーニングをこれからも出来るだけ行い、最近のひそかなテーマである、軽くて強いカラダ作りを進めて行きたい。
そして、ゆくゆくはダンクを★
22歳になる前に・・・








2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shisou
読者になる
Yapme!一覧
読者になる