子供の視力回復には正しい知識が必要です。 

2009年07月02日(木) 11時01分
子供の視力低下及び視力回復での間違った知識とは

●子供が視力低下したのですぐにメガネ、コンタクトしないと目に良くない?

●メガネは何度も掛けたり外したりしないと視力が低下してします?

●コンタクトレンズはメガネよりは目に良い?

●ブルーベリーを食べると目が良くなる?

●近視は遺伝だと言われている?

など、すべて間違いです。

子供の視力回復に必要なのは正しい知識と視力回復のためのトレーニングの方法です。

視力低下や近視は毎日の生活のなかで「 近くのものを凝視し続ける 」ことが原因なのです。

近くのものを凝視し続けると筋肉が収縮して 固くなります。この状態は遠くのものに対する 眼のピント調節が 困難になり、さらに、慢性化して 視力が低下していくのです。

でもこの状態は一時的に仮性近視になっただけです。


この状態の時、視力回復のトレーニングをしなかったから眼球の血行不良や眼球を動かす目の筋肉が衰えたのです。


そしてその状態を放置すると視力回復が難しくなります。

真性近視という状態になってしまうのです。


子供さんの一度下がり始めた視力は例えその行為や止めたとしても、それだけで、視力が戻って来ることは あり得ません


子供の視力回復の方法でお悩みの方はいろいろな視力回復方法やトレーニングなどをお試ししていることと思います。眼科の目薬や視力回復絵本3d、超音波治療などでは劇的な視力回復できないことを体験しているかと思います。


またブルーベリーや視力回復サプリなどでも子供さんの視力回復はしていないでしょう。

ブルーベリーを食べると目が良くなる? 視力回復に良い?

これは間違いで正しくはブルーベリーの皮の中に含まれる物質『アントシアニン』は視力低下の予防に良いのでして視力回復に良いのではないのです。

視力予防と視力回復は違います。


ブルーベリーの『アントシアニン』は目に入った情報が脳に素早く伝えられようになるので目に良いと言われているのです。

ブルーベリーやサプリメントは予防できても視力回復はできないのです。

視力回復そして二度と視力低下を防ぐためのは目の筋肉を鍛えるアイトレーニングや回復した視力を二度と元に戻さないトレーニングが必要なのです。


子供さんの視力回復の方法でお悩みの方は簡単で楽しい田中式、視力回復アイ・トレーニングを

子供さんと一緒に楽しくやりませんか


詳細 ⇒0.3の視力しかなかった子供の視力が1.3まで回復した方法


楽しい視力回復トレーニングで落ちた視力を回復させましょう。