高度化法に対応するため

January 01 [Thu], 2015, 11:50
高度化法に対応するため、3月末にJX日鉱日石エネルギーが室蘭製油所(北海道室蘭市)で、出光興産が徳山製油所(山口県周南市)でそれぞれ原油処理を停止。東燃ゼネラル石油も複数の製油所で生産能力を落とした。これにより、各社とも自前の供給力が手薄になる地域で、他社から製品をより多く供給してもらえるよう、相互融通の体制を大幅に変更。例えば、JXエネと出光は北海道と西日本で年間230万キロリットルの相互融通を始めた。 これに合わせ、コスモも東日本では相手に供給する代わり、中国、九州など西日本では融通を受けるパターンを増やした。「お互いに物流の足が短くなるよう、枠組みを見直した。東西でいろいろな組み合わせがある。お互いにニーズが変わって出し入れ先も大きく変わった」(同)という。この結果、堺や四日市からの転送が抑えられ、物流コストの上昇を最小限に食い止められるようになった。 他社と油槽所の共同利用を一層、<リンク:http://xn--v8jc6c0b0a0hq687acivaje8e.jp/
>なた豆歯磨き粉の進めることも今後のポイントになる。「過去からも進めていて今は一段落しているが、今後も石油製品の需要は減っていく。タイミングを見ながら(油槽所の)統合を進めていくことになる」<リンク:http://xn--v8jc6c0b0a0h4qwl820yf36f.jp/
>なた豆歯磨き粉の(同)見通しだ。(編集委員・大橋修)コチラ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shinxcj
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/shinxcj/index1_0.rdf