優しい人ほど怒らせると怖いもの

June 13 [Fri], 2014, 14:00
「聖、司、蜜!!俺が喧嘩の前に言った言葉忘れたんか!」

「ちゃんと覚えてる。」

「右に同じ。」

「覚えてるよー。」

「なら、言ってみ。」

「「「手加減しいや。」」」

「覚えとんのになんやこの様は。全員意識無いやないか!しかもなんでこんなに荒らしとるん!?片づけるの俺やって分かってやっとんのか!?あ゛!?」

「手加減して負けたら元も子もねぇだろ。」

「聖の言うとおりだ。」

「そうだよー。」

「手加減して負ける?んなもんお前らの実力がそれまでやったちゅーことやろ。俺は負けろなんて言うてへん手加減ちゅーもんを覚えろ言うとるんや。どこまでかよくてどこらからかだめかくらいお前らもあほやないんやから分かるやろ!」

「当たり前だろ、俺を見くびるんじゃねー。」

「全くだな。」

「空海ひどいー。」

「どの口が言っとるんや。今現在それが分かっとらへんから怒られとるんやで!次こういう事があったら聖、お前はバイク1週間乗らせへん。司は遥音を連れてショッピングモール。蜜は1週間甘いもん禁止や。分かったな。」

「あぁ。」

「分かった。」

「はーい…」



手加減しいや、その言葉が守れないときは俺の前に正座しろ
それが彼らの掟






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぷぷ
読者になる
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/shiratama0720/index1_0.rdf