犬山城 

September 30 [Tue], 2014, 9:21
【2014.9.29登城】
愛知県犬山市 犬山城

国宝4城のひとつです。
望楼型3重4階(+地下2階)の独立天守は、その美しさから白帝城と呼ばれています。
その美しさゆえに廃城後も取り壊されなかったとのこと。
背後に木曽川という天然の水堀を持ち、断崖絶壁の山の上に建つ、後ろ堅固の城。
城下町と一体となった総構えの構造になっています。

1573年、信長の叔父、信康により築城。
この頃は2階部分までの館で、その後天守の部分が造られたと言われています。

犬山城は小牧長久手の戦いでは秀吉が入城したことで有名ですが、織田家の内部抗争の折には信長も攻めています。城主もたびたび変わるなど、歴史の多いお城です。

江戸時代の歴代城主は成瀬家。
初代犬山藩主の成瀬正成は、尾張藩の付家老を務めています。
犬山城はつい最近まで、成瀬家の所有でした。

この日は一人旅でしたので、ゆっくりと見て回りました。
犬山遊園駅近くの犬山橋から、岐阜側の川沿いを通り、犬山城へ入ります。


犬山橋から見る犬山城天守。
右手の山は伊木山城。


橋を渡ってすぐの川べりから。
遊覧船が通り過ぎます。


ずっと歩いていって真横から。


ライン大橋を渡って愛知県に戻りました。
この橋、水門もあって見事です。
川をのぞき込んでいても面白い。


やっと犬山城入口へ。

ここから登っていきます。
中御門、矢来門、松の下門、黒門、岩坂門…と門跡を示す看板がたくさんあります。
数ヶ所は礎石が残っています。
門は近隣のお寺に移築されているものもあるようです。
黒門は臥竜寺だったかな?

結構キツイ坂です。


空堀が見事。


黒門があったところ。
野面積みの石垣。
少し膨らんでいるような、はらみがあります。


室町辺りのものなので、あまり高くはないとのことです。


入場券を買って中へ入ると


天守が迎えてくれます


唐破風が美しい!


内部、地下の部分です。
現存天守につきものの、急階段。


石落とし部分。


上段の間の奥には武者隠れの間があります。
城主を守るためですね。


犬山城天守の模型


唐破風の内側。
ここは唐破風の間になっていて破風から外が眺められる部屋です。


高欄の間、回廊からの景色。
伊木山城とライン大橋。


木曽川の向こうに見える美濃の山々。


犬山橋にかかった川にせり出した山は鵜沼城。
間近にこんなに他国の城があったら落ち着かないことでしょう。。


天守前の広場。


ちょっと見えにくいですが…金華山に岐阜城の天守が見えます。


天守を見上げてみます。

犬山にはもうひとつ、国宝指定の茶室「如庵」があります。
お城から犬山遊園駅へ向かう途中にある、名鉄犬山ホテル内にあるらしいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:めぐ
読者になる
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧