日記について 

June 18 [Mon], 2007, 14:32
昨日のしらまめ会に来ていただいた皆様、

本当にありがとうございました。

昨日も何人かの方に

mixiはやっていないのでこちらに日記を載せて欲しいとの

お言葉をいただきました。

なので、どうにかこちらでも日記を続けていこうと思います!

これからもどうぞ、ちょこちょこ覗いてくださいね☆


ブログはmixiで 

May 31 [Thu], 2007, 11:08
最近こちらのブログの調子が悪く

ログインできなかったり書いたものが消えてしまったりと

トラブル続きなのです。

なので、しばらくの間は

mixi内のほうで日記を書こうと思います。

mixi登録されている方は、”なかがわ ひろみ”で

名前検索をしてみてください。

mixiに登録されていない方は、招待メールをお送りしますので

メールくださいね。

ユタと不思議な仲間達 

May 28 [Mon], 2007, 10:12
劇団四季のミュージカル”ユタと不思議な仲間達”を

浜松町にある四季劇場”秋”に観に行ってきました。

ユタを観るのはたしか高校生の時以来。

数々の四季ミュージカルを観た中で、一番印象が深い作品。

機会があったら是非観てくださいね。

この作品は、四季の作品の中では

ファミリー向けの部類に入るのかもしれないけれど

この歳になって観てみるとまた

考えさせられるところがたくさんあるのです。

作品が終わる頃にはマスカラもすっかり落ちて

すっぴん状態になってしまいました。

でもほんと、心がすうっとあらわれるよう。

いつか子供が生まれたら、絶対一緒に観に行きたいと思います。


最近思うのだけど、自分の涙腺て

劇団四季はもちろん、ミュージカルや演劇に一番弱い。

自分の感情よりも早く、涙腺の方が反応してしまう。

これって、すごく不思議な感覚なのです。


(ちなみに、うちの旦那さんは

ドラえもんに一番弱い。)


チケットをとってくれる智子ねえちゃん、いつもありがとう!

結婚式 

April 25 [Wed], 2007, 11:24
4月22日、友引。

わたくし永田裕美と、夫の中川和弥の結婚式が行われました。

今まで私達を助けてくれたたくさんの友達と

そして今まで私達を育ててくれた親類の人達に囲まれて

無事に結婚式を挙げられたこと、本当に幸せなことだと思います。



結婚式の準備は大変なこともたくさんあり

和弥には何度もあたり散らしたり、泣いたりして困らせたりもしました。

その度に、感情的にならずに、私の話を聞いてくれた和弥。

本当にありがとう。

そして、本当にいろいろあって怒ったり泣いたり笑ったり

そんなことを繰り返した準備期間が

私達2人を成長させてくれたことは、間違いありません。



二次会に、こっそり私宛ての手紙を用意してくれていた和弥。

結婚式の次の日の朝。

疲れ切って眠りこけている和弥の横でその手紙を読み返した時

あらためて結婚ということの意味を考え

この気持ちを一生大切にしたいと思ったのでした。


そして、普段の日常に戻った今思うこと。

結婚式はもちろん一生に一度の特別大切な日だったけれど

こうして日々続いていく、なんでもないようなこの日々が

幸せで、大切で、いとおしい。

それがずっと、続いて欲しい。

私の願いはそれだけかな、と思います。

どうかこれからも、私達2人を

あたたかく見守っていてください。





切手 

April 10 [Tue], 2007, 9:57
最近、郵便局に行く機会が多かったので

その度に目にする色鮮やかな切手の

とりこになってしまいました。

行くたびに、違うデザインの限定切手が売っていたりするので

それも少しずつ集めてみようかな、なんて。

まだまだ集めはじめたばかりなのでこんな感じですが

これからどんどんコレクションを増やしていきたいな。

今まではただ用事を済ませるだけの場所だった郵便局が

ちょっとわくわくする場所に変わりました。



一番のお気に入りは、通常の20円切手。

レンゲにミツバチが、なんともかわいいでしょ。












北風と太陽 

April 02 [Mon], 2007, 14:02
昨日の結婚式の打ち合わせでの出来事。

12時から18時まで6時間缶詰状態での打ち合わせで、

しかも、昨日までに提出しなければいけないものがたくさんあって

ここのところ私の心には余裕がありませんでした。

どちらが正しい、というものでもないのだけれど

結婚式はたくさんの人が来る場所なので

いろいろと意見がわれてしまうことがあります。

2人だけの意見だけで決め兼ねることもあるし

2人の間で意見がわれてしまうこともあります。

親族から会社の取引先の人から友達から、

とにかくたくさんの人が来るのだから

難しいことがいろいろ出てきてしまうのは仕方ないですね。


そんなときはたいてい

自分の意見を押し通そうとしてしまうのが私の悪い癖。

それとは反対に

対立したり、意見が割れたりしたときこそ

静かに私の意見を聞く側に回る旦那さん。

いつものごとく家に帰って冷静になったときに

静かに私の意見を聞いてくれていた旦那さんに対して

なんだか本当に申し訳なくて

深く反省するのでした。



結局、どうするかの決断は旦那さんに任せることにしました。

それで、もしどちらになっても

それはそれで納得できる心の落ち着きが

戻ったようです。



不思議なものですね。

反対されたり、相手が敵だと思うと

意地でも自分の意見を押し通したくなるのに

反対の意見を持つ人であっても

その相手にちゃんと”うんうん”と話を聞いてもらえると

それで、ある程度満たされてしまうものなんだな。

それが旦那さんなら尚更

旦那さんが決めたことならそっちが正しいような気持ちにさえ

なってしまうのです。



まるで北風と太陽だな、と

ふとそんなことを思ったのです。

頑固で短気な私はいつもびゅんびゅんに吹き荒れる

北風になりがちだけれど。

旦那さんはまるで太陽だ。

亀さんを預かる 

March 23 [Fri], 2007, 16:44
旦那さんがたの5歳になる甥っ子ちゃんを

3時間程我が家で預かることになりました。

昨年末に妹が産まれてからというもの、ちょっと泣き虫になった甥っ子ちゃん、

今日は私達のアパートに行きたいと言って聞かなかったそうな。

かわいい妹が生まれて嬉しいの半分、今まで一人占めしていた大人の視線が

妹に向けられることがなんとなく寂しい複雑な気持ち半分で

感受性が強くなっているのかな。



洗濯物をたたむ横でギターを弾く旦那さん、そして

それを聞きながら笑う甥っ子ちゃん。

いつか子供が生まれたら、こんな感じなのかななんて

そんなことを思いました。


写真は、亀の甲羅のぬいぐるみで

亀さんになってしまった甥っ子ちゃん。




ママの作るご飯の中で、なにが一番好きなの?

と聞くと

ママの作るご飯全部が好き。

と答えた甥っ子ちゃん。

旦那さんのお姉さんに

こっそり教えてあげようと思いました。


お母さんと韓国旅行 

March 22 [Thu], 2007, 19:34
さきほど我が家に帰りました。

東京のお母さん(旦那さんのお母さん)と2人

韓国に2泊3日の旅行に行ってきました。


韓国ドラマ”チャングムの誓い”の撮影をした

チャングムテーマパークに行くのがメインということだったので

せっかくだからツタヤで”チャングムの誓い”のDVDをレンタルし

夜な夜な何時間も観ては感動して涙を流し

私自身もチャングムにはまった状態で行ったのでとっても楽しめました☆

テーマパーク以外にも、南大門を散策したり屋台で小腹を満たしたり

漢方薬を処方してもらったり、たった3日間でもかなり満喫できました。

韓国人の添乗員さんもとても気さくな女性で

流暢な日本語で韓国についてのお話をたくさんしてくださいました。

隣国なのに今まで全く興味を持たなかった韓国という国の

伝統や文化を知ったり、人柄に触れたりして

とてもいい経験になりました。



何より、お母さんと2人で旅行ってのが嬉しかったです。

またこれからもたくさん

2人で出かけられたらいいな!





日記が書けなかった 

March 13 [Tue], 2007, 9:54
結婚式の準備もそろそろ本格的といった感じで

毎日調べ事をしたり頭を抱えたり電卓を叩いたりしています。

結婚というのは二人だけの問題ではないということを

あらためて実感する毎日。

それは幸せなことでもあり、大切なことでもあり、

きっとこれが勉強なんだろうけれど

たまにはいらいらして旦那さんにあたり散らしたり

一人悶々と悩んでしまう日もあります。

これはきっとみんなが通る道なんだろうね。

そんなこともあって、バタバタしていたり悶々としていたりで

しばらく日記が書けませんでした。

旦那さんは最近仕事が忙しく、休みが日曜日の一日しかないのに

それでも家にいられる時間は式の準備も本当によく協力してくれます。

私にとって結婚式以上に大切なのは

きっとこういう流れるように過ぎて行く毎日の中にあるもの。

旦那さんや、東京の家族、愛知の家族への感謝を

いつも忘れずにいたいなあと思います。




ちょっと前に、用事があって一人で実家に帰省してきました。

甥っ子の慎ちゃんと、両親と、そして杏・チェリー〔チワワ〕と一緒に

小さい頃からいつも来ている矢作川の堤防にお散歩に来ました。

慎ちゃんが私のとこに走ってきて

”ひろみちゃん、はい。”と

たんぽぽの花をくれました。

心が、すうっと洗われていくようでした。



私の日々は

周りにいてくれる存在全てに支えられて

今こうしてあるものなのだと思います。


結婚て、きっとそういう存在が増えるきっかけをくれる

素敵な仕組みなのだな。

式は、それにおまけでついてくるような

そんなものなのかもしれないな。





お払い&近為 

February 22 [Thu], 2007, 19:05
旦那さんはトラックに乗るお仕事をしています。

今日は旦那さん専用の新しいトラックが1台届いたので

門前仲町の深川不動尊までトラックのお払いをしてもらう為に

旦那さんと二人で行ってきました。

今までは2t車に乗っていたのですが、そのトラック君は昨日で引退。

今日から3t車になりました。

こんなに大きなトラックが運転できちゃうなんてすごいなあと

助手席から尊敬の眼差しで旦那さんの運転を眺める私。

私はというと年末に免許はとれたものの

一度、考えごとをしながら運転をしていて

信号無視をしてしまったことがありました。

運良く歩行者もおらず、横断車両もなかったので

事故にはならなかったのでよかったのですが・・。

旦那さんに言われるまで、そこに信号があることすら見えてなかった私。

それもあって旦那さんの許可がおりず

免許を取って以来、まだ一度も一人で運転していません。



ちょうどいいので、事故を起こさないようにと

私自身もお払いをしてもらうことにしました。

お払いなんて初めてでしたが、お払いをしてもらっている最中は

心から内臓の中までお払いのお経と太鼓の音がずんずんと響いてきて

まるで金縛りにあっているかのような不思議な感覚でした。

こりゃ、なんだか効果ありそうです。なんだかちょっとホッとしました。

事故を起こさないように、そして事故に遭わないように

旦那さんも私も本当に気をつけなければ。

事故を起こしちゃったら、人生変わっちゃうものね。




お払いが終わった後は、深川不動尊の近くにある有名な漬物&お茶漬けやさん

”近為(きんため)”というお店に連れて行ってもらいました。

食べたのは”ぶぶ漬け(お茶漬けのことだそう)&銀だらのセット”。

いろんなお漬物がちょっとずつ食べられて、しかもお漬物はお代わり自由。

全然塩辛くないから、パクパク食べられちゃいますよ。

銀だらはあぶらがのっていて、さっぱりしたお漬物やお茶漬けによく合います。

昔ながらの素敵な店内もまた、とっても気に入りました。

また機会があれば来たいな、近為も、そしてお払いも(笑)。







2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる