ようかん 

2006年08月12日(土) 17時08分

やっぱり水菓子が美味しい季節です。
とろみつくまで小豆が潰れないようにゆっくりくるくるしてたらなんか落ち着く。

●ようかん
<材料/6×20の缶>
・小豆の水煮缶(一缶) 430g
・砂糖 50g
・水 200ml
・粉寒天 2g

<手順>
ブルーベリーの水ようかんと同じ

<備考>
黒砂糖を使うともっと色が綺麗。
ただしべたっとした甘さになるから少し砂糖を減らした方が良いと思う。
栗の甘露煮なんか入れてやっても良い。


スプーンデザートって手軽に出来るから好き。

ココアとブルーベリーのプチケーキ 

2006年08月07日(月) 16時38分

暑いんだったらゼリーとかムースにすれば良いのに簡単だし小さいからデコも必要ないしって事で焼き菓子。
マフィンより軽めのジェノワーズ。

●ジェノワーズ・オ・ココア
<材料/100均に売ってるマフィンカップ4つ分>
・卵M 2個
・砂糖 60g
・ココア 10g
・薄力粉 50g
・バター 10g
・生ブルーベリー 20粒

<下準備>
・バターは湯煎で溶かしておき混ぜる直前まで人肌に温めておく
・ココアと薄力粉をあわせて3回ふるっておく
・卵は常温に戻しておく
・オーブンは180度にセットしておく

<手順>
・ボールに卵を割り入れてホイッパーでこしを切ってから砂糖を加える。
・60度位の湯煎にかけて砂糖が溶けて卵が人肌くらいになったら湯煎をはずしさらに泡立てる。
・ホイッパーを持ち上げた時に生地が積もる位になったらココアと薄力粉を数回に分けて入れ、木べらで混ぜる。
・粉気が無くなったらバターを回し入れボールの底をすくうように混ぜる。
・混ざったらカップに八分目まで入れ生ブルーベリーを乗せてオーブンで15分焼く。

<備考>
・ココアは水分を吸うので混ぜる時はいつもより手早く
・ココアを入れると泡が潰れやすくなるのでいつもよりかために泡立てる
・ブルーベリーは沈むのでそれが嫌なら分量外の薄力粉を薄くまぶしておく
・生が無ければジャムでも可。

電動ハンドミキサー使えば全行程30分以内で出来ます。
手動でも30分あれば出来ます。
卵少ないし、砂糖多めだから泡立ち安くて楽。
ブルーベリーの代わりにトリュフ一つ入れたらフォンダンショコラ風になるんだけど熱々じゃないとダメだからこの時期には向かないのが難点。



ちょっとだけデコ。
無造作にクリーム塗りつけただけでもなんとかなるのが小さなケーキの良い所。

りんごの木の葉 

2006年08月07日(月) 12時33分

ただのりんごです。
課題が7〜8枚の木の葉だったのでひたすら練習あるのみと思って作った。
左から5枚→6枚→7枚
成功した7枚が一番色が悪い。
四分の一に切ったりんごに垂直に包丁を入れて最後にスライドさせるだけ。

用途としてはさらに半分に切ってパフェなんかの飾り付けにしたりそのまま食べたり。
飾り切りの初歩の初歩なので出来てもあまり自慢にならないのがつらい所。


練習した後のりんごはフィリングにしてアップルパイに。

伸ばすのが一定でないとこんな風に端がびろーっとなるそうです。
コレは折パイで下が綺麗に膨らまない二番生地、上は一番生地を使っています。
が、練りパイで素朴な感じにしても良いと思います。

●りんごのフィリング
<材料>
・八つ切りのリンゴ
・リンゴの重量の30%の砂糖
・レモン汁 大さじ1
・ラム酒 少々
・シナモン お好みで

<手順>
・鍋にりんご、砂糖、レモン汁を入れて弱火で炒め煮る。
・透き通ってくたっとしたら火を止めてラム酒を加えてお好みでシナモンを振って冷ます。

<備考>
・変色するのでレモン汁は必ず入れる。



皮ごと煮て赤色をつけるとこんな風にバターケーキのアクセントにもなります。

母親バースデーコース 

2006年08月04日(金) 19時13分
母の誕生日だったので作りました。
上から時計回りにローストビーフ、ボンゴレピラフ、ヴィシソワーズ、ブルーベリーのショートケーキ、トマトとチーズのカプレーゼ風サラダ。

●ローストビーフ
<材料/4人分>
・牛肉ブロック 600g
・塩、ブラックペッパー 適量
・サラダ油 大さじ3

<下準備>
・肉を冷蔵庫から出して30分位おいておく。
・オーブンを160度に温めておく。

<手順>
・肉の全面に塩とブラックペッパーを刷り込み15分程おいておく。
・フライパンを熱してサラダ油を入れ強火で肉の四面を焼く。
・スプーンで油をすくってかけて満遍なく焼き色をつける。
・強めの焼き色が付いたら取り出して少し冷ます。
・アルミホイルに二重に包んでオーブンに入れて10分焼く。
・ひっくり返してさらに10分焼く。
・焼いたら金串を刺しゆっくり3秒数えて一気に引き抜いて唇に当ててみてほんのり温かかったら丁度良い。

冷まして落ち着かせて切り分けて食べます。
冷蔵庫で一晩寝かせると美味しい。

<備考>
・熱いうちに切り分けるとうまみたっぷりの肉汁が流れてぱさぱさになるので注意
・盛りつけは一枚を半分に折ってくるくる巻いてそれに沿わせるように三枚重ねてバラみたいにしてある。





ヤマモモの焼酎付けをソーダで割ったもの。
自家製です。

ブルーベリーの水ようかん 

2006年08月03日(木) 20時35分


12cmのセルクルで作った水ようかん。

<材料>
・白あん 200g
・ブルーベリージャム 40g
・砂糖 15g
・粉寒天 2g
・水 300cc

・氷 適量

<下準備>
・セルクルの底にラップを敷いて輪ゴムをかけておく。
・材料を量っておく。

<手順>
1.水に粉寒天を入れて強火で沸騰させる。
2.沸騰したら中火にして粉寒天を溶かしてやる。
3.溶けたらブルーベリージャムと砂糖を入れる。
4.いったん火から下ろして白あんを投入して混ぜる。
5.中火にかけて1〜2分なじませる。
6.ボールに氷を入れて鍋ごと冷やし混ぜながらとろみをつける。
7.冷えてとろみがついたらセルクルに流し込み冷蔵庫で2時間位冷やす。


皿にひっくり返して輪ゴムを取ったらするっと抜ける。
切り分けて食べる。

<備考>
・とろみがつくまで冷やさないと分離する。
・ジャムより冷凍のブルーベリーを白あんと一緒にフードプロセッサーにかけた方が綺麗。



ケーキみたいに切ってもこんな風に切っても。

自己紹介 

2006年07月07日(金) 23時41分
名前:焼き肉塩ダレ
性別:女
年齢:20
血液型:A型

岡山県在住
洋菓子とパンのプロになる専門学校に通ってます。
就職あるのかしら・・・
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像【濡場】寺島しのぶ『愛の流刑地』
» ようかん (2010年03月14日)
アイコン画像ファインディッシュ
» ようかん (2009年08月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shiodare
読者になる
Yapme!一覧
読者になる