ぽつーん。 

2007年09月16日(日) 0時18分
先日、また私の知人とこに
赤ちゃんが誕生しました。

やっぱりラッシュでは・・・?

ふんばってはいるものの。 

2007年09月06日(木) 18時32分
足もとがおぼつかないです。

世間では、やはりまだ女性の地位は低めなのかな。
そして30代は不安定な年齢だな、と毎日思いづつけ。



ふらふらします。
原因不明。
病院とかにいくまではないのかもしれないし
それ以前にそういう時間がありません。



考えること。
すごく信頼していた人が豹変してしまう、って
なんか救いがないなぁということ。
豹変じゃなくて仮面をかぶっていまいたということかな。
仮面をかぶる場所を変えました、ということなんだな。

ストレッサー。 

2007年08月24日(金) 18時38分
今日雑誌を見ていた。

ストレス判断のページがあって
それをやってみた。

30項目があって
YESorNOで。

YESで、私のストレス度はかなり高いとの判断。
説明を読むと、結論はまぁ端的にいえば
「病院へいきましょう」だと。

ストレッサーまでわかるといいのにね。

とにかく、心身ともに健康が一番です。
健康を取り戻せ。

15にち。 

2007年08月20日(月) 0時25分
前回の内容に出てきた友達の赤ちゃんは
15日にご誕生です。

14日じゃなくてよかったよ。
立ち会えたみたいです。
ちょうどお盆で仕事もお休みだったし
最初から親孝行なお子ですね。


私自身はお盆期間は本当に「ボケーっと企画」を開催し、
脳味噌が溶解しそうな休みを過ごしました。

いや、一部、算数を問いたり一般常識の勉強もしたのですけどね。


この歳になり、老い先不安。
まだ「老い」じゃあない、と思うけど。


ふ〜。
夏バテしないようにきをつけんとね。

身のまわり。 

2007年08月14日(火) 12時04分
ベビーラッシュな気がします。
いつもたよりにしている友人ももう間もなく出産です。
すごく年下なのですが、心の支えでいてくれます。

きっと自分自身も初めての身体の変化などに
不安になったりとかしているはずなのに
私の支えになってくれます。

予定日を過ぎているのでドキドキ感が増しているのですが
今日の日中は産まれないで!と思っています。
彼女の旦那さんが仕事だからです。
はらはらして仕事になってないかもしれないなぁと
想像しています。
まぁもっとも彼はしっかりしている人なので
はらはらしつつも、きちんと仕事はできているに違いないのですが。


いいね、赤ちゃん。
自分から出てくるんだよ。
神秘的。
無償の愛をささげられる対象だろうな。
女性にしか体験できない出産です。
死ぬまでに一度は経験したいものです。
っていっても、年齢に限度があるのでもう無理かも・・・。




さて、話は変わりますが
来年度は私には夏休みがないかもしれないので
この盆休みはぼけーっとできる限りしておこうと思います。
あと1日。

時間差。 

2007年08月10日(金) 22時45分
昨晩、実家でのことです。
私は割とおそくまで起きていて
のどが渇いていたため階下におりて
水でも飲もうかと考え、
その前に2階のお手洗いによってから、、、と。

で、部屋から出ましたけど、階下で音がします。

誰か家族が私と同じように起きたのかと思いつつ
お手洗いに。

その後、階下へ。
でも誰もいません。
真っ暗。

「?」

今朝、訊いてみました。
私は2時ちょっと前に部屋を出たのだけど
だれかそのころ起きていなかったかと。

母が起きたらしいけど、1時過ぎだったらしい。

母は眠りのとても浅い人なので時間を勘違いするように
寝ぼけたりはまったくありません。
私も、寝ずに仕事をしてたので時間は確認しておりました。

では、私が起きた時間に家の中で行動していたのは。。。


夏は不思議がおこりますね。
お盆近いから?

管理。 

2007年08月10日(金) 1時48分
管理しているHPがありまして
というか今はそこに所属はしていないのだけど
一応お手伝いで。

で、その管理ページにお知らせがあって
掲示板の画像が添付できるやつありますよ、って。
携帯とかで見るサイトなので掲示板も結構簡易的なものなんだけど。

で、サンプルを見てみたら。

「この画像を見た人はラッキーです
 ○枚をほかの場所に貼りましょう
 貼らなければ、ラッキーは訪れません」
とかっていう画像がテスト投稿されているわけ。
ラッキーの話ならまだしも
キモチワルイ怖い幽霊系の画像があって
これをはらなければ・・・パターンも!!

これは確実にいやがらせ。
やめなさいといいたい。
ほんとにすごくいやなひともいるよね怖いはなし。

そんな幽霊系の画像を貼って楽しんでる人が
いやな目に遭ってしまえ。

昨日。 

2007年08月07日(火) 19時18分
そんなことを書いたので、かも。

今朝5時半。
「○○○(私の名前)・・・!」
と呼ばれて目が覚めました。

パチリと。

右足方向の上から。

母かと思いました。
母に起こされたのかと。

でもそんなはずはありません。

弱弱しいでも、はっきりとした声で呼ばれました。


後で母に確認をとってみました。
確かに、少々具合が悪く、
うつらうつらしたりで、その中で私のことも気に掛けたりしたらしいですが。

生き霊的なものですかー?
ちょっと気になる。

小さい頃から母には
「お母さん、しんだら○○○(私の名前)〜〜〜って出てくるね」
と言い聞かせられてはきましたけど
死んでないですし、具合悪いのも普通の風邪ですし。

心霊もの。 

2007年08月06日(月) 23時39分
つい見てしまう心霊ものの、話の続き。

私は見えない体質だとは思うのですが
もしかしたら見えているということに気付いていないだけかも、
と考えることもあります。

でも、あれですよね。
なんかできいた。
側頭葉に何かの刺激を一定量、一定時間与えると
現実には見えてないものが見えだすとかなんとか。

あと、これはもしかして?と思うとき
疲れてどうにもならないときが多い。
幻覚ってやつですかね。

車で右車線を運転していて、右前方になにかがいる!と
左にハンドルを切ったら何もいなくて、左車線に車がいなかったからよかったようなものの
もし後部から車が来ていたらほんとに危ないことになっていたよ。

これって、単に疲れだな。

私は居眠り運転は絶対にしないので
寝ぼけてっていうことはないし。

疲れだな、って思うほうが絶対幸せ。
もし、見えてたら困るものを見ていたなら怖いもんね。

(ちなみに今日の入力も苦労しております。)

夏になると。 

2007年08月05日(日) 0時33分
心霊番組がありますね。
つい、見てしまいます。
怖いんですけど。

小さい頃は、必ずタオルケットを持ってきて
くるまって見ていました。
なるべく背後の空間をなくすよう
壁に近いところから。


そういうものを感じるアンテナがあるのとないのって
どっちがいいかな。
ないほうがやっぱりいいんだろうかな。