大崎電気「結果出す」=プレーオフ出場チームが会見―ハンドボール
2011.03.07 [Mon] 18:01

 ハンドボール日本リーグのプレーオフ(12、13日、東京・駒沢体育館)に出場する男子4、女子3チームの監督らが7日、東京都内で記者会見し、男子のレギュラーシーズン1位、大崎電気の岩本監督は「うちはチャレンジャー。2試合戦って結果を出す」と6年ぶり2度目の優勝に意欲を示した。6連覇が懸かる大同特殊鋼の清水監督は「チームワークを生かしたい」。女子で初優勝を目指す北国銀行の荷川取監督は「全員で守って攻めて、悲願を遂げたい」と意気込んだ。
 男子は12日の準決勝で大崎電気とトヨタ紡織九州(レギュラーシーズン4位)、湧永製薬(同2位)と大同特殊鋼(同3位)が対戦。女子はソニー九州(同2位)と広島メイプル(同3位)の勝者が13日に北国銀行(同1位)と決勝を行う。 

引用元:Yahoo!Japan