はと子へ。 

2005年10月28日(金) 17時13分
はと子が生きて、空を飛べるなら
真故はどんな大金でも払う。命だってくれてやる。はと子を生み、育てた母の所に飛んで行けばいい。


どうか、どうか。
はと子が生まれ変わるときは大空を綺麗に飛べる鳥にしてあげてほしい。
真故にははと子の次の歩む道が華やかなものであることを願うことしか出来ないけれど、願いたい。

はと子、今は空を飛べてる?
真故は次、はと子が生まれてきたときどこかで逢いたいから、ちゃんと覚えてるよ。
忘れたりしないし、側に居た時間、後悔しないから。



はと子は真故の家の下の植え込みに埋めました。
お線香も立ててあげて。
静かで、夕陽・朝日が鮮やかにさしこみ、月が綺麗に見える場所。
ベンチが1つ。
毎日会いにいくから・・・・

はと子、ありがとう。

鳩の子と、さよなら 

2005年10月28日(金) 16時31分
先日、はと子が息を引き取りました。

真故が帰ってくると嫌に部屋が静かで少し嫌な予感がしました。まさか・・と思いつつ、はと子のいる箱をとんとん、と叩くと物音1つしません。
鼓動が早くなり手が震えました。

はと子?どうしたの??

声をかけるのが精一杯。怖くて怖くて箱を開けられない。万一、の場合を考えたくない・・・。

動いて、動いて!!!

と必死で願い、箱を揺らしても動きませんでした。


・・・そっ、とふたを開けると伸びて固くなった足が見えました。
目が開いて頭が少し小さくなったようで。
顔はまるではと子の顔ではなかった。
黒い小さな瞳は此方をじっと見つめているよう。

ショックと信じられない気持ちで事実を受け止められなかった。
それが過ぎると一気に涙が溢れた。
はと子を抱きかかえて必死にさすりました。

嘘だ。悪い夢だ。

現実逃避するも虚しく腕の中のはと子の頭は垂れ、固くなっていきました。
真故の体温を残して。

母親が帰って来て、なだめられましたが落ちつけるわけない。
狂ったように泣きつづけて来てくれた彼も帰した。

真故の悲しみは怒りに代わり、
平等だとほざく世の中に向けられた。

平等??
なら何ではと子が死ななくちゃいけないの?
はと子は親とも離れて痛い手術も受けて、それでも生きようとしたのに。

神様がなんだ。
イエスだマリアだ、それがどうしたんだ。
仏?何を見テ笑うんだ。

人間の成り上がりじゃないか。

結局は人ばかり。
はと子のような小動物を見捨て、
悪い大人や卑怯な子どもに手を差し伸べる。真故のような腐った人間も。

真故と鳩の子 

2005年10月26日(水) 0時19分
23日:日曜日
真故【しんゆえ】がはと子と出会ったのは日曜日の晴れた小雨の日でした。
自転車で軽快に走る真故の視界に振える鳩の子が居たんです。
それがはと子でした。
触ろうとすると勢いよく逃げて行き、初めはそのままにしておきましたが一旦家に帰って母親に話したら母親の
寒いだろうね。今、、、
という呟きが聞こえてと急いで場所に向かいました。が保育園の前にしゃがみこみ、
おねぇちゃん、居たよ!!!
と言うのを聞いてほっとしました。

初めは嫌がっていた母親も鳩の子の容態を気にして頭を撫でていました。

その日動物病院は日曜で休み。仕方なく月曜に連れて行くことにしたのでした。

24日:月曜日
学校から帰ってスグ、鳩の子を病院に連れて行きました。
そのとき既にこの子の名前は【はと子】と名付けられ
恥ずかしいのですが母親命名です

診察にはそう時間はかかりませんでした。

初め笑顔でこの子は君に拾われて助かったよ、とか言っていた先生も次第に表情が険しくなっていきました・・・

結果、はと子はもう飛べない、とのことでした。
左の羽根が折れていて骨が突きだし、出ているところが壊死しているとのこと。
巣立ちに失敗して落ちてから数日は経っていたそうです。
他にカラスに突つかれたりしたようで傷も有りました。
悲しくて、何故か悔しくて、涙が出ました。

そしてはと子手術をして真故が面倒を見つづけるか安楽死させるかの二択に搾られたノです。

勿論、真故の答えは、
真故が、育てます。
です。今懸命に生きようとする命を勝手に絶やすなんてできません。

はと子は、絶対ヨクなる。

それを信じてこの日記を書き綴っていこうと思います
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shinyue
読者になる
Yapme!一覧
読者になる