復活!は!してない!!

April 28 [Mon], 2014, 0:28
うわあああああああ
2年ぶり?3年ぶり?うわあああああ
いつのまにやら大学生になりました。3回生です。就活目前。

正直2次元から興味が遠のいて、ここのサイトにくることもなくなってました。でも絶対閉鎖だけはしたくなくって、更新もしないままぐだぐだぐだぐだ。そんなこんなで開設して8年。もう二度と来ることがないと思っていた二次元の波がわたしにも再びやってきました。

排球部の!!!3年生!!!!菅原さん!!!!!!

彼にめろめろです。もっぱら。今日もアニメイト行ってごはん代全部菅原先輩のグッズに使いました。今日なにも食べてません。それぐらい菅原先輩すきです。だいすきです。


ただ、だからといって勢いが戻るとは自分でもとても思えないです。なんとかHQを独立ページを作れるくらいにはしたいと思っていますが、いかんせん飽き性なもので未来に保証はないです。総悟さんもだいすきです。栄口くんは今でも世界で一番だいすきです。ただ、話が思い浮かびません。

大学にはいって、思った以上に毎日楽しいです。中学高校と不登校気味というか、学校が大嫌いでいかに仮病を使って学校休むかみたいな。卒業することばっか考えて。でも大学はいってから初めて学校に行くのが楽しくなって、勉強もまあまあちゃんとやってるつもりです。そのこともあってか、おはなしに使う時間がないというのも現実です。

でも!!!書きたい気持ちは消えてないです!!!!

きっとこのまま何年先も、こんな感じでぐだぐだぐだぐだこのサイトは続いていくと思います。

それでもついてきてくださるみなさまがいるなら、しるらはいつまでだって走りたいです。
20個くらいおはなしを書けば、自分で気に入るものが1つくらい生まれます。それがすごく嬉しくて。

亀みたいじゃなくて、もう亀に足元も及ばないくらいのスピードで歩いてます。
そんなnocturneです。これからもそんな感じです。


マイペースに歩くことだけが、わたしの得意技です。
たまにでいいので、ふらっと休憩がてらnocturneを開いてくださればきっと呼吸がしやすくなるような、そんなサイトにしていきたいです。

これからもnocturneと姫美新羅改めしるらをよろしくお願いいたします。

バイト定員いっぱいで断られた ←

January 11 [Tue], 2011, 16:41
…はい!どうもしるらです!←

あの、はい。用事とか書きたいこととかそういうわけじゃなくて。
毎年恒例の年賀状これだったよのコーナーです( ^ω^ )

と、いうわけで!2011年の年賀状はけーおんのみおたんでしたー\(^O^)/
似てないとかそういう苦情はいりません\(^O^)/ ←


あけましておめでとうございます!!

January 04 [Tue], 2011, 22:05
年賀画像ひっぱってくるの忘れた…!
思いだしたときにでもまた。(笑)

お久しぶりですみなさまー!果たしてここをみてくださっているかたがいるのかどうか!ちなみにわたしはみていません!! ←
わかったことは、高校生って以外と忙しいんだなと。そんなことを学んだ2010年でした(^ω^)2009年楽に生きすぎた
更新履歴を整理しようと思って見てみたところ、あまりの少なさに自分でも驚きましたまじで。
更新停滞にもほどがある/(^O^)\これじゃ凍結
ということを反省してここ2日更新している…わけでもなく。 あ
部活でもめて冬休み全力にーとまんなので、暇すぎての更新ですごめんなさい…!しかもリア充も終わりあとはただ宿題に追われる身になってからの焦りが現実逃避につながるというだめなかんじ、の…
睡眠時間<頭文字組
な毎日です。今日就寝したの朝の8時です。これって就寝っていうの?
…で、ええと
そんなくだらない近状報告ではなくてですね。
サイトもなんだかなにもしないままいつのまにかあと1ヶ月弱でなんと5周年!自分で見て驚きました。ていうかほんとに5周年であってるんでしょうか。記憶ままならなさすぎる/^q^\
そこで、ですね!きっとこんなこといって自分の首を絞めるに決まっているのですが、今までサイトのうpしたことのあるひとを全員ひとつずつ、なんて、…ね!! ←
流石に全員はやっぱり無理な気はしますが、できる限り頑張りたいです!振り、ぎんたま、復活は少なくとも…!ただあの復活とか最早キャラの名前も忘れ去ってしまったくらいのレベルなんですがこれ大丈夫です、かね…もう結構前に漫画売り払ってしまったのですが ←
ひばりやまもとさんごっくんつなくらいは覚えてますよ!…あとは許してごめんなさい!!
できるだけ自分を追い込むためにあまり手を出してない人からいけたらな、なんて…!あ、もしこいつやってほしい!てひとがいたら是非おっしゃってください!!たとえ復活の忘れ去ったキャラだとしても頑張ります勉強します!そのくらいリクエストの力大きいです!(笑)
あとこの話の続き、とかそういうのでも!…ぶっちゃけネタがほしいです!! あ
今妄想が三次元にしか向かないので、二次元のネタを…是非…三次元、誰もまってなくたって私は更新していきますよ(最低)
ええと、おそらく5周年に間に合うことはないかと思われるので、2011年度になってしまうまでには頑張りたいと思います…!

それともうひとつ
去年ただでさえ更新率が酷かったのですが、きっと今年はもっと減るんじゃないかなあ、と…
流石に高校受験と違って遊んでられない気がしまして。あ、来年度受験生なんです。
家から歩いて30分くらいに県大があるんです。…行くしかないでしょう!(受験なめてます)
ということで本気になってみたいので…あ、でもポメラも購入したしきっと妄想が爆発するっていうかストレスたまりまくると思うので、やっぱり閉鎖とかそういうことはないです!凍結です!凍結とかいっときながら多分割ときます! ←
このサイト閉鎖するときくるんでしょうか。愛する香月ちゃんの遺品故いつまでもとじられない、気が(笑)
まあそれはおいといて!
更にみなさまにはご迷惑をおかけしてしまうでしょうが、2011年もどうぞnocturneと姫美をよろしくお願い致します!

お久しぶりです(^-^)

August 10 [Tue], 2010, 16:39
甲子園\^^/
今年は興南を全力で
応援しておりますw

地元の中京大中京は
まあ勝つんじゃね程度
なのにね(^ω^)あ

中京は開会式で見た
からなあ〜
みんなでかかった←
うちの学校ちっちゃ!
みたいなね。笑

甲子園の季節だし
近い内に夏っぽい
栄口くんでもかけたら
よいなあと思われ(^-^)

拍手であたたかい
お言葉いただいたので
頑張らなきゃなあと★


でもほんとに妄想ない。
現実に必死すぐる私。
逃避からなんかかれぺっと
とやらにはまった/^q^\←

かれぺっと

いやもうほんとに。
素敵すぐる\^^/
夢すきーさんはすき
だと思うよ!!ww
よろしければ是非←


ではでは(´^ω^`)


興南頑張れーい!!!

紫に照らされて

June 08 [Tue], 2010, 0:00
そんなはずないって、何度も自分に言い聞かせた。
叶うはずない。幸せなんて見えてこない。それなのに、どうして恋をする必要があるの?
頭で考えれば考えるほど想いは大きくなって、理性じゃ抑えきれなくなる。ああ、最悪だ。こんなはずじゃなかったのに。


「…うわ」
「え!ちょ、っと待てって!なんで逃げてんの!?」
「いや…あまりの栄口先生のタイミングの悪さに驚いて」
「…お前最近俺に冷たくない?」


目を細めながら、教科書たちを持っていない方のあいている右手で私の頭を触る。
冷たくなんてないですよ、先生。だってね、私、こんなこと栄口先生以外にさせたことない。水谷先生が同じことをしようとしたもんなら、私は確実にセクハラ!と悲鳴をあげてしまっている。決して水谷先生が嫌いとか、そういうわけじゃなくて。


「ねえせんせ、」
「ん?」
「先生が生徒に手出したらどうなんの?」
「…水谷には気を付けろよ。アイツ彼女いるんだから。」
「違うって…」


思わず笑いそうになってしまった。先生が、あまりに真剣な顔で水谷先生の悪口を言うから。そんなに水谷先生って信用ないのかな?
そもそも私は、水谷先生に万が一にも口説かれたって、少しもなびいたりしないのに。(だって、私は)


「んー…きいたことないからわかんないけど、卒業しちゃえばこっちのもんじゃない?」
「…じゃああと2年もある。」
「えっ!?お前誰か好きなひとでもいるの!?」
「いちゃだめ?」


気づきたくなんて、なかったのになあ。なにもないまま、なんともないまま卒業して、笑顔で、いい思い出だけ抱えて、先生に会いに来たかった。こんな余分な、必要以上の感情。持っていたところで胸が痛むだけだというのに。


「いやあ俺はいいと思うよ?ていうか頑張れ、むしろ応援する!」
「…鈍感」
「…え?」
「先生応援なんかしちゃ駄目な立場に決まってんじゃん」
「別に恋愛なんて自由でしょ?俺は咎める意味がわかんないけどな。」
「…怒られるよ?」


応援するなんて言葉、嬉しくもなんともないよ。だってそれはつまり、先生は私のことなんて欠片も眼中にないわけで。
わかってたし諦めてたはずのことなのに、改めて面と向かって言われると、やっぱり辛いことにかわりはない。


「そんなこと言ってるやつらがおかしいんだって」
「やつらっていいのそんなこと言って?」
「…言わないでね?」
「誰によ?」


あんなに適当なことを言いまくっていたくせに、いきなりそんな風に必死になったりして。傷ついて、先生のこと好きじゃなかったらと何度思ったのかもわからないのに。それでも私は栄口先生が大好きで、そうじゃなくなれる日はしばらくやってきそうにない。こんなこと、と思ったってやっぱりかわいいなあだとか考えてしまう自分もいる。
結局のところ、私はこのまま栄口先生を好きで居続けるしかないのだ。


「ね、せんせ」
「うん?」
「私、栄口先生が大好き」
「…ありがと、」


先生が私の「大好き」を例えどんな風にとらえていたとしても、本当の意味がわかってしまっていたとしても。



紫に照らされて

(私はそれでも先生が好きです、大好きです)





恋愛乾燥地

April 02 [Fri], 2010, 12:30

「野球と私どっちが大事なのっ!?」
「…は?」
「言ってみたかっただけー」
「んだよそれ…」


にこりと笑って見せれば、阿部は安心したような顔を一度見せてから悪態をついた。
ずるいよなあ、ほんとに。そんな顔されると、言いたいこと、言えなくなる。
私より野球が大事なのがわかってて、それを受け止めた上で阿部と付き合ってるはずだったのに。私、いつの間にか欲張りになってる。


「…お前さあ、」
「やっ、な にすんの、」
「顔に出すな」
「…へ、」


壁まで詰め寄られたと思ったら、すぐに距離をおかれて拍子抜け。
…阿部の、こういうところが嫌い。
言いたいことがあるなら、はっきり言っちゃえばいいのに。…なんて、それは同時に私のことでもあって。


「…阿部のばか」


わざときこえるくらいの小さな声で呟いた私の声にも、阿部は聞こえないふりをした。




(そんな阿部のずるさを責められないのも、私の弱さのせい)






第九弾は阿部さんでした(´^ω^`)
ごめんなさい終わりませんでした続けたかったんです…!続くかどうかはおいといて、ですが…(^ω^)←

ラストね…誰にしましょうか…(´-ω-`)
サイトで数の多い人にしますかね(・ω・`)←

薔薇色カタストロフ

March 21 [Sun], 2010, 14:30

「慎吾先輩っ好きです!!」
「うん、俺も」
「…、へ」


日常風景になりつつある、冗談めいた私の告白。私の気持ちが慎吾先輩に届くことはないから、だからこそ明るく言えていた言葉で。


「俺実は、結構前から本気になってたりして。」
「…うそ、ですか?」
「きくなら普通『本当ですか?』だろ?」


呆れながらも慎吾先輩はにこりと微笑んで、数メートルであった距離を徐々に縮めていく。
これは私の夢?
今が満足できていなくて、だからこんな風に…なんて、そんなわけない。今私に起こっていることが現実以外のなんでもなくて、目の前で手をのばしてくれている慎吾先輩は本物の慎吾先輩で、そんなこと、馬鹿な私でもわかってる。


「俺の彼女になれよ」
「…私、で いいんですか?」
「お前じゃなきゃイヤなんですー」




(涙でぼやけた視界にうつるのは、誰より愛しい貴方の笑顔)






第八弾!慎吾さん!!
逃げるは振りですよやっぱり…(^ω^)
この人はなんでも言ってくれるしなんでもしてくれるから楽で助かります∩^ω^∩

さああと2人!…振りしか逃げ場がない(・ω・`)←

途切れ途切れな神経症

March 18 [Thu], 2010, 7:26

「…何を言っても無駄、だね」
「ごめんなさい」


違うの、違う。
本当は今でも誰より退が好きで、退のことしか考えられないくらい夢中になっているのに。
だけど私はこのままじゃいられない。


「ちゃんと幸せになってな、そいつと」
「…うん」


きっとこの先貴方以上なんて一生現れない。
だからこそ私は、この恋を綺麗なまま、格好のつくまま終わらせたいの。嫉妬で醜く腐ってしまうその前に、色のある鮮やかなまま退の記憶に残ってほしい。


「…じゃあ、」
「待って!…もっかいだけ、顔見せて」
「退…」
「やっぱり、俺の思った通りだ。…世界で一番可愛いよ。」
「…ありがとう」


私は、なんて馬鹿な女なんだろう。




(こんなんじゃ、大根役者だって笑われちゃうね)






第七弾は退だよ!ぶっちゃけ全部打ってから誰にするか決めて名前をいれました∩^ω^∩←
中身は水上洋子さんの「ラストシーンにかけて」です。ほとんど。(あ
こんな女の人かっこいいなあと思って引用させて頂きました、ありがとうございました。

あと3人か…(´-ω-`)

モスコミュール

March 09 [Tue], 2010, 23:34

期待外れとはまさにこのことである。


「…銀時のせいで終電逃した」
『…は?』
「銀時の言うこと信じなきゃよかった!」
『お前なあ…』


俺の体内時計は寸分の狂いもないだのなんだの豪語しておいて、これだ。寸分の狂いもないどころか2時間13分も体内時計が狂ってしまっているなんて最早もう病気の域だろう。


「ばかー野宿だよばかー」
『…しゃあねえなあ』
「…なによ」
『泊めてやるからそこで待ってろよ、迎えに行く』
「え、ちょ…っと、待ってろってアンタ今私がどこにいるかわかんの?」
『駅だろ?』
「…あ、そっか」


いつもふざけてばっかのアンタにいきなり優しいこと言われたって、心の準備ができてないんだよばか銀時。




(『パフェひとつで交渉成立?』「…くたばってしまえ!」)






第六弾は銀ちゃんですよ!甘さは捨てました∩^ω^∩←
長いのもしんどいけど短いのはもっとしんどいってのがようやくわかった気がします…(´^ω^`)

…あと4人誰やればいいの?(あ

向日葵

March 03 [Wed], 2010, 11:06

「…無駄な才能だね」
「羨ましいだけでしょ?」


祐希の好きな漫画のキャラクターを、いとも容易くノートに描いてみせる。憎まれ口を叩きながらも、この瞬間だけは祐希はなんだかんだ言って目を輝かせるのだ。いつもは口を開けばなんとやら、なんて言われてしまう祐希だからこそ、この時ばかりは本当に心から愛しく感じたりして。


「はいどーぞ。」
「どうもありがとうございます」


悠太によれば、べりべりと無造作に破り取ったその紙を、祐希は何よりも大切に保管しているらしい。ご丁寧にそれ専用のファイルまで作ってしまうくらいに。


「じゃ、次はこれで。」
「…仕方ないなあ」


やっぱり私は祐希が好きで、結局祐希に甘くなってしまうわけで。

「楽しみにしてるよ」




(その言葉がききたいが為に、私はまた頑張っちゃうんだよなあ)






第五弾!ゆっきーですよー∩^ω^∩
続けたくて仕方ないのでぶちってしまいました。近い内に長くなるのでこんな終わり方で許して下さい…(´^ω^`)
もう真面目にネタないんですけどwww

世界史暇すぐる(あ
プロフ
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しるら
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:7月17日
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・マンガ-振り!HQ!
    ・恋愛-菅原先輩結婚して下さい
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
有難きコメント
アイコン画像新羅
» つらあい… (2008年12月22日)
アイコン画像ひろ
» つらあい… (2008年12月20日)
アイコン画像美依
» つらあい… (2008年12月09日)
アイコン画像新羅
» とくっちとくっち!! (2008年11月04日)
アイコン画像ひろ
» とくっちとくっち!! (2008年11月02日)
アイコン画像新羅
» あっきーへ!! (2008年10月25日)