電車で・・・1 

2006年07月04日(火) 21時27分
ピピピピピピピピ

携帯の着信音が鳴る。
恵子は新着メールをひらく。
彼氏の史孝からだ・・・

「ちゃんと約束通りにしてきたんだ。本当にお前は厭らしいね★
とりあえずそのまま。。。座ったらだめだよ
俺がちゃんと近くにいるからきにすんなって。」


何よ、自分が脱げって言ったんじゃない。。本当に恥ずかしい!!早く帰りたい・・・



恵子は今電車の中。
周りのすべての人間が自分を舐めまわして見ている気がしてしかたがない。

なぜならミニスカートにキャミソール。
ノーブラ・ノーパンだからだった。。。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

事の始まりは1週間前。。。。。。

その日は彼氏の史孝の誕生日だった。
恵子はすっかり忘れていて、他の人と遊んでいたのだ。
しかも相手は元カレ。

史孝が激怒したのは言うまでもない・・・

「本当にごめん!!元カレとは本当になんでもないの。。。
ねぇ・・・怒ってる?!!なんでも言うこと聞くから許して、お願い。。。


恵子はこの言葉が命取りになろうとは予想もしていなかった。。。

「わかった。。。じゃぁ、来週の日曜に俺の言うことをなんでも聞いて。
さからったらだめだよ??」


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

そう。だから今恵子はこんな格好をしていた。

史孝そこまで怒ることないじゃない!!
第一自分の彼女にこういうことさせる??!


そんなことを考えていたとき事件は起こった。

P R
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shion-novels
読者になる
Yapme!一覧
読者になる